山の彼方の幸せ求め・・・

<   2005年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

今日は

朝から洗濯をして、昨夜した手洗いの洗濯物と一緒に干した。

朝食は食パンにイチゴジャムを塗り、壮健美茶で急いで流し込んだ。

急いだのには理由があるもんだ、そう以前から台所のコーキングの汚れが気になっていた。

それらを削り取って、新しくしたいと考えていたからなのです。

それを始めるにあたって、装備した部品を外すことから始めます。

午後1時過ぎに終ったんです、そしてそこら中を磨く事も忘れず、綺麗に仕上げられたことは無上の喜びなんです。

これらをしている時は何も考えず、夢中になれるから好きなんです。

物を作る事も、同じ心境でしょうか、禅にも通じるものだと思うのです。

禅といえば、rakudanoさんのところでは、ユダヤの方々の伝統的な宗教的習慣を教えていただき、chiekoさんは熱心なクリスチャンだし、無宗教だぜい、と鼻を擦り上げて自慢することでもないが、過去に熱心な信者になった記憶が無い。

僕が3歳頃だったろうか、僕に喘息を伝えてくれた祖父の葬式の日に棺桶に腰掛けた記憶が薄らと残っている。(罰当たりめと叱られたのです)

人間が生を受け宮参りで神社仏閣にお世話になり、七五三で祝っていただき、結婚式でも宗教的に祝っていただける。

そして最後を迎えると、これまた宗教的に引導を渡され、戒名なるものを授かる。

僕にも戒名が必要なら、最後を迎えるまでに考えておこうと思っている。

みっちゃんの養母さんの戒名は僕が付けさせていただき、お坊さんに見ていただいたら結構ですって。

そんな僕ですから、本当は戒名なんて必要ではないのです。

人間は死ぬと生ゴミになると考えているのです。

生きている時に意識があり、考える事ができるから、死んだ後にも意識が残ると思うのでしょう、臨死体験者としては、オール・ナッシングなのです、何も無いと考えているのです。(バカ野郎とお叱り受けるかもしれません)

暗くなりました、次回はきっと明るい話題にしたいと考えています。

エイリアス『明るいってまさか電灯の話しやないやろね?』

僕「ビンゴ、ピンポーン、大当たり」       乞う次回
[PR]
by kattyan60 | 2005-11-27 15:54

やっとです、やっと

デートの定義とは、映画、音楽鑑賞、ドライブで景勝地を訪ねるなどを云うもので買い物に行くのはデートとは云わずに[アッシー君]ではなかろうか、そこで買い物の代金を払うと[貢君]に変身するのであって俗に世間で云うところのデートのカテゴリーには入らないのである。

この日、介護の休みをやっと取れたメールママを迎えに行ったのは午前10時。
この日ばかりは、僕の企画したところへ行こうと進言してあって、彼女も了解していた。
了解したのには、理由があってpar_avionさんが行かれた嵐山です、それと息子さん夫婦からのお土産が嵐山だったのにも刺激されたのです。

メールママが朝ご飯を食べてないのだそうで、取り敢えずはコンビニでおにぎりを買い、いざ高速に入ると、結構車が多い。


b0062927_2148547.jpg



京都南の第二出口には紅葉した樹が渋滞の苛つきを癒してくれる。
b0062927_21503286.jpg



京都は観るところが多い、紅葉を楽しむスポットも少なくないが今回は上の理由で嵐山を選んだが、大阪の心斎橋筋を歩いているように人が多いのには驚いた。

b0062927_2155774.jpg



b0062927_21555430.jpg




一番手前の黒ずくめのおばさん、もとい、お姉さんがメールママです。
b0062927_21561586.jpg



昼食に選んだお店です、駐車場に近いこともあって、お腹を空かせたメールママのご機嫌が悪くなる前に入ります。
b0062927_21574271.jpg


お店の前に菊の花が・・・・・
b0062927_21593599.jpg



b0062927_2203166.jpg



食べ出して気が付いたもんですいません。
b0062927_2205835.jpg



ご両親や息子さんにお土産も買いましたぞ。
何をかと申しますと、漬け物ですねん、僕は千枚漬けが好きだから僕のも買いました。

お寺にも寄らず、早々に引き上げたんですよ。
僕としては、哲学の道などを歩いてみたかったけど、川沿いを歩くことでそれはそれで満足かなぁ〜

エイリアス『そうだよな、腕なんかを組んでさ、色んな話しをしながら風景に溶込んでいたいだろうにな、メールママとの背の高さに不具合があるからお前がブラ下がるようになるもんなぁ〜』

僕「ほっといてんか〜 手を繋いでもらわんでもええねん」

エイリアス『負け惜しみやろ〜』

僕「ええねん、一人で歩く事を思えば食事も二人やったし満足満足」

そんな訳で、京都の紅葉を楽しんだ半日でありました。
[PR]
by kattyan60 | 2005-11-26 22:12

ありがとうございました。

率直なご意見をありがとうございました。 合掌

濃いバックに白抜きの文字は見え難い&文字が小さいのを、HTML言語で変更できれば良いんだけど、未だ未熟ゆえ申し訳ございません。

そんでもってですね、爺のくせに少女趣味と笑われるかもしれませんが、良いんだもんね。

理由
1)ほっとするやん。
2)可愛くて、幸せそうに見えるやん。
3)寝れば幸せって人も多いはずやん。

以上の理由において、当ブログは決定とさせていただきます。

但し、[納得でけへん]とお思いの方は4日間以内に、窓口までお越してくださいませ。
                        行政 スキン決定委員会

ご意見を頂いた方々
 菜さん
 sayeさん
 neco_no_koolonさん
 taroさん
 lipxlapさん
 lokelaniさん
 mailmamaさん
 par_avionさん
 kantamamaさん
             皆様本当にありがとうございました。
今後とも、歯に絹を着せぬご意見などお願いいたします。

 
[PR]
by kattyan60 | 2005-11-22 09:29

スキンを替えてみましたが・・・・

Dear My Blog Friend

マンネリな画面に飽きてきた。
それで、賑やかなのに替えてみたけど、接続に不具合があれば遠慮なく申し出てください。

接続に時間の懸かる場合は[NO]だけでも結構ですので、お願いいたします。
      
                            かっちゃん
[PR]
by kattyan60 | 2005-11-21 21:52

我が輩の嘆き。

我が輩が、この世に命を授かって何年になるだろう。

雨の日も風の日にも雪だってこなしてきた、そうそう夏の汗臭い中でも頑張ってきたのだった。

一時は大事にされたこともあったのだ、丁寧に扱われたもんだった。

彼は我が輩の主人だった、いや正確には今も主人ではあるのだが、彼は我が輩の存在を忘れてしまっている。真っ暗な中で日々を過ごしているのだ。

先日の事だった、彼は、いや主人は我が輩と仲間を真っ暗な中から明るい外へ出し、我が輩の隣に居る新参者を指名し、主人はそいつを手に取ってゴシゴシと磨き始めた。

磨き終わった主人は満足気にそいつを眺めていたのだった。
『おい、我が輩の手入れもしろよ』と大声で怒鳴ったが、彼の耳には届かなかったようだ。

それから数日した今日、悪いと気付いたのか仲間も含めて真っ暗な中から、表に出され彼は我が輩を手に取り一礼し、丁寧に扱いながら手入れをしてくれた。
とても嬉しいのだ、近々我が輩のお出ましなのかもしれないと期待している。

我が輩の名前は、リーガル・シューズ・ブラックなのだ。


僕、かっちゃんの足はとても小さくて、通常の紳士物サイズ25cmよりってのが大きくて僕のヌードサイズはL23cm×w9cmなんです。

昨年、USAから帰国したmailmamaのお姉さんが履いてたブーツを頂いた。
mailmama姉は、少しでも身長が延びるだろうとの気遣いだったのだが、結局mailmamaの物となっている。

僕の所持品で婦人物は、ショルダーバッグに靴、そして一部のオーバーオールですが、流石は靴下は履けないから、一度洗ってから履くようにしている。

そして普段履いている靴達は、カンペールの婦人物が大半で少し見栄を張って24cmにしているんです。

靴は茶色、黒、若草色、白、グリーンを持っているが、常に履くのは茶色数種だ。
僕がハイだった時に買った靴色は左右非対称だったのを娘の所望でプレゼントした。
関西人の娘は、もうすっかり静岡県人になってはいるようだが、根底に大阪人の血が流れている、その娘も[ローカルに住む大阪のおばちゃん]と化しているのだろうか?

本当のお洒落とは、靴の手入れを怠らない、小物の手入れを怠ってはいけません。
新品の靴には、防水加工をしましょう、そして一度履いて帰ってきて脱ぎ捨てていませんか?
靴を揃える、その手で古新聞を押し込んで湿気を取ってブラッシングをしてください。

朝から活躍したのでお腹が空いてきた、以前なら、一日一食でも済んだもんだったが、最近は、数度食べないと我慢できない、しかも間食であるお菓子の消費が増えた。
これはすなわち、mailmamaの[無芸大食]のせいだろうかと・・・・・

エイリアス『こら〜mailmamaに失礼だろうが、大食は兎も角無芸はないだろうよ』

僕「すいません、前言撤回します、mailmamaの良いところを知っている僕だからですね?」

エイリアス『そうや、mailmamaのことをご存知でない方々には、本当に無芸だと思うだろうよ』

エイリアス『そうは言うものの、お前のとこへおいでの方々は大人で良い方ばかりだから、お前の思慮無さを笑うだけだけどな』

今日も天気が良い、洗濯も昨日済んだし、今日はどうしようかな?
[PR]
by kattyan60 | 2005-11-21 10:53

ガガガガードドド・バリッ ガッシャーン

mailmamaとデートだから、6時に起きて風呂に入り、精一杯お洒落をして出るはずだった。

携帯電話を目覚まし代わりにスケジュールをセットしておいたのだ、ところが鳴らなかったのか、鳴ったが気が付かなかったのか、目覚めた時は9時前だった。

脇の下を冷たい物が流れ、血圧が急激に下がったよな目眩を覚えた。
目の前でmailmamaの恐ろしい目が輝いたように思った。

それでも慌てず、ゆっくりと手洗いに立ったのは、今まで生き延びた歳のせいだろう。
mailmamaの家に到着したのは昼を少し回った頃だったろう。

ドアのノブをガチャガチャとすると中から、甘い声で『♪ハ〜〜イ♪』と聴こえた。
ロックが解除されドアが開くと、いつもの笑顔がそこにあった。

「おじゃまします」と言うべきの、この男は「ただいま〜」と陽気に言った。
上がると、自分の指定のスリッパを履き、腕まくりをしながらキッチンに入った。

mailmamaは自分が食べているカレーライスを男にも薦めた。
男は、自分のご飯を皿に取り、電子レンジで温めてカレーを乗せて食べ始めた。

mailmamaと男は雑談をしながら、食事を済ませた。
昨日の深夜に焼いたというヨーグルト、ケーキを指差し『食後のデザートよ、召し上がれ』
男は、そのケーキは上手に焼けてはいるが、深夜に焼くことはないだろうと、思いながら口にした。

b0062927_0581612.jpg


(ピイボケでしたね)
男はケーキを咬みながら、シンクの前に立った、そこには乱雑にケーキのために使用した食器や型が置かれているのを、慣れた手つきで洗い始めた。

mailmamaの手は、すっかり荒れてしまっている、皹(あかぎれってこんな字だったんだ)で可哀相なもんだ、それに比べ男の手はハイターにも反応しないのだった。

男はmailmamaと出掛ける。
男は先に車に行き、エンジンをかけて彼女の来るのを待つ。
”遅い、今にも出そうだったのに引き返して忘れた何かを捜しているんだろうか?”
男は運転席で音楽を聴きながら、そんなことを考えていた。

ガチャ ボン と乗り込んだmailmamaを乗せて、男は車を発進させた。
そこからは遠くないホーム・センターへ向かった。
本来の目的の物が気に入らず、数点の買い物を済ませて再び車に乗り込んだ。
その車中での二人に沈黙は無い、話す事が山ほどあるからだ。

次に向かった先は、スーパー・マーケットだった。
ご両親の夕食を作るには遅過ぎると、事前にチラシをチェックしてたmailmamaの選んだ食事は・・・・・




b0062927_11646100.jpg



出る前に茹でておいた里芋の味付けをし、皿に数個入れて「ご両親に届けてよ」と自信たっぷりに言った。

男とmailmamaは[牛のハリハリ鍋]にしたのだった、牛肉が特価だったことに起因するメニューなのだ。
そして、鍋を始める前に少量を用意したものを、ご両親へ届けてもらった。
 
食後”旨かったなぁ〜” と男は洗い物をしながら素直に思った。
生ゴミをボックスから出し、男は帰る用意をした。

「mailmama、帰るわ、明日また来るからね」

『ご苦労様、今日もありがとう』この言葉を背中で聞きながら玄関を出た、空には満月を一日過ぎた月が霞んでいた”明日は雨が降るのかなぁ〜”と考えながら階段を下りていったのだった。 完

タイトルの写真。
b0062927_1295282.jpg


b0062927_1303146.jpg


b0062927_130569.jpg


バリバリバリッ
b0062927_1311989.jpg


[PR]
by kattyan60 | 2005-11-18 01:32

推理?

「う〜ん ワトソン君、この少年をどう思うね?」

ワトソン『ホームズ君、どうってどうよ?』

「この少年は、かっちゃんの孫だそうだが、よく見たまえ、彼は勉強よりも友達を大切にしているし、家でじ〜っとしているのが嫌いなようだよ、そして彼の両親は勉強だ塾だとあまりうるさく言わないようだね」

ワトソン『この少年は何も語っていないのに、何故そうだと言い切れるんだい?』

「彼のね、白いシャツの前が汚れているだろう/ それはだね、表で遊んで夢中になっていて、服が汚れても気にしていないのさ、両親が汚れる事を叱らないから気にしていないって事だよ」

「それと靴を見てみたまえ、かなり傷んでいるだろう/ それは学校では運動場を走り回り、勉強なんぞより楽しい事がたくさんあるからさ」

ワトソン『なる程、君の言う通りだね』


今日、息子の家に行った時、一番に迎えに出たのが孫だった。
二番目に出たのが、嫁のお母さんで、開口一番『宿題をするように言ってくださいよ』

僕「おい、宿題より大事な事があるんか?」

孫『うん、友達と約束してるねん、南公園へ行こうって、ほんで帰ってから宿題をするからええねん』

彼は大人の予定より、友達との約束を優先しているようだ。
良いか悪いかは兎も角として、小学校1年生の彼が友達と約束した事を祖母が言う『宿題を済ませてから遊びなさい』と言うのを拒絶してまで守ろうとしている。

紀宮さまを拝見していると、育ちの良さが滲み出ている、そして島津貴子さまもコメンテーターとしてTVに列席されていたが、お召し物といい物言いといい、品の良さが伺える。
どうも、僕の息子の息子だし、嫁も物事にこだわらない性格のようで、明るく活発で思い遣りがあるのなら、それはそれで善しとするか〜

明日は久しぶりにmailmamaと買い物デートになるので、今夜の食料だけを仕入れて帰ってきました。

メニューは何だって? 牛シャブにするつもりだよ〜
[PR]
by kattyan60 | 2005-11-16 18:19

恋愛と結婚と理想と妥協

お年頃になる男女は、男女ともに性ホルモンが分泌され、本人の意思のように思うが、そこにはホルモンと云う物質が介在して男は女を求め、女は男を求めるようになる。

僕が女性に興味を持ったのは、小学生の頃で、ブルマーを穿いた同級生の足に見とれた事があるのです。
彼女は学年で一番背が高く、健康優良児で表彰されたことがある。

陽子ちゃんと云うその子は、現在どうゆう訳か僕と同じ歳で、未だ独身を通している。
独身を通す理由は、彼女は腎臓に不具合があって、透析をしているのが原因なんです。


その頃、僕の家の近くに敏子ちゃんと云う同級生も居て、彼女と他の女の子とママゴトをした記憶がある。
そのママゴトでは当然僕がお父さんのはずなのに、僕に充てられた役は弟なんです。
女の子3人に男が僕一人なのに、お父さんは出張だとか居なくて弟にさせられたのです。
つまりは、彼女達には僕が恋愛の対象になっていなかったと気付かない程幼かったのです。

そんな僕も文具店に丁稚奉公する頃、病院で知り合った年上の女性と親しくなり、僕の退院の日に、彼女は迎えに来てくれて、同じく迎えに来た母に荷物を託して彼女とデートしたんです。
その日の夕刻、彼女は僕を中之島へ案内してくれて、ベンチで飽きもせず雑談をしてた時に、彼女は僕の顔を両手で挿んでブチュ〜っときたんです。
18歳の僕は、初めての経験で身体は雲のように軽くなり、天に登って行ったのです。

二人で結婚しようって話しが出ました、でも18歳の僕に生活力がある訳じゃなし、2年と少々で自然消滅したんですね。

それから妻のみっちゃんと出会った時、恋愛感情は無く、嫁に向いていると思ったのです。
そして、彼女にも後日、正直に[結婚してから恋愛しようよ]って言ったのです。

みっちゃんを大切に思うようになったのは、娘が生まれてからでしょうか、娘を抱くみっちゃんは、それはそれは美しく、僕の妻だ、と強く意識したのです。

多分、みっちゃんも僕と結婚する時に、大いに妥協したことだろうと思います。

みっちゃんを嫁にと云う話しは何軒かあったようだが、ただ僕のような強引な申し込みでなく、人伝に[どうかな?]という程度だったそうだ。

社会事情の流れで、出来ちゃった結婚も左程珍しいことではなく、当人達も恥ずかしがらずに、『出来ちゃったのよね』な〜んて言える時代になり、それはそれで、悪いとは思わない。
結婚前に旅行に行ったり、同棲したりも悪い事ではないだろう。
ただ、どんな形であろうとも幸せであって欲しいものだと思います。

僕が結婚した事で、独身寮の家事の煩わしさから解放され、専業主婦となったみっちゃん、そしてみっちゃんの養母さん、それに1年目に生まれた娘にその後2年目で生まれた息子、賑やかだった家も今は僕が独り残り、当時を懐かしく、紀宮様のご成婚を見てる。

結婚して恋愛をすると長続きするもんです。
これから結婚なさる方々、男も女も幸せでありますように。
また、現在結婚生活を営んでおられ、子育てを楽しんでおられる方々、いつまでもお幸せでありますよう、そして紀宮様、お幸せに・・・・・・
[PR]
by kattyan60 | 2005-11-15 14:22

振られて中トロ丼で訴訟

<続トロ丼に憧れて>

昨日、中トロを仕入れました。

その中トロを仕入れるまでに、事件があったんです。
僕が、mailmamaに振られちゃったんですよ、僕は中トロにしようと言うのに、mailmamaはハンバーグだって言うんです。
それで、僕は大阪地方裁判所に訴え出たんです。


民事法廷、事件番号1025号

裁判長『ここに、民事事件1025号を開廷します、原告から事由を述べてください、原告の氏名をどうぞ』

「はい、私原告は南かっちゃんと申します」

裁判長『はい、ではどうぞ』


「ここに、以下の理由によりmailmamaに精神的苦痛による損害の救済を求めるものとします。
最初にマグロの話しをしたのはmailmamaなんですよ、それで僕をマグロの虜(とりこ)にしておいてハンバーグはないでしょ裁判長」

「昨日の朝、僕は映画か美術館へ行こうかと、ボンヤリと考えていたんです。
そこへmailmamaからメールがきましたんです。
[かっちゃん、マグロが美味しそうよ]って」

裁判長『それは、昨日聞きました、弁論は簡略にお願いします』

「すいません、そのメールを見て、チャンネルを回しますと頭の中は映画も美術館も消えてマグロ一色になったのは明白ではないですか」

「それにですね、ここが重要なんですが、僕の頭の中をマグロに塗り替えた後、ハンバーグを食べに来いって、いいえ作りに来いって言うんですよ、こんな残酷な仕打ちってありましょうか、裁判長様」

裁判長『はい、述べたいことは理解できました、ではmailmama側の弁護人、反論を』

弁護士『はい、原告かっちゃんに聞きますが、いつもの、あなたなら、[はい]と言って飛んで行ったのではありませんか?』

「・・・・・・・」

弁護士『あなたは、その日に限って、なぜ、行かなかったのですか?』

「・・・・・・・」

弁護士『では、あなたはハンバーグが嫌いなんですか?』

「いいえ、好きです、だってその日は・・・」

裁判長『かっちゃん、質問にだけ答えてください』

「は〜い」

弁護士『で、あなたはハンバーグよりマグロが食べたかったってことですね?』

「はい、そうなんです、だって・・・・」

裁判長『かっちゃん、何度も言いますが質問にだけ答えてください』

「はい」

弁護士『mailmamaもマグロが食べたかったのですが、mailmamaのお父さんがハンバーグを食べたいと言い、それに応えたmailmamaの親孝行からハンバーグとなったのです。質問を終ります』

裁判長『では、この裁判について右席判事、左席判事の意見をどうぞ』

右席判事『原告人も被告人も我が侭が原因で発生した事象と思われます』

左席判事『はい、右席判事に同意いたします』

裁判長『はい、判りました、実に馬鹿馬鹿しいことで国費を消耗したことは実に遺憾であり、ここに、原告人、被告人共に我が侭を控え、今後、お互いの意見を尊重し合う事を申し付けまして閉廷とします、あ〜アホらし』




その裁判の原因となったマグロ丼なんですが、サトウのご飯(mailmamaに貰ったの)を2パック(400g)をチンして、1パックを木製の丼鉢に入れて、少量のマグロを打ち並べたんです。

b0062927_10104357.jpg



そして、その上に残りを乗せて[中トロマグロ丼]の出来上がりです。

b0062927_11132627.jpg



結論、美味しかったのですが、中に入れたのが煮えちゃって〜味が変わっちゃった〜
今度作る時は、間に挟まないのが望ましいですね。
[PR]
by kattyan60 | 2005-11-13 11:26

丼に憧れて

昨日一日寝て暮らしました。
今日もそのつもりだったのにですよ、mailamamaからメールが来てですね。
[かっちゃん、マグロが美味しそうよ]とTVのチャンネルを指定するんです。

それで回してみると、マグロ丼が出てるじゃないですか。

それもトロですよ、トロ。

急いで支度してチャリンコに跨がり、近くの商店街へ出掛けました。

端から端まで流したけど、魚屋さんが無い、”横道かなぁ〜”と思いつつ帰り際に有ったやん、表に野菜を並べてるから気が付かなかったけど、中に魚がならんでまんねん。

ショーケースを見ると、中トロしかないんです、TVでは大トロがどっさり入ってですよ、
1万円もするんです、そんな丼は食べられないけどと思いつつ、その中トロを仕入れました。

今夜は[中トロ丼]と洒落込みますか〜   
[PR]
by kattyan60 | 2005-11-12 18:03



ヨーガをするショコラ君
以前の記事
カテゴリ
ライフログ
最新のトラックバック
[Spiritual l..
from 日曜の哲学カフェ
ホリエモンが残したもの&..
from 藤沢あゆみのやれる!ブログ
◆国勢調査の見直し。電話..
from てらまち・ねっと
そんな対応か?もう実名晒..
from [よ]TECH-PITS Y..
迷惑メール対策プロキシサ..
from [よ]TECH-PITS Y..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧