山の彼方の幸せ求め・・・

<   2005年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

木工

この暑さは、コンクリートで覆われた都会の悲しさ、温度を下げる要素が無い。
昨年まで住んでたところは、周囲の山の木々を渡ってくる風は爽やかで、はるかに涼しいものだった。
寝室でも、窓を開けておくだけで充分汗が引いたものだ。
水道のカランも結露するぐらい冷たかった。
ここではお湯かと思われるくらいで、そのまま行水に使えそうだ。

そのクソ暑いときに木工をしたんですよ。
紫檀の板を買っておいたのが役に立ったんです。
何を作ったかと申しますと、mailmamaんちのキッチン・ペーパーがアメリカ製でして、幅が30cmもあって、直径も20cmなんです。
それを彼女は高いところに、紐でぶら下げているもんだから、不細工だし、僕が背伸びしないと千切れない不自由さを解消しようと、せっせと励んだのでございます。

明日は、mailmamaと[スター・ウォーズ]を観に行く予定なので、その時でも良かったのですが、2日も逢っていないし、出掛けたついでにお伺いして取り付けさせていただきました。
それの評価=『かっちゃん、ゴミを捨てる時に頭を打つんだけど』
いいえ、僕は決して打たない良い場所なのです。

mailmama『かっちゃん、夕食は何を作る?』

僕「先日のカレーは絶品です、あれなら毎日食べても良いです」

mailmama『う〜んと、チキンでも良い?』

僕「もちろん、チキンでも豚でも牛でも、ウナギでも構いません」

mailmama『はい、これが材料ね、頑張って〜』

僕「指導をよろしく」しまった、要らん事を言っちゃったかも。

mailmama『タマネギは、こう切って、人参は微塵切りね、ニンニクはそう微塵に』

mailmama『そんで、肉を先にニンニクで炒めて、少し焦げ目をつけるのね、そしてタマネギをキツネ色になるまで炒めるの』

mailmama『いいや、その辺でかめへんわ、お腹が空いたから煮込んでちょだい、そうや、茄子が無かったんや、ちょっと走ってきて』

僕「は〜い」・・・・・・・「ただいま」

mailmama『茄子は隠し包丁を入れて、大きく切ってね、ピーマンと炒めてからドボンね』ゴシゴシゴシ(ルーが入りかき混ぜてるmailmama)

野菜たっぷりのカレーが出来上がりました、mailmamaのお皿には普段より少ないご飯に少し体調を心配しています。

食後の西瓜で満腹になり帰ってきました。
そこでmailmamaからのメール[また、カレーを食べたよ、姪が食べてるの見たら食べたくなっちゃった]良かった〜普段通りのmailmama、そうこなくっちゃ〜

これで、安心して眠れます、明日は映画だワ〜イ 早よ寝なくっちゃ〜 
[PR]
by kattyan60 | 2005-07-19 23:01

参った〜

息子の息子が遊びに来て、パソコンを弄くっているのを横目で見ていた。
『かっちゃん、何かゲーム無いのん?』と言われて[上海クラシック]を呼び出し、その方法を教えた。
暫くは揃った牌の消える音がしていたが、その内に静かになるも、そのままにしておいた。
『かっちゃん、僕な、サッカーに行かなあかんから帰るは』と言うと来た時のように、鼻歌まじりに消えて行った。

息子の息子が去った後、パソコンを覗いて驚いた、風景がすっかり変わっている。
[上海クラシック]が消え、かなりの数のアイコンが姿を消している。
これを修復するのに要した時間は膨大なものだ。
今度会ったらきっときつく言うぞ、「パソコンに触るならゲーム以外は触るなっ」って。
3歩歩くと忘れる鶏のような頭になりつつある、僕の脳に喝を入れている。

妻のみっちゃんも、生前、かなり怪しくなっていた。
二人でブックエンドのようにソファに座りテレビを観ていた時のことだった。
コマーシャルになると、立ち上がり廊下に出て少しすると戻ってきた。
ソファに座りながら『何やったんかな?』
僕「何が?」

みっちゃん『何かをしようと立ったんやけど、それが何やったのか思い出せないねん』

僕「おいおい、大丈夫か?」

みっちゃん『あっ 思い出した』といそいそと廊下に行った。

暫くすると、水が流れる音がした事でトイレだったのだと判断できた。

僕「みっちゃん、立つ前は尿意があったけど、立った瞬間に尿意が消えたんやろ? あるある、そんな事って」

みっちゃん『かっちゃんもか?』

僕「そらあるがな、何かをせんならんと思い、その部屋に行ったけど何やったか思い出せない、そんな事って時折あるで、さして逼迫(ひっぱく)したことやないから忘れるんやと思うようにしてるねん」

そう云えば、mailmamaも向こうの部屋へ行ったけど、怪訝(けげん)な顔をして戻ってきて『何をしに行ったか忘れてしもたわ』これは老いただけでなく、若い者でもあるようだからと言い聞かせてはいるが・・・・・

そうだ、今日は木工をしなくっちゃ〜   出来上がりはその内に。
[PR]
by kattyan60 | 2005-07-19 11:38

チキチンチキチン ドンドコ チキチン

朝の早よから賑やかで、寝てられない。
チキチンチキチン  ドンドコ チキチン

神輿だろうか、地車だろうか、見たいが身体が重くて起き上がれない。
地球温暖化に協力したせいだろう、一晩中エアコンが動いていた。
いつもはタイマーをセットするのに、昨夜(16日)はそれすらも忘れてたようだ。
決して忙しかったわけでもないが、mailmamaと過ごした時を思い出していて、そのまま眠ったようだ。

最近、思い出すのに暫く時間がかかるようになってしまった。
それを矯正しなければならない、そのための訓練なのだ。
mailmamaがハワイへ行く直前に映画を観た、それが何だったか思い出せない。
mailmamaは[デイ・アフター・トゥモロー]だと言う。

昨日、mailmamaから予備の冷蔵庫が故障したとメールがあって、伺った。
そこにあった冷蔵庫は歴史を刻んだもので、修理することは可能だろうけど、止すことにした。
そのお返しにと、昼食を用意してくれた。
うな丼だ、

b0062927_1122349.jpg



そしてこれがmailmamaの丼。
b0062927_11225769.jpg



食後のディザートに出てきたのがこれ。
b0062927_11243085.jpg



とても美味しゅうございました。
それに夏祭りのシーズンなんだなぁ〜
[PR]
by kattyan60 | 2005-07-18 11:30

孫の冒険

スカパーテレビのディスカバリーチャンネルを観ていた。
観ていると云うよりは、画面がボケていたから目の焦点が合っていなかったのだろう。
昼を少し回り、昼食でもと思いつつだらだらとテレビを観ていた。

ピンポーン  
慌てて手近にあった半ズボンを穿き、Tシャツを着てドァの傍に行き『ハイ}』と
応えたが返事が無くてノブがガチャガチャと動いている。
ロックを解除し、ドアを開けても誰も居ない。
『かっちゃん』その声は下から聞こえた。
息子の息子が訪ねて来たのだ。

直ぐに嫁にメールを打った[貴女の息子が来ているから心配しないように]と。
[どうせなら夕方7時までお貸しいたします]と返信が来た。

息子の家が近いとはいえ、小学校1年生のチビの行動半径にしては少し遠いかもしれない。
息子も、それを案じて、公園までとしていたそうだが、その公園と僕の家は目と鼻の距離、息子の息子は自分の判断で600m程を自転車で走ってきたのだ。
その公園と彼の家は約1Km、入り込んだ路地を抜け、危険な交差点を幾つも超えてこなければならない、それが心配だ。
逞しく日焼けした息子の息子よ、強く逞しく、優しく育ってくれろ。
お前の子供まで頑張れないかもしれない、もし頑張れたとしたらややこしい。
息子の息子に息子ができた、じゅげむじゅげむ、ごこうのす〜りきれじゃないけど、それも悪くはないか?

言葉の一口メモbyエイリアス
[PR]
by kattyan60 | 2005-07-16 22:24

息子からの電話

昼頃に息子から電話があって、近くの公園にチビが遊びに行ってるらしいと聞いた。
電話を切って直ぐに着替えて、自転車を漕いで走って行った。

「○やい」と呼ぶと、ブランコで揺れてた一つの塊が飛び降りて、こちらに向かってきた。
『かっちゃん、喉が渇いてん』 そうだろう、こんなに暑いのに、炎天下で遊んでりゃ〜喉も渇こうってもんだ。
僕「かき氷でもええか?」
『うん』 公園の目の前にあるお店へ行った、此処は以前にキィ〜コ キィ〜コと散策中に見つけた下町のタコ焼き屋さん。
息子の息子に かき氷を注文したら、何と後ろに5人の友達が並んでいるではないですか。
かき氷を追加注文してはみたものの、他所様の子供さんにもしもの事があれば困る、息子の息子が食べ終わり[みかん水]が欲しいと言う、あ〜困った、息子の息子が腹痛を起こしても困るが他所様の大事な洟垂れ小僧が、お腹を壊したら、もっと困るではないか。

心を鬼にして、事情を説明したら納得してくれた息子の息子。
今度、遊んだるから迎えに来いと言う声に送られて帰ってきました。
小学校1年生になった息子の息子、友達に紹介するのに『かっちゃんは友達やねん』だとよ。

言葉の一口メモbyエイリアス
[PR]
by kattyan60 | 2005-07-15 18:02

娘からの電話

『もしも〜し、生きてたんや、携帯に出えへんから死んだと思って一瞬喜んだのに〜』とは一部僕の創作が入っているが、娘からの電話だった。

娘が、何かの懸賞に当たったのだそうだ、電話の中身は、その懸賞の賞品が選択できるので困ってたのだそうだ。
1)i pod 20GB
2)商品券
3)?

この1と2をどうすべえって事らしい、そこで僕はまよわずi podを薦めた。
だけど、小さいチビを抱えて音楽でもなかろうと言う。
余程の事がなければ、子育てに謀殺され、金銭に少しの余裕ができた時にはチビの服に消えてしまい、i podは遠い存在となるだろうよ。


その後で、娘が怒りの出来事を思い出したらしく、声のトーンが上がった。
その事とは、上下のチビを引き連れ買い物に出掛けたそうだ、買い物が済んで、おしめなどの大きな鞄を左手に、乳母車を押し、上のチビを誘導し、婿のビールをケースで右小脇に抱えて車へと急いでいる時、
おばさん二人が寄ってきて『すいません、アンケートなんですけど』逸る気持ちに邪魔をされたが、そこは愛想の良い大阪人の生態に立ち止まり、話しを聞いてみるとボディ・スーツの宣伝だったそうな。

大阪人だと言うと諦めて消え去った後、車に乗った途端怒りが込み上げてきたのだそうだ。
写真は控えなければならないが、娘の身体に合うボディ・スーツがあるなら見せてみろと言いたい。
産後の弛んだ身体を補正するのだそうだが、娘の身体と小さな赤ちゃんを見てターゲットにされたことへの怒りなのだろう。

娘も決して放置している訳でもないのだそうだ、脇の下の肉に『あなたは、おっぱいなのよ』
お腹の肉に『あなたは、もっと上のはずでしょうに』とそれぞれの昔の定位置を教えるのだそうだ、すると場違いを察して、戻って行くのだそうだが、戻ったのは夢ではなかろうかと思う。
父としては、健康でさえあれば、おっぱいが垂れていようが、ウェストが1mを超えていようが一向に構わないと思っている。
娘よ、くれぐれも身体の健康を考え、垂れた肉を恨まないように、彼らは自然の法則に従っているだけなのだからね。

言葉の一口メモby エイリアス
[PR]
by kattyan60 | 2005-07-15 15:22

ネスケで一丁

テストなので、どうぞ通り過ぎてくださいませ。

mailmamaどうですか? 
[PR]
by kattyan60 | 2005-07-15 03:19

関東弁と関西弁

僕の娘は話術に長けている。
僕もかなりお喋りだけど、誰とでもと云う訳にはいかず、一般的な大阪人程度だと思う。
何故か大阪人は寡黙な人も居ないではなかろうが、僕がお目にかかったのは他府県の出身者だった。
大阪人には大阪固有のユーモアとウィットがあるように思われる。

仕事を受注して関東に行き、昼休みに歓談しながら食堂へ入って行ったら、ザワザワしてたのが静かになって全員がこちらを見た。
皆さんに会釈したら今度はクスクスと笑う。
後で事務員さんに聞いたら、僕達の関西弁が可笑しかったんだそうだ。
テレビで[さんま]や関西人が活躍し、それなりに関西弁も知られていても生の目前で聞いた事は数少ないのだそうだ。
喜ぶべきなんだろうか。
                       

僕が18歳の頃だったろうか、悪ガキ5人で難波から心斎橋までナンパ行をした時期があった、その時にナンパした女の子達が関東弁だったことがあり、僕達の会話でコロコロと笑ってた事があった。
その子達とは、名前は忘れたが1人前80円のお茶漬け屋で食事をしただけで、次のナンパに出掛けた。
少し遊んでいるぞって子達をナンパして[ナンバ一番]へ出掛けた。
若き[和田アキ子]や殺人罪で逮捕された[かつみしげる]が歌い、浜村純が司会をしてた、当時は皆さん若くて、僕の青春の一頁でもあった。
その頃、少し気取って関東弁を話す奴がいたが、僕は話せなかった、今もだが。

娘の話しに戻るが、娘は静岡弁を熟(こな)しているようだが僕と話しているとき※ジモチーとの会話を聞かせるときに静岡弁を教えてもらえる。
娘は自慢するようだが、器用な子で何事も完璧ではないがそこそこに片付けることができ、就職先などで重宝されたようだ。
また、ブログネタになりそうなのを聞いた時に報告しようと思います。

                       ※ジモチー=地元の人
関西弁の[まいど]に該当する関東弁って何でしょう?
前記事のレストランのURLが判りました。http://www.consolare.com/menu.html
味は飛び抜けているわけじゃないけど安いし、土曜日にはライブがあるようです。

言葉の一口メモbyエイリアス
[PR]
by kattyan60 | 2005-07-14 22:32

お〜悲しきは我が青春

僕が女性に興味を持ったのは14歳だった。
それは、義父が隠していた本を見つけた時の事だ。
その本は、[婦人雑誌]だったと思う、そこにはご婦人の性のことなどが絵入りで載っていて、子供心に火が点いたのだった。

その数年前、近くの芝居小屋が映画に押され客数が減ったと役者の息子が友達だった事で知った。
客を呼ぼうと、時代劇に入浴シーンを取り入れたりしていたが、当時の僕の琴線は微動だにしなかった。
それが、義父(母かもしれない)の雑誌が琴線に触れ、その頃から、ご婦人の胸の揺れるのにドキドキしたものだ。

エピソード1
この手にも運、不運ってのがあるようで、中学校の同級の友人と遊んでた時に、彼の部屋から隣の建物の窓が見える。
彼の部屋で遊んでた時、彼は遊びを忘れて呆然んと立ちすくんでいるので、遊びに戻るように促したら、我に返った彼は僕に言った『隣のお姉さんが着替えてた』だと。
で僕は立ち上がったが、窓には誰も居なかった。

エピソード2
もう一人の友人とは、ステレオを作っていた、少ない小遣いで部品を買い、少しづつ組み上がるのが楽しかった。
その彼が、面白いものを見に行こうと二人で自転車に乗り30分程走ると、そこは、細井川が農耕の役目が終わり、街中に流れ込んだ辺りに銭湯がある。
彼は自転車を置いて、その堤防の道を歩き出し、銭湯の横の大きな木の扉に顔をひっ付けた。
その節穴から中を覗きながら『かっちゃん、ここから女湯が見えるねん』
それを聞いた途端、一気に心臓がときめくのが判り、彼を押しのけた。
扉の向こうには、浴場の更衣室で風呂から上がった人達が汗のひくのを身体にバス・タオルを巻いて涼んでいるのが見えた、いよいよ、あのタオルを取って服を着るんだと思うと心臓が喉元まで上がってきたようだった。
『おい、かっちゃん、これなんや』と彼は足元の大きな金属の箱を指差した。  
そのハンドルを取り、持ち上げるととても重い。
『かっちゃん、これって工具がいっぱい詰まってるんやで、貰って帰ろ』と二人で持ち上げて、自転車の後ろに積んで明るいところで蓋を開けた。

それは何と編み機だった、がっかりした僕らは交番へ届けたが、返答に困った。
まさか、覗いていたとは言えず、原っぱで拾ったとだけ言った。
でも、考えてみると僕は覗いたものの、良いところ(?)は見れなかったのだ。

何とも少年かっちゃんの青春時代は不遇だったようだ。
今、この歳になって独身にならされたのも不遇なのかもしれないと自分の人生を振り返っているのです。

言葉の一口メモbyエイリアス
[PR]
by kattyan60 | 2005-07-14 10:09

僕、急いでるのです。

ちょっと、早く信号が変わらないのかなぁ〜
ここは、[まっちゃまちすじ](松屋町筋)を横切る交差点、皆さんお仕事なのでしょうね。

b0062927_2333988.jpg



僕が急いでいる訳は、映画[宇宙戦争]を観に行くのに、心が逸っているのです。
まずは、箱入りおばちゃんを迎えに行くのですが、未だ用意中だとメールが入っています。
ご婦人が出掛けるとなれば、男のように、髪を水で濡らし手櫛で2〜3回撫でて、ヒゲを剃り、顔を洗い歯を磨き、タオルでクシャクシャと拭うだけでは出発できないのですなぁ〜

遅い車をかき分け、先頭に出てアクセルを踏み込むと2000ccのエンジンは快調に回転を上げ、タイヤを軋ませると以下の車との距離が広がる。
この時のために、不便でもラゲッジルームの荷物は降ろしてあるのです。
キキキ〜

[mailmama、着いたよ]

[ごめん、後ちょっと]

[んじゃ、パンでも買っとくね]

[はい、あまりたくさんは買わないで]

そうなんです、mailmamaの体質なのでしょう、あるだけお腹に詰め込んでしまう癖(へき)があります、そうしてから『ぐるじい〜、かっちゃんのせいだからね』
二十歳を超えたら自己責任で行動しなくてはならないのが日本の法律なのです、それに腹も身の内です、自愛してくださいね。

扠(さて)、以前から見たいと思ってた[宇宙戦争]いよいよです。
b0062927_2353064.jpg



席に着いた途端、ムシャムシャ ゴクゴク ムシャムシャ
大丈夫かなぁ〜 映画が済んだら食事をするんだけど、素晴しい入れ物だよなあぁ〜
僕の倍は食べてるように思う。

映画は大昔の宇宙戦争のリメイクだと聞いてはいたが、さすがはCGなどの技術が発達しているお陰で、迫力が違う。
内容は観てのお楽しみにしてください。(良かった? う〜ん役者に助けられてるのと、人類が勝ち残った真の理由を深く考えて行くと面白いようです)

「mailmama、5時だから約束の店に行こうぜ」
b0062927_2352377.jpg



店に上がる階段に、プリティな花の寄せ植えポッド。
mailmamaの爪の大きさと比較すると、その大きさが判ろうかと思います。
mailmamaがデッカイとは云え、決して野球のグローブ大の手ではなく、あなたさまの手を見てください、多分ですがそれくらいではないかと・・・・・・
b0062927_023968.jpg


b0062927_03674.jpg



ここは2階の隅っこでもあり、店内に入るのは初めてのイタリアン・レストランです。

b0062927_072043.jpg



mailmama『まだかなぁ〜』

b0062927_012044.jpg



食事が運ばれて来たときの幸せそうな顔をお見せ出来ないのが残念です。

『かっちゃん、結構美味しいわ、当たりや』ガツガツ ツルツル ムシャムシャ

大きな皿に、サラダとトマト風味のスパゲッティにカレーライスは僕のオーダー
mailmamaのは、サラダに同じくスパゲッティと炒飯みたいなのが、それぞれ結構な量が盛ってあります。
(急いでフォークを手にしたために写真を忘れちゃった)

帰りに、先日食べた冷やしラーメンを食べに行ったのです。
二人で1人前をお願いしまして、僕が1/3を頂戴したことをmailmamaは知ってるのかなぁ〜   

映画鑑賞の1日でありましたが、満腹で眠くなってきました。おやすみ〜 コテッ

言葉の一口メモbyエイリアス
[PR]
by kattyan60 | 2005-07-13 00:31



ヨーガをするショコラ君