山の彼方の幸せ求め・・・

確か引き落としのはずなのに

親展と書かれた封書が届いた。
中から、請求書が出て来た。
金額は6千円少々で、これは2台分の携帯電話の代金です。
月々のとは違います、本体、2台分の金額です。

その用紙を握りしめて郵便局へ行くと、決して美人とは云えないが愛想の良い、いつものお姉さんが笑顔で迎えてくれます。
『いらしゃ〜い、今日は何でしょうか?』

僕「あの〜これなんですけど、こちらからで振込みできます?」

お姉さん『はい、大丈夫ですよ』サラサラ、ポンポン ガチャン
音の解説
サラサラ=何やら書き込んでいるペンの音。
ポンポン=握りの大きなハンコを気前よく振り下ろして捺印している音。
ガチャン=数字か日付かナンバーかを押している音。

お姉さん『南さ〜ん、はい送っておきます、お釣りをどうぞ』

僕「ありがとう、ところで、このふるさと小包の蟹ってたくさん入ってますか?」

お姉さん『すいません、私もこのパンフでしか知らないのですよ』

僕「ちょっと娘に電話をしてみますので待ってくださいね」

僕「娘よ、娘、かくかくしかじかで贈ろうと思うんだけど、ワンセット3人前で蟹の足が20本なんだけど、どう?」

娘『ひょっとしておちょくってるん? 蟹好きの私一人でも足らないよ』ドキッ

僕「あの〜2セット?」

娘『2セットだと40本か〜ダーリンに食べさせなければオッケーね、それで良いわ』

飛んでもない電話をしてしまったもんだ、だが、娘は時に折りに色んな物を送ってくれているのに、親父は何もしていなかったとうなだれてしまうのだ。

それで、清水の舞台から飛び降りたつもりで3セットを送ることにした。
愛する娘が健気にも、異国でもあろうかと思う人々の住む地で暮らしている。
そんな娘に、明日から水でも飲んで腹を膨らせてでも送ってやろうと思う父であった。

振込みも済んだし郵便局を後にした父の心は晴れていた。 ランラランラ〜ン、自転車のペダルも軽い。
[PR]
# by kattyan60 | 2006-01-27 14:43

ドジった〜

昨夜は寝苦しかった。
一度寝ると夢も見ず、寝相も良いのです。
菓子やリモコンでベッドの1/3は占拠されている、その残り2/3で寝ているのに過去何年もの間、落ちた事がない。
下に物を入れたくて、持ち上げたベッドの高さは1mを超え、もしも落ちたら痛いだろうと思うのですが、一度もね。

右を下にして、胎児のように丸くなって横になると自然に睡魔に教われ寝てしまうのが常なんです。
昨夜は珍しく寝苦しくて目覚めたのです、その原因は直ぐに判明いたしました。
異物を感じた背中から出てきたのは[孫の手]と携帯電話が2個とTVのリモコンにスカパーのリモコンだったんです。
寂しい独り寝と思ってたのに、こんなにも愛されていたなんて〜 
リモコンの電池が切れちゃってました、背中で押してたようなんです。

今夜はそんな奴らを遠ざけて、安眠モードを作るとしよう。
[PR]
# by kattyan60 | 2006-01-27 12:44

言葉の持つ功罪

ええ話し
昨日、シアトルから帰国しているサリーと言葉について話した。
日本語のボキャブラリーの多さに比べ、英語のそれがあまりにも少な過ぎる。
僕に始まり、死語となってはいても[麿]も自分を表現していて、それを使う時は冗談であるよと云う事や相手との関係すら限定されている事が条件となる。


世の中が忙しく煩雑になった現在の都会では、季節と天気と健康の挨拶を交わし、耐震偽装、ライブドア・ショックなど話題に困る事はない。
そんな中で、良い関係を維持していく努力を惜しまずに複数の相手と友達で居続けるにも、言葉は重要なツールである事は間違いない。
言葉の大切さをクドクドと書くまでもなく、周知の事のはずだけど、時折輝く言葉に出会う。

↑この記事に書かれている悦話も今回、僕の胸をノッキングしたのです。

友へ
[君、心病む事なかれ、知恵ある人は総てを知り、神ぞ知るところとなるであろう]
エッヘヘヘ、生言っちゃいました。
[PR]
# by kattyan60 | 2006-01-27 11:47

団子3姉妹

メールママの一番上のお姉さんがシアトルから日本に来ている。
このお姉さん(サリー)も大女(失礼)で3姉妹中で一番足が長いのだそうだ。
そのお姉さんが孫へのお土産を買いたく、前回行った店に連れて行けと我が侭を言う。
メールママから相談を受けました。
その店がどこだったのかとです、一昨日のことも定かでないのに一昨年の話しですよ。

僕の少ない脳細胞を駆使し、3人であ〜でもない、こう〜でもないと言いつつも疑わしいところに辿り着き、そこへ行くことになったのは今日なんです。
甲子園にある[イトーヨーカドー]と多くのテナントの入っている処です。

お母さんに行く事の許可をとるために、好物の[ウナ重]の弁当を買いに高島屋の地下に寄りました。
ここで売ってる[うな重]がお母さんのお気に入りで、これを前にしたお母さんの顔はほころんでいます。
4つの[うな重]をゲットし、お母さんを挿んでサリーさんにメールママと僕で昼食会となったのです。

食事が済んで、車に乗り込んでメールママは言いました。
メールママ『かっちゃん、何で覚えておかないのよ』・・・と言われましても・・・・
ナビでセットし、やっと目的地に着いた。

前を歩く団子3姉妹の内の上と下、真ん中の団子姉さんは家でお留守番。
ほんまにデッカイなぁ〜
b0062927_2344832.jpg



僕「サリーちゃん、ハリハリ鍋て知ってる?」

サリーちゃん『何、それ』

これで今夜の夕食は決定です。
スーパーへ寄り、肉と水菜を買いました。
勿論指が完治した僕が用意させていただきます。
”この水菜、汚いなぁ〜メールママに見せないでおこう”
僕「はいはい、できましたよ、どうぞ召し上がれ」
サリーちゃん『美味しいよ』モグモグ
メールママ『良い肉やと美味しいね』おいおい、僕の腕がええと言って欲しいやん。

ブラック・ジャックかっちゃんが抜糸し、人工皮膚を撤去した指で〜す。
見苦しい事ですいません、ヤクザと間違われることも多い小指の欠落。
完全に治ってます。
b0062927_23134229.jpg



メールママ『かっちゃん、座っとき、食器は私が洗うから』
お〜〜お優しいお言葉ではありますが、じ〜っとしているのは僕の性に合いません。
僕が洗い、メールママが濯ぎをし、帰ってまいりました。
もう満腹です。 
内緒の話しですが、最初から最後まで、鍋を突いてたのはメールママです。
そして、高島屋で買ってきたモロゾフの[クリーム・チーズ・ケーキ]を切り分けて一番大きいのをメールママのお皿に、そして珈琲を入れて差し上げたら、何の不思議も感じずに胃袋へ流し込んだのです。”大きいと気が付いてないんやなぁ〜”

ディザートを食べ終わった頃、なかんちゃん(姉妹の真ん中のお姉さん)が現れ、これで団子3姉妹が揃いました。
このなかんちゃんは落ち着かない日々を送っているのです。
長女の出産予定を過ぎていて、その長女が実家に帰ってきているからなんです。
初孫の顔が見れるのが喜びであるのでしょう、心なしか顔が柔和になってますぞい。
この団子3姉妹に幸多かれ
[PR]
# by kattyan60 | 2006-01-26 23:34

乾かない洗濯物

寝込んでた間に溜まった洗濯物をやっつけた。
下着のシャツが11枚、パンツが15枚、それらを洗濯機に入れて洗剤と酸素系のオキシクリーンを入れて回し干した後、陽が落ちてから見たらまだ湿気てる。
これが夏なら数時間でカラカラに乾くんですよね。

僕の悩みは、白い下着のシャツが黄ばむ事です。
特に首筋に出来た黄ばみに手を焼いています。
今までは、予め固形石鹸で洗ってから、時に漂白して洗濯機に入れる。
家事の名人達人である主婦の方々はどうされているの?
良い洗剤でもあれば教えてくださいませんでしょうか。

昨日、娘のブログに投稿されてた焼き肉のタレについて電話で聞いてみた。
ポッチャリ娘『安い肉は脂が均一になってないから、胡麻脂で揉んでやるんよ、それに固い肉だから、少量の蜂蜜を入れてやると、分解酵素で肉が柔らかくなるねん、醤油は塩分やさかい浸透圧の関係で固くするんよ、では頑張って〜』

僕「おおきにね、お前のお母ちゃんの味ね、炭火で焼いたん?」

ポッチャリ娘『子供が小さいやん、そんなんでけへんやろ、フライパンにアルミホイルをクシャクシャにして焼くとね、脂がシワの中に落ちてええんよ、終った後も楽だしね』

う〜ん、僕の娘は頭が良い、肉を柔らかくしたりアルミを使ったりすばらしい。
自信はないが確か僕の娘のはずだから、きっと僕も賢いんだろうなぁと娘を見てそう思った。

それで、肉を漬け込み、付けタレを作った。
タマネギとリンゴをスリ降ろし、ニンニクに味噌醤油を入れて火にかけ、味を確かめながら水を入れた。

古いフライパンにキャベツと肉を入れて、付けタレを少し足して焼いたんです。
そりゃ〜もう、美味しくできました。
写真? はい撮りました、カメラに入ってますが接続ケーブルが見当たらないのです。
 
娘に感謝しながら肉を、ほうばった。
遠くみっちゃんの味がした、 グスン か〜ちゃ〜ん
[PR]
# by kattyan60 | 2006-01-26 09:26

精神科(以前にも書いた事ですけど)

2001年9月20日に、みっちゃんが旅立った。
それから数日後、僕は喘息の発作用の呼吸困難に襲われ、近畿大学の呼吸器科へ連れて行ってもらった。

主治医の教授は、みっちゃんが逝った経緯を娘に聞いて精神科を紹介された。
精神科へ行く事へ抵抗する気力もなく、言われるままにドアを叩いた。
娘や息子程の若い医師が担当になり、半信半疑で丸い椅子に座った。
物知り顔で医師に聞いた「心の問題に薬が効果があるとは思えないんですが」

若いねぇちゃん医師『いいえ、シナプスの伝達物質を制御できるから効果があるのです、つまりですね、集中できなくなるのです』
な〜る程と納得いく説明にギャフン
そこで処方された薬は、デバスって抗鬱剤なんです、そして[トンプク]としいて睡眠薬も処方されました。

或る日、僕は当時住んでた家から車で出掛けました、赤いシビックが前を走っています。
”あ〜ブレーキを踏みはりましたなぁ〜”ゴツン
いつもなら、ブレーキランプを見ただけで何も考えなくともブレーキを踏み減速するのに、この日は当たってしまったのです。
若い女の子が運転席から降りてきたので、平謝りし弁償する事を約束し免許証と保険証書を見せて、保険会社に電話をしたのです。

彼女の携帯電話は写真を撮れないからと、僕が撮影して彼女の携帯に送信したんです。
それ以来、何かあると彼女はメールをくれます。
彼氏がアメリカに半年の留学をしたとか、バイト先が変わったとかなんです。
すっかりメル友になってしまったんです。
事故の原因はこのデバスだったんです。
飲んでる時は、運転とか危険な仕事はしないように言われてたんだった。

あれから4年の月日が経ちました、落ち込みも酷かったけど立ち直りも早いんです。
精神科へ通った事を恥じていません、若い頃は自分は強い人間だと思ってました。
決して自分で命を断つなんて事を考えもしないだろうと。
白状するとみっちゃんが逝った後、何度死のうかと思ったかしれません。
日本刀をお腹に突き立ててみたけど、痛くて怖くてバッファリンを大量に飲んでから、もう一度突き立ててみたら、やはり痛かったんです。
笑えるでしょ? でもその時は真面目だったんですよ。

ある方のブログで精神科へ行ってるとかで中傷されてた話しがあったけど、それを第三者として中傷する方はおかしいと思うのです。
もしも僕が精神科へ行った事を笑える人が居たら、どうぞ笑ってくださいね。
あっちこっちへ言い振らしてくださってもかましまへん。

ただ、皆仲良く笑ってブログを楽しみ、教養を深めたいと真に思うのです。
諍い(いさかい)は止めて、長くもない人生を楽しくやりましょうよ。

[PR]
# by kattyan60 | 2006-01-26 00:15

娘のお母ちゃんの遺した味。

娘の焼き肉
娘の母親から引き継いだ焼き肉のタレ、懐かしくて真似をしてみようと思うのだけど、調味料の量が書いてないやんか〜
電話してみよ、昨日スーパーで食材は揃えた、リンゴも何を買って良いか判らなかったさかい、安いのを選んでみた。
肉も娘の話しだと高級な物よりも中程度が良いらしいから、切り落としを買いました。

さぁ調理のエンジンがかかって欲しいと思いながらスカパーを見ている。
[PR]
# by kattyan60 | 2006-01-25 14:17

出世物語

今、NHKの大河ドラマの[功名が辻]を司馬遼太郎の本で読んだのは随分昔の事。
山内一豊さんの妻である千代さんの内助の功は有名な話しです。
淡路島出身の嘉兵衛さんが赤貧の家だけど、夜這いをした人と結ばれ、江戸へ材木を運んで財を成し、尼崎で廻船問屋で成功した[菜の花の沖]も司馬遼太郎の好きな一遍だ。
今の世の英雄でもあったホリエモンさんは一夜にして犯罪者となってしまったが、若くして財を成し、一時期は日本のビルゲイツとまではやされたものだった。

嘉兵衛さんにしても命を懸けて江戸へ材木を運び、一豊さんも戦場働きによって財を成した。
ホリエモンさんに限らず、耐震偽証をした連中だって一時は時代の寵児であったろう。
子供に親として先人としての職業のアドバイスを出来なくなった。
お金をたくさん稼ぐ事が善であるはずはないが、満足を買う事はできる。
自営を始めた当時は貧乏で、米を買うお金も無かった事があった。
その頃、親しくしていた会社の社長と応接で面接していても両足を揃え、膝に手を乗せていたそうだ、仕事が順調になりだし、同じ社長に会った時はソファに深々と座り、足を広げて、腕を組んでいたのを皮肉たっぷりに言われた。
『南君、儲かってるね』そしてその態度の鷹揚さを指摘され恥ずかしい思いをした。

恥を忍んで書いていながらも赤面する。
節約する事を知ったのはメールママのお陰です。
それまでの僕は、毎日Barや居酒屋で食事をしていた、一時期、家に帰るのが嫌でホテルに住んでいたこともある。
貧乏人の僕がすることではないのだけど、妻を亡くした苦しみから逃避していたのです。

財布の中身
みっちゃんが去った当時、万円札が何枚入っていたか知らないが、財布を畳むのが困難だった程ええ加減な金銭感覚だった。
先日、メールママと映画に行った時、財布には1万円札が1枚と数千円しか入ってなかった、これでは美味しい物を求めて高級レストランへ行く事もできない。
それで、スーパーで寿司を買い、車の中で食べたのです。(落ちたけど)
最近は高級レストランへ行く事も無くなり、自炊している。

ホリエモンさんが拘束を解かれた時、どんな生活をするのでしょうね。
自家用ジェット機を維持し高級マンションに住み続けるのでしょうか?
まぁ人様の事だけど、これからの若者達の夢であって欲しいと願うものであります。
[PR]
# by kattyan60 | 2006-01-25 13:44

Excuse

昔に娘から薦められた本[地図が読めない女、話しを聞かない男]をゆっくり読んでいます。
この本の題名を教えた娘は僕の性格を見切っていたのだろう。
確か、まだみっちゃんが元気だった頃ではなかったろうか、話しを聞かない事が災いして、その本を買う事はなかったし、読んでいる今もまだ理解していないのかも知れない。

いや、女性を理解する事は不可能である事は間違いない、自分すら誤解している事も多いと最近気が付いた。
人の良い老人である事を認識しなくてはいけないと言い聞かせてやっている。
ただ、女性の美を見つける事に掛けては天下一品だと自負しているのは確かだ。
各国に散り、外国で暮らす女性に賛美したいと思うのであります。
その国の言葉を解し、自由に話している外国語に興味はあるものの、一歩踏み込めないでいる。

シアトルから帰国しているメールママのお姉さんは高校生時代にカナダの叔母さんを訪ねてからだから、外国暮らしが久しい。
帰ってこられて、会話をしていてもかなり訛っておられるのが面白い。
カナダではなくキャナダだし、コストコもコストでコ抜きになる。
以前にそのお姉さんの娘婿殿に戴いたDVDイーグルスもイーグルでスが抜けてる。
なんや、そうやったんか、英語ではスとかコとかを抜けば通じるんや。

上の本によると、数万年のも長きに渡り、男は狩猟に出掛け、女は子供を育てながら、近所のママさん達と拾い喰いをしてたさかい、会話しコミュニケーションをするということは命にも関わる大事な事だったそうだ。

数万年前『いや〜貴女の毛皮素敵ね』な〜んて赤ちゃんを小脇に抱えて木の実等を摘んでいる姿を想像するのも楽しいもんだ。

僕が自分を分析してみると、農耕民族の血が濃いのではなかろうか。
腰が低い位置にあるのは、草取りに向いている。
鼻が天井を向いているのは、雨の気配を鼻で嗅ぐことが容易だし、全体に小さい事で山坂道を歩くのに都合が良いようだ。
性格も温厚であり暴力を嫌う、みっちゃんに叩かれた事はあるが、叩いた記憶は無い。
故に僕は長年農耕していた祖先を持つ民族だったのだと思っている。

NHKの英語弁の番組を見て思うに、まずは文法よりも考え方を日本的から英米人のそれに替えなければならないように思う。
そこで、僕は本日をもって、英米人の考え方を学ぶ事にいたします。
コンタクト・レンズの緑色を持ってるからそれをはめよう。
髪の毛は昔から赤目で薄いから、このままで良いだろう、ご飯もパンに代えて肉を食べよう、昨夜作った白菜と厚揚げの炒め煮も今日を限りに作るの止めよう。
(勘違いと思うなかれ、まずは形から)

これからのコメントも英文で残してくださいね。 (^^;
ウソウソ、そんな事されたら胃に穴が明きます。
世の中の全女性と外国に暮らすご婦人に尊敬の意を表します。 合掌
[PR]
# by kattyan60 | 2006-01-25 12:58

パチスロ

僕の親友が入院した時に、駐車場入れてあった車を盗まれてしまったそうだ。
4駆の車は人気があるらしく、彼はかなりへこんでた。
退院した頃を見計らって見舞いに行くと、彼は同じ4駆の車を買ったそうだ。
そしてその頭金をパチスロで稼いだのだそうだ。
彼の勤める会社の部下に名人が居るのだそうで、その子に聞くと学生の頃から稼がせてもらっているんだとか。

どうも、僕はこのパチスロとかパチンコに夢中になれない質のようで、飽きて来る。
親友に誘われて一度行った事があるが、同じ作業を繰り返す事に抵抗があるのです。
何年前かのお正月にメールママとパチンコに行った事がある。
その時も彼女は勝ったが、僕は負けたんです。

パチスロは博打性が強くて、負けても勝っても大きな金額になるそうだ。
今日、かの親友の勤める会社へ行ったら、彼は言った『あかん、ぼこぼこにやられてしまった〜』と、それで聞くと8万円も取られたそうだ。
勝つと数十万円も稼げるのだそうだが、肉体労働者の僕には真似ができない。
せいぜい、数千円が関の山だろう。

いつだったか彼と行った時に、女性の姿が多かったのにも驚いた。
銜え煙草の煙を煙たそうに顔を斜めにして夢中になってるお姉さん、頑張って〜
[PR]
# by kattyan60 | 2006-01-25 02:58



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31