山の彼方の幸せ求め・・・

告白

僕がみっちゃんと結婚して34年間、脇目も振らずに妻一筋だったら自慢できただろう。
だが、僕にも一つの浮いた話しがあった。

その子は耳が聞こえない人だった、職場に面接に来た時は手話でもなく、筆談でもなく、少し声が変わっているが普通の会話だった。
彼女は、耳が聞こえない事を僕に伝え、就職活動はしているが諦め顔だった。

少し同情の気持ちも働いたが、きっと真面目に働いてくれるだろうと採用した。
遊び半分で就職してくる人も居る、若くとも熟年であっても生活を支える就職なら真面目なんです。

その子はやはり真面目だった、製造ラインの一員として充分役に立っていた。
その子の後の作業は、調度その子の背中に位置している。
そのために、後ろでトラブルが無いか絶えず後ろを振り向いていたのだった。
それに気付いた時、涙が止まらなくなり申し訳ないと謝った。
そして、後ろの行程の人のところにスイッチを付け、その子の前に電球を設けた。

その日の作業が終わり、その子に声をかけた。
行程に不備があるときは、遠慮なく言って欲しいと伝えた時、彼女は泣いた。

それから数日して喫茶店へ誘った、32歳になっていた。
彼女は23歳だった。
彼女は美人とは云えないがハンディのためだろうか気だての良い子だった。

彼女は自転車で通勤していたが、その自転車にはバック・ミラーが着いてない。
直後に車が来ても聞こえないから、危険だと警告しバック・ミラーをプレゼントした。
もち、会社の経費を使わせてもらったのは福利厚生だと判断したからだ。
その子と数度、喫茶店デートをした後、妻を裏切ってしまった。
でも直ぐに別れたのは、この事が妻の知るところとなった事と彼女が妻に悪いからと
言い、僕に手紙を手渡した。

そこには、武田鉄矢の[贈る言葉]の歌詞が書いてあり、お世話になりましたと書き添えてあった。

この時の妻の言葉『私はあんたのお母ちゃんとちゃうんやで』ショッボーン


この日を境に僕の真面目生活が始まったのです。
会社へ行っても『おはようございます』ツンツンはしなくなりました。
今で云うところのセクハラなんですが、僕がツンツンすると大笑いして逃げて行く人や、『また〜』と肩を叩く人に笑いながら蹴る真似をする人、『社長と一緒やね』と年上の人は肩に手を回しながら揺さぶる。
『おはようございます』と言っても時刻は昼の休憩です、僕が就業前に会社へ入った記憶は極稀でございました。

今朝の[とくダネ]で、浮気願望を持つおっさんは95%だそうで、5%の人が一夫一婦制を固辞するんだそうです。
コメンテーターはその5%を病気だと言ったが、僕も95%の平均的おっさんであるんでしょうな。

人は生涯に5人の人と2000回の○○○があるんだとか、BBCの真面目な番組だった
から、信用してはいるが東洋人に当てはまるかは未確認なんです。
当然、平均ですからその数字の下も上もあるってことですね。

今日『雪が降ってるよ』とメールママからメールが来て、カーテンを開けると、
ほんの少々、雪が舞っていた。

冬眠しとこ
[PR]
# by kattyan60 | 2006-02-06 12:35

捨てられないもんね

見てやってください。


薄くなり、穴が明いてますでしょ? それでも捨てられないのは、みっちゃんの手袋だったんです、それを後生大事に持っているのです。

みっちゃん『なによそれ、いつまでも使わずに捨てたらどう?』

僕「何を言うてまんねん、写真の他に遺った数少ない一つやねん、手袋は買いましたし、
メールママにも貰いましたよって大丈夫だす」

b0062927_054028.jpg




外国にお住まいの方で、最近ブログ仲間にならせていただいた方から、関西風の[お好み焼き]のレシピがお知りにないたいんだとお聞きましたので書き記します。

エイリアス『おいっ 穴の明いた手袋の話しはあれだけかいよ?』

僕「はい、あれだけです」

エイリアス『スカみたいな話しやな』

僕「せやさかい、お好み焼きの話しをしてるんやがな」

エイリアス『・・・・・・・・・・』

それで、大阪にある家庭の数だけ、そのレシピが違います。
現在、僕とメールママで作るお好み焼きに必ずリクエストされるのが牡蠣、つまりオイスターですな、1枚のお好み焼きに3〜4個入れると、その出汁が出て一口食べたメールママの笑顔がグラデーションとなるのです。

例 ウッフフフ、ウッハハハハ、ガッハハハハ

まずはキャベツを細かく刻みます。
小麦粉に天ぷら粉を半量入れます。
出汁の素を少量入れます。
それに、粉と同量の長芋を擦り入れます。
卵を入れます。
コネコネします。


刻みネギを用意します。


大きめのマグカップにキャベツを山盛り入れます。
ほんで、そこへ[おたま]一杯の上の練った粉(1)を入れます。
それに、短冊に切った烏賊を軽く一握り入れます。
それに、刻み紅生姜を大匙1杯を入れます。
そこへ、関西で云うところの[天かす]とネギ(2)を軽く一握り入れて、コネコネします。

鉄板が熱くなったら、薄切りの豚を並べて焼きます。
両面が焼けたらその上から(3)を被せて、大まかな形を整えます。
その面に小さめの牡蠣を3〜4個乗せると云うか埋め込むと云いますかです。


焼いてる間に、ウスターソースとトンカツ・ソースとマヨネーズを好みで混ぜて
おきます、また好みでケッチャップも良いかもよ。

両面が綺麗に焼けたら、洋芥子を塗って、ソース(4)を掛けて塗り広げ、粉かつおと
青海苔を振り掛けて出来上がりです。
一口食べて、ウッフフフ 二口食べて、アッハハハ 食べ終わって、ガッハハハハ
なんです、ビールが喉を潤せばこの世の春、アイアム ジャパニーズ ベリーナイスねとなるのでございます。

どんな具合です?こんなとこでいかがですやろ、試してみてくださいませ。

ayacocco、そっちゃのお好み焼きはどうじゃいな?
[PR]
# by kattyan60 | 2006-02-06 00:35

春節祭

今日5日の朝に、お迎えに伺いまして、乗っていただいた3人さん。
メンバーはと申しますと、メールママとご両親なんですが、お父さんは84歳になられ、
お母さんは○○歳、ご高齢なんで乗るのも降りるのにも時間が必要です。
そんなご両人ですから、いつものように走るわけにはまいりません。
ゆっくりと、ゆっくりと・・・・・すいませんね〜周囲の方々。

で着いたところは、大阪は難波の駅から南へ1km程にある学校なんです。

b0062927_13472831.jpg



ここで降りていただいて、ワテは車を片付けに〜

大きな学校ではありませんが、多くの人で賑わっています、そして周囲にはテントが張られて、色んな食べ物が売られているのです。
[こんなん知らんなぁ]て思う物も少なくないのですよ。
そして正面には舞台が設えられていまして、おっちゃんの挨拶を聞いておられるのは年配の方々で、若い僕達の興味はもっぱら食べ物ですよ。(年配て幾つなんや?)

暫し、芸能を鑑賞してくだされませ。
b0062927_13592254.jpg



b0062927_13595067.jpg



『なぁなぁこの獅子舞て男かなぁ〜女かなぁ〜?』 
b0062927_1401192.jpg


ステレオの調子が悪くて、途切れ途切れですよ、可哀想に晴れ舞台なのにさ。
b0062927_1405315.jpg



メールママの興味を示すのは勿論[食いもん]です。
車を置いて、会場に入ったときには既にカップをすすってます。
僕「何を食べてるの?」

メールママ『朝ご飯を食べてないからお腹が空いてんねん、これはスープよ』

メールママ『次はどれにしよっかな?』

メールママ『そや、ジャンボ焼売を買うわ、かっちゃんも一つあげるね』

メールママ『あっちの豚マンより、こっちの方が大きいさかい、こっちにしよっと』

メールママ『かっちゃんも食べたら?』

”あの〜〜〜舞台を見いひんの?”と僕の心の叫びは聞こえない?

メールママ『ちょっと待ってて大学芋を1パック買うわ』



そうこうしていると、この人ゴミの中、お母さんが僕らを見つけて・・・

お母さん『南さん、ここに並びよ、抽選が始まったから』

お母さん『前はね、ええもんが当たってん、ホテルの宿泊券やねん、1泊5万円もするとこやで、けど今日はあかんような気がするねん』

三角くじなんです、1回300円なんです、そして僕が引いたのが17等

b0062927_14155134.jpg



中身はと申しますと・・・・・

24karat Goldのこれ、すいません、僕の趣味ではないのですがぁぁぁぁぁ
b0062927_14164560.jpg




その帰り道の事でございます。
お父さん『あの最初に挨拶してた人はね、世界中に出ている華僑が約3千万人居て、
その頂点に座ってる人ですよ、神戸の中華街は大陸の人が多く、こちらは台湾の人が
大半なんよ』そうやったんか、そんなら話しを聞いておけば良かったなぁ〜
お父さん、お母さんも台湾から来て苦労されたんやね。

お送りして、車の置く場所を出産して実家で養生している姪御さんの旦那に占拠されてるので今日は帰りま〜す。

おまけ
[PR]
# by kattyan60 | 2006-02-05 14:40

帰り道は遠かった〜

数日前の事だった。
メールママを送ってからの帰り道で、いつもと違うコースを通ったのだった。
時刻は午後4時を回ったくらいの夕暮れ間近。

梅田新道の交差点です、それは遠い昔だった、4人の悪ガキが4人の女の子をナンパして
ここ梅田新道から
b0062927_13113261.jpg




この御堂筋を通って難波まで、お喋りしながら、そぞろ歩きをしたんだった。
あの子の名前は山田津夜子さん、僕が18歳になったとこだった。
僕は、その後直ぐに交通事故で入院して、彼女は遠く京都から何度も見舞いにきてくれた。 ”どうしてるんだろうか、幸せになっててくれると良いのだが”
b0062927_13144754.jpg



昨日の事を中々思い出せないのに遠い昔の事は結構、事細かく覚えているのが不思議だよな。

淀屋橋を渡ったとこで出くわした鬼が1匹、流石は大阪でんな〜
b0062927_13391039.jpg



今日、5日は大阪中華総会なるもので、春節祭があるんだとかでメールママ家の3人さんを乗せて会場へ行ったのです。
[PR]
# by kattyan60 | 2006-02-05 13:24

風呂のひと時

寒い日の風呂は、ささやかな幸せを感じるもんです。
浴槽に入浴剤を入れ、本を持ち込みゆっくりと読む。
そして、身体を洗うのですが、乾燥肌の冬場の僕は擦り過ぎないようにするのが良いそうだ。
入浴剤も乾燥肌用の物を使い、石鹸を手に付けてスリスリするんですな。
それが終ると髪を洗うのですが強く擦ってはいけません、何故なら、少なくなった頭頂の
毛を護らなければならないからなんです。
それらは、浴槽の中で行うのです。

それが終ると、鼻毛処理なんです。
カミソリの2枚刃を用意して、それを鼻に突っ込んで回して剃るのです。
昔の映画で確か[ローレル&ハーベイ]だったように想うのですが、カミソリを耳に突っ込んで耳を掻いてるのを思い出して真似てみたら、以外と上手くいったもんで、今もそれを行っているのです。
怪我したことはないかって? はい、偶然なのか怪我をした事はありません。

野郎って〜のは、何かと面倒なもんです。
[PR]
# by kattyan60 | 2006-02-05 00:39

節分に想う

昔々、母は言った。
『歳の数だけ食べるんやで』

「もっと食べたい、食べたらあかんのん?」

『あかん』

「食べたい」

『あかんて言うてるやろ、こうして数えてな、ひと〜つ ふた〜つ みっつ』

大豆をホーロー鍋と云う、キッチンのボールを押しつぶしたような薄い土鍋をですね、大阪では[かんてき]と呼ぶ七輪で煎ってくれたお母ちゃん。
翌日には、僕のポケットに一握りの大豆が入り、それを大事に食べたんです。
そんな大豆ですら、一つでも多く食べたいと思った何も無い時代だったんですね。
その大豆を62粒も食べれる歳になった今、大豆は食べなかった。

お母ちゃんは、僕を41歳で産んで後妻に入り、グレた兄貴の面倒を見て、職人だった亭主関白の義父に仕え、炊飯機も洗濯機も冷蔵庫も無いアナログな生活の中で僕を育ててくれて、節分には[かんてき]に炭をおこし。ホーロー鍋で大豆を煎って、子供に節分の何かを教えた。
そんなお母ちゃんの人生を思う時、娘や亭主を捨てて家を出た時にボタンを掛け違えたんだと振り返る。

歴史は振り返る事で間違いは解るもんだが、その時は判断がつきにくいものなんだな。
僕も何か間違った選択をしていなかっただろうか?
振り返っても選択した時に戻れないとなれば、今日を、明日を間違う事なく進むしかない、この用心深さこそが学習であろう。
節分に思う、人に迷惑をかける事なく人生を全うしたいと・・・・・
[PR]
# by kattyan60 | 2006-02-04 13:35

今日は節分2

車をガレージから出してみると、昨日の雨で汚れてます。
まぁ良いっか〜

実は昨日、お得意先を訪ねた後、メールママの言う障子を直しに行こうと向かったのです、そして半分程行った心斎橋辺りでメールで[かっちゃん、やっぱり明日にしよ]ドテッ

そして今日を迎えたわけですが、またドタキャンがあるやもと思いながら車を走らせて、デパ地下を目指しているのです。

大阪は難波にある高島屋の食料品は、よく利用しています。
高島屋の西側の道路が60分駐車できるので、そこに停めて行くのが一番手軽なんです。
今日も丁度1台が僕のために空けてくれまして、縦列駐車は名人なんです、男の僕は空間のイメージがご婦人よりは優れているのです。 ゴン  あれ?
段差のある歩道にタイヤが当たっただけです。 (^^;

300円を入れて、デパ地下へ行くと、どうでしょう大きなワゴンに巻き寿司が山のように積んであります、恵方巻き、うず潮巻き、上巻き、特上巻き。
「メールママ、こんなにあるけど。どれにする?」

メールママ『えっ そんなにあるん?私の好きなんは古市庵のんやねん』

僕「え〜っとえ〜っと」キョロキョロ
僕「うん、その古市庵やわ」

メールママ『なら任せる、こちらは全部で5本ね』

僕「了解しました」

僕「おにいちゃん、これを2本とこっちを2本ね、ほんでそれを2本頂戴んか」

おにいちゃん『はい、ありがとうございます、紙袋にお入れしましょうか?』

僕「いや、そのままで良いよ、はいこれ」とお金をだすと、彼は袋を持ってワゴンの向こうから、わざわざ出て来て手渡してくれるので、効率の悪い事せんとお客さんが大勢待ってはるのにと思ったら・・・・

おにいちゃん『すいません、レジが故障ですので暫くお待ちください』と言うなり飛んでったんです、”な〜んや、そうかいな、わざわざ出て来たんとちゃうかったんや”

巻き寿司をぶら下げてウロウロしてると、あっちでもこっちでも巻き寿司を売るために店員さんが、大声を張り上げてます。やかましいなぁ〜とは思いません、明日辺りは彼らの声がしわがれているんやろと、ウッシシシ

巻き寿司で[中華巻き]? 
「すいません、それ1本ください」

デコポンめっけ。
「すいません、それを2個ください」 ランラーランラ スキップで車まで帰りたいところですが、大人で紳士の僕はゆっくりとした足取りでエスカレーターに向かうのであったが、心の中ではスキップを踏んで曲名は忘れたがスキップのための曲を口ずさんでいたのです。
♪サダガヂューラ メチカブーラ♪・・・・????

よっこいしょっと、さぁ着いた電話しよ  ピポッパ リリ〜ン リリ〜ン
ご両親の玄関のドアが開いて、メールママが外に向かって走って行くではありませんか、僕は此処よ〜
メールママは僕の車を確かめ、そして僕の居ないのを確認すると、こちらへ向かって歩いてきました、そこで僕が立ってるのを見つけたんです。
まぁ〜ね、後ろから左肩を叩かれて右を見る奴は居ないでしょうから、メールママの行動は自然で正解なんですけど、ドアを出た時に、ちょっと首を左右に振れば外まででなくても良かったのにね。
僕は此処よ〜とは心の叫びだったようです。

ご両親の部屋へ「こんにちは〜」
そこで、デコポンを1つ降ろし、巻き寿司を分けてメールママに家へ。
僕「これ、お姉さんとこのトイレの結露を防止するやつ」

メールママ『お姉ちゃん居てるから渡すね、巻き寿司も』

これでやっと僕の昼食に有り着ける、デパ地下で弁当を買っておいたんです。

メールママ『いや〜美味しそう、満腹なんやけどなぁ〜』

そうでしょうとも、でもどうぞ。

本日の大目的の障子の修理

僕は勘違いをしていたようです、乾燥して建具が短くなり倒れてくると思ってたのですが話しを聞くと、その障子はベッドの足元にあり、寝てて足で蹴飛ばしたらしいんです、それで紙が破れたんですって。

それを修理し、お姉さんのところのトイレの配管に結露保護テープを巻き付けて帰ってきたんです。
帰りの車の中から大阪の街を写真に撮ったのにですね、車の中に忘れてきちゃった〜
 今日は節分です、豆を撒き散らした後、拾う事も忘れないで〜



しまった〜デコポン食べたかったのに〜 (^^;
でも良いよ、メールママやご両親が喜んでくれただけで、僕かぁ〜幸せだなぁ〜
[PR]
# by kattyan60 | 2006-02-03 19:29

今日は節分

そんな日だって事で、僕は髭を剃りメールママの家に向かうのです。
違うんですか? 何/ 緩んだ建具を直しに来いって? (^^;
 
そうゆう事なんですか、まぁ〜取り敢えずは了解です。
では用意をしますね、今日は天気晴朗なれど寒いのだそうです。
空を見上げ”洗濯物が乾くのかしらね?”と主夫の顔になってしまいます。

ではその辺りの顛末は今夜にでも・・・・・・行ってきま〜す。
[PR]
# by kattyan60 | 2006-02-03 11:21

鉄の心とガラスの心

僕はガラスの心を持っていた、誰も信じてくれない?
はい、確かにそれは昔の若い頃の事なんです。
義父は明治の職人だったからでしょうか、人付き合いの不器用な人で義理の息子である僕だけでなく、実の息子にも愛を表現できなくて、実の息子は中学校でグレてしまったのです。
そんな兄貴を高槻だったと思う少年院に、お母ちゃんと面会に何度も行きました。
だが、義父は一度も行かなかったんです。
兄貴は、その時の事をいつまでも愚痴ってました、その兄貴が父の葬式の時には立派に喪主を勤めたんです。
そして20年程前になりましょうか、脳梗塞であっけなく世を去ったんです。

その兄貴に三千枝と云う姉が居て、二人の子供を設けて離婚し、そんな娘を不憫に思い義父は休みの度に訪ねて応援していたそうなんです。
その姉は正月には帰ってきて、それはそれは賑やかなお正月だったんです。
だけど、その分お母ちゃんは忙しかったろうと思うのです。
当時は洗濯機も炊飯機も冷蔵庫も各家庭に揃うには数年の時が必要だったんです。
義父が洗濯機を買ったのは僕が中学生の時でした。
テレビが家に来たのは僕が18歳だったでしょうか、交通事故で入院し退院して養生して居るときに買ってくれたんです。
そうそう、僕が入院している6ケ月間に見舞いにきたのは1度だけです。
お母ちゃんは週に一度、遠い病院まで電車を乗り継ぎ、洗濯物を交換に来てくれてたのです。

今思えば、この義父はガラスの心を持ったまま老いてしまった人だと理解できます。
義父の晩年に、結婚して間もない我が家に車に乗せて連れてきたんです。
そして娘を抱いた時は見た事もない優しい目をしていたんです。
そして食事を一緒にという、みっちゃんの誘いを断って送ってくれと言ったのが最後の言葉となったのです。

そして愚痴ってた兄貴も僕の前では偉そうにしてたけど、優柔不断で親父同様職人で終ってしまいました。
この兄貴も母親を亡くし、継母が来て優しくされればされる程、反抗したんだと晩年に告白し、母やお前に悪かったと回想し後悔したんです。
やっぱり兄貴もシャイでガラスの心を持った人だったんです。

妻のみっちゃんはと申しますと、子供時代の不遇な環境で、それがどれ程子供だったみっちゃんの心を傷付けたことだろう、傍にいて僕程彼女の事を理解していたものは居ないだろうと自負している。
そんな環境でそだったみっちゃんの心はワイングラスのように繊細で脆かったんです。

次に今の僕です、そりゃぁ〜もう頑丈であります、少々の事では動じません。
僕の娘も色んな経験をしてきましたから、現在頑丈になりつつあるってとこでしょうか?
息子、我が家で一番、彼が幸せだったろうと思うのです、それだけに母の死を受け止めるのに時間が懸かったろうと・・・・・
以外や以外、僕より早く立ち直ってバイクでのツーリングに誘ってくれたんです。

僕達親子が絆をしっかりできたのは、妻であり母の死という嬉しからぬ時を共有したからではないでしょうか。
まだまだ、ガラスの心を持ってる娘よ、そして息子よ生涯幸せであってくれよ。

強い心を持ったかっちゃんはここで思った、お風呂に入ろ〜っと
[PR]
# by kattyan60 | 2006-02-02 22:29

おめでたのお祝いを?

先ほど来、チャンネル・グッズて云う、至って小規模のメール仲間が居まして、その一人に親友である男に男の子が産まれたんです。(前記事)
そいででんがな、オフ会をしようぜって事になりつつあって、焼き肉が良いぜって奴が居たもんで、それなら祝いにそこへ招待をしようやんかって提案をしたんです。
そんで、頑張った奥さんと赤ちゃんも招待してですな、少し早いとは思うけど、焼き肉とビールの何とも絶妙なるハーモニーを赤ちゃんに教えようやとも提案したのですが・・・

離乳食も食べてない赤ちゃんだとは云え、彼の子供だからきっと喰っちゃうだろうと想像しているのです、すると[ジャックと豆の木]のように劇的に大きくなって、3歳頃には僕の背を抜くかもしれない、それは少々困る。

何故こんな記事を書いてるかと云うとですね、その仲間にyanenなる男が居まして、
[カニの旨いとこがあり、牛肉とカニは高価な方が旨い]と投稿したんです。
それを読んだメールママがレスを入れたんです。
[かっちゃんと友達になって肉の美味しいのは知ったけどカニはなぁ〜]ですって。
これって僕に要求してるって事でしょう?

そこで僕がyanenにクレームを付けたんです、[食いもんの投稿するときは安い物にしろ]とね、すると奴は丁寧にもそのカニを食べたときの詳細を投稿して[オラどうなってっも知〜らない]だとよ。
この君は、僕の倉庫を処分するのに無償でトラックを出し、積み込みを新米パパと二人で済ませてくれたんです。
こいつらを二人合わせてやっと僕の年齢を僅かに超える、気のおけない連中なんです。

このyanenって奴はとてもハンサムでモテるんだそうな。
どうだ、羨ましいかとばかりに話す内容に開いた口が閉まらなくなったもんだ。
こいつらと食事をすると酒はガブガブ飲むし、肴はパクパク食べるし、さすがのメールママもたじたじだったよね。
そうなんです、僕もメールママも同じ仲間なんです。
そしてメールママと僕とで、この仲間の平均年齢をヨッコショっと支えているんですよ。

お祝いって悩むでしょ? 
以前、僕が入院したとき、娘や息子も含めて[頼むから来てくれるなよ]と連絡した。
来られると手ぶらであったとしても借りになり、関係のバランスが崩れる。
それは僕にとって許されないのだ、貸しは良いのだけどね。
それで出産のお祝いを焼き肉パーティに招待することで誤摩化そうって訳なんです。
そんな事で誤摩化せる友達って良いよなぁ〜 その時は二日程絶食しておこうと目論んでいるかっちゃんなのです。
[PR]
# by kattyan60 | 2006-02-02 19:44



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31