山の彼方の幸せ求め・・・

<   2005年 06月 ( 36 )   > この月の画像一覧

クロエさんからバトンを

Musical Baton
メルボルン便りのクロエさんから、バトンをいただき、音楽について語れって。

まず、僕が音楽に親しんだのは小学校の頃、春日八郎の[お富さん]や三橋美智也の歌謡曲が全盛だった頃だろう。
否、住吉神社で聴いた灰田勝彦の[ハワイ航路]否[上海帰りのリル]だったか。
その当時は手巻きの蓄音機でSP盤に金属針で聴くのが主流だった。
それを思えば何と良い時代なんだろう。
ipodに約1000曲入っていて、雑音も無く、クォリティの高い音で楽しんでいる。

思い入れの5曲
ホテル・カルフォニア
精霊流し
ケメ子の歌
北風
プリティ・ウォーマン

よく聴く曲
イーグルスの[ホテル・カルフォニア]
Pat・Benatar=アイ・ニード・ア・ラバー
Johnny・Horton=ザ・バトル・オブ・ニュー・アラスカ他
クェンティン・タランティーノ・コネクションより全16曲。
映画キルビルの中で、入院中のヒロインを殺しにきた姉ちゃんが吹いてた口笛も印象的だった。ピーピピピー
Enyaの全曲
テンガロン・ハットの素敵なお姉さん、Danny・Leigh

日本の曲=押尾コータロー(昔、彼がブレイクする前に鄙びたライブ・ハウスで見た時に仕入れたCD)
etc

最近買ったCD=音の風景のroseappleさんのMeditation(瞑想)First albumをゲット
彼女は作曲もされているようで、その曲の柔らかい音色に人柄が偲ばれる素敵な1枚です。(レコード店には無くて直販だけど)

音楽談義をしだしたら、誰しもが半日では語り尽くせないのではないでしょうか?
今日はこの辺で勘弁しておきましょう。

追伸
すいません、詳細を無視していますね。 m(ーー)m
理由=itunesの本体が行方不明(外付けのHDに移した時に変成したようです)
[PR]
by kattyan60 | 2005-06-17 21:25

お二人に感謝

この日は朝から雨が降っていた。
その雨が昼頃にはあがり、空気がドンヨリしているものの遠くまで見えてる。
あれは、二上山(大阪では、にじょうざん、古くはふたかみやまと称す)

b0062927_9191577.jpg



昨日、自転車でスーパー捜しの旅行へ出掛けた。

エイリアス『お前は馬鹿か、自転車でスーパーを捜すのに旅行ってか? 近所のママ達は
普通にしてるこっちゃないかい』

僕「何云うてまんねん、僕が自転車に乗るって大変なんだからね、旅行で良いの」

エイリアス『お前の頭の中を一回覗いてみたいわ』

2Km程のところに、小さなスーパーを見つけました、学校の教室が2つくらいでしょうか、結構人でごった返しています。

エイリアス『おっ イチゴや、どう/もう一回ジャムなんて』
今年、最後かもしれません。


b0062927_9282087.jpg


そうだ、sayeさんバージョンのミートスパゲッティ、りりぃさんも5月22日に作ってくださった。
そのレシピを携帯電話に入れてきたけど、月桂樹の葉が無い、セロリも無いやんか。
それは兎も角、作り方を見たいのに、エキサイトさんがメンテナンスだって閉鎖してまんがな。

まぁ何とか、うる覚えながら形にはなったみたい、いつものスパゲッティよりはこれがええかもしれない、賞味期限はっと [2004年4月?]大丈夫かなぁ〜

エイリアス『大丈夫や、お前の胃袋は腐敗菌まで消化してしまう、毒素も栄養になるやろ』

 
b0062927_9325517.jpg



[きしめん]みたいなスパゲッティ、これで作ってみました。
※きしめん=紀州麺が訛ったそうです。

とろけるチーズが無いさかいクリームチーズを麺に乗せました、そして上に粉チーズ。
朝から西瓜を食べただけやから、たくさん食べよ〜っと。


b0062927_9402661.jpg



秘め事
[PR]
by kattyan60 | 2005-06-17 10:03 | 食を語る

ホーム・パーティー

mailmamaの頭の中は、今月入籍を済ませた息子さんがハワイで式を挙げる事でいっぱい、否自分がハワイへ行ける事でいっぱいって云うのが正解、着る服、履く靴に持つバッグなどに腐心しています。(総てブランド物っで買い揃えました)

また、ハワイ見物の時の服や靴などにも気が行ってしまってて、もう大変なんです。
式を挙げる本人さん達からはハワイの話しは出ないのに〜

今日、午後にmailmamaの家に着きまして、今夜の夕食の話しをしていても、mailmamaの目が泳いでる。
式を挙げる当人さん達よリ1日早くハワイ入りする事でお判りでしょう?

現地で、昨年来日していたmailmamaのお姉さんや姪御さんと合流し、遊び回るのが目的みたいでして、ついでに息子さんの式に参列しようか、などと不届きなmamaなのであります。

エイリアス『イヤァ〜知らんで〜mailmamaに蹴飛ばされるのお前やからね』

僕「大丈夫や、目は読んでても頭の中はフラダンスを観たりダイアモンド・ヘッドに登ったり、ショッピングしてるはずや、気付けへんて、黙っときや」

エイリアス『そんなん責任持たれへん、俺って口が軽いから、mailmama〜〜』

mailmamaの自転車を借りて、スーパーへ出掛けました。
mailmama『かっちゃん、シートの高さを低くしても良いよ』
バカを云っちゃ困るね、タイヤが2個の物は自転車であれバイクであれ、任せなさ〜い。
自慢じゃないが、自慢なのは、ハーレー・ダビッドソンの360Kg/重って一番デカイのを乗り回してたんですぜ、自転車だってバイクだってバランスの問題よ、左を見て右を見てクラッっと来る事以外は問題無いさ。

エイリアス『おい、それって危ないんちゃうんか、クラッっと来たら振ら付くやろが?』

僕「大丈夫、そんな時はバイクのアクセルをグイッっと開けるとバイクは真っ直ぐ立つのさ、チャリンコだってペダルを少しグイッっと漕げばどうってことおまへん、それが証拠に無事に帰って来てる」

エイリアス『怖〜』

刺身のブロックを買いました、手巻き寿司が食べたいと考えたからなんです。
写真を忘れたのは僕がホストになって、mailmamaお姉さん、姪御さん、息子さん夫婦にmailmamaと僕のホーム・パーティーとなったからであります。
溶き卵と三つ葉だけの、すまし汁も作りました。

エイリアス『こらっ、調子のええ事云うな、溶き卵は姪御さんに頼んでたやんけ』

僕「ちゃうやろ、姪御さんにも参加させてあげたんやないか、そやないと遠慮するやんか」

mailmama『かっちゃん、この刺身の切り方おかしいで、手巻きなんやから短冊に切らな』

そうでした、何と刺身用に切り分けてしまったのであります、聞いた時点でウナギと烏賊だけは短冊にしたんです。

ウナギ(食べる直前にガスであぶりました)
マグロの赤味(中トロは肉汁がいっぱい出てて品物が悪くて買わなかった)
烏賊
ヒラメ
筋子
ウニ
タコ
カンパチ


鰹のたたき
キュウリ&もろみ
納豆(息子さんの嫁さんは食べた事がなかったのを、全員で食べさせたって虐め?)
酢飯はmailmamaの担当でして、お姉さんはビール数本を片手に現れました、飲めない私もコップに、2.3cm入れてもらい一気飲みしましたぞ。ウィ〜

6人でワイワイ、ガヤガヤと・・・・・あれっ僕だけが他人だったわ、なのに親戚みたいに大きな顔をしてホスト役をしている。



食後の汚れた食器の量も半端ではおまへん、よっしゃ頑張りまっせ〜
『あの〜私にも手伝わさせてください』と息子さんのお嫁さん。
良い子だ、姑さんのmailamamaも純粋な心を持った人だから、きっと仲良くなるだろう。
mailmamaが純粋だって事は、人を騙すことが出来ない、良いに付け悪いにつけ嘘がつけない人なのだ、子供と同じでして『かっちゃん、頭が薄いよ』『かっちゃんってチビだね』って出会って、そう日が経たない時に言います?
でもそんなmailmamaの純粋さは大事にして欲しいと思います。
息子さん夫婦が帰って行き、お姉さん親子も帰り、後片付けも終わり、mailmamaに
おやすみを言ってお別れをし、家路についた僕は満足感でいっぱいになっています。
電車の中でイヤホンから流れる[ワム]や[イーグルス]も心地良い、ヤッシャハイフェッツの[チゴイネルワイゼン]も僕にはポップスに聞こえてくるから不思議だ。
食事はやはり大勢で食べると美味しいものであります。

娘よ、今夜は食卓も人数も豪華だったろう? 

エイリアス『娘さん、こいつの顔は緩みっぱなしでしたぜ、シワだらけの顔をクシャクシャにしてさ、まぁこいつが幸せなら、俺も嬉しいってもんだ、アンタもだろ?』

巧い解凍方法
[PR]
by kattyan60 | 2005-06-13 00:32

神戸〜中華街? 

仕事だ仕事、友達の旧宅を売却した際、改装したのを手直しに行ったのであります。
仕事が済んで、ドライブに行こうと思い立った僕は、神戸の中華街をナビでセットしようとしたが出て来ない、なんでやねん。
と車を停めて調べてたら人が多いなぁ、此処は何処でしょう?



b0062927_0111679.jpg




日本名物の交番所へ飛び込みましたらですね、[中華街]ではなくて[南京町]と云うそうです。

エイリアス『このナビはアホや、南京町でないと呼び出されへん、融通の利かんやっちゃ、
そういや、えらい遠回りさせられるのはしょっちゅうやしな』

僕「まぁ、多少は仕方ないよ、何せ三菱製やからね」

b0062927_0125621.jpg



車を停めて、通りへ入るとそこは華僑の香りがいたします。
b0062927_0151247.jpg



mailmamaに電話をかけたけど出て来ない。
また目から火が出る程叱られるかもしれないが、ままよ、買っちゃえ。
このラーメン屋さんは立ち食いで、左の女高生達が賑やかに食べてるのです、ダイエットとは縁がない子達なんでしょうか。
このお店で、団子3種

b0062927_0174796.jpg

b0062927_020975.jpg



そして何か判らんもんです、中に豚の角煮とザーサイだそうです。
b0062927_0221656.jpg



勿論、最大の目的は豚まんなのであります。
b0062927_0235161.jpg



エイリアス『お腹が空いて、もうあかん、何か食べさせろや』

僕「へぇ、よろしおます、こんなとこでどうだす?」

エイリアス『いや、結構結構』



b0062927_0261571.jpg



皆さん、聞いてください、冷麺定食には炒飯とこの冷麺が付いて750円です。
ところが単品で頼んでも750円、隣のテーブルのmailmama似の奥様が定食なんだけど、まったく同じなんです、でもよく入るなぁ〜 
この辺が華僑商魂なのでありましょうか、店員のお姉さんは最近日本へ来たのでしょうか、「お茶をください」『何?』と返事されるのですが笑顔だから腹も立たない、むしろ可愛い。

b0062927_032254.jpg



エイリアス『おい、mailmamaのとこへ行くんか?』

僕「うん、豚まんを配達するねん、それからこの団子も」

エイリアス『おい、見てみ、あの看板行ってみよや』

僕「あかん、mailamamaがお腹空かして待ってるんや」

エイリアス『アホ、あの人がお腹空かして我慢するわけないやろ、何か摘んでるに決まってる』

僕「そうかな〜 水を飲んで待ってるてメールが来てるんやで」

エイリアス『まぁ、好きなようにせえや』
幸せになりたい方は行ってみると良いでしょう。

b0062927_0394293.jpg



明日が美味しいかも
[PR]
by kattyan60 | 2005-06-12 00:56 | 食を語る

予定は未定

今日の昼頃に僕は考えた。
お風呂に入り、散髪に行って、男前を上げてから映画へ行き、帰りに天ぷらを食べるぞ。

エイリアス『サンセ〜イ』

はい、浴室でシャワーを浴び、ヒゲも綺麗に剃りました。
暑いので、クーラーをかけて、身体を冷やしてから服を着ようとベッドで横になった。
風が冷たくて火照った身体に気持ち良い・・・・・グ〜グ〜

目が覚めたのは4時を回っていた。

エイリアス『勘弁してよ、天ぷらは? 映画は?』

僕「ごめん、予定は未定や、明日か明後日にしよ」

エイリアス『昨日の夕食何やったか覚えてるか?』

僕「そら覚えてるがな、ほれ、あれやあれ、え〜っと・・・・そやマクドナルド」

エイリアス『ピンポーン、今日はちゃんと食べさせてや』

僕「解った、作るわ」

僕「こんなとこで、どうかな?」

エイリアス『袋に入ったミートソースやんか、芸の無いやっちゃ』

僕「そこに、松の実とマッシュルームやろオリーブにレタスとトマトを入れてるやんか」

エイリアス『何じゃこれ、オリーブあかん、傷んでるがな、腐ってるで』

b0062927_20354694.jpg



結局、映画はTVで我慢しとこ

映画は
[PR]
by kattyan60 | 2005-06-10 20:48

ボケたらどうしよう

此処に越してきて1年と少々。
幻覚を見ないようになった、墓参りをしないのは、遺骨が僕の手元にあるからだ。

以前妻と暮らした家を離れる時は、少し抵抗があった。
何故かと云えば、玄関を開けた時に妻の『お帰り〜』の声が聞けなくなると思ったからだ。
妻はよくできた女だった、僕の物欲を優先させていた、物欲と云っても物が欲しい訳じゃなくって
旅をしたかった、妻に「何処かへ行こうよ」と云うと妻は温泉地とかを探し出す。
白浜ぐらいは近過ぎると云うのは妻の方で、片道400Kmを超えないと旅とは思わないようだった。

その妻が恐れてたのはボケる事だった、そして寝たきりや要介護はごめんだとも言った。
介護は僕がするから遠慮なくなっていいよと伝えたが、どう受け取っただろう。

独り住まいを初めて3年程が経過し、この先、ボケ、痴呆が来たら僕は楽かもしれない。
だが娘や息子は困るだろう、慌てるだろう、そして誰が引き取るかで揉めるかもしれない。
そんな揉め事をさせないためにも、いつまでも元気で居らねばならない。
そして或る日、突然にお迎えが来るってのが望ましい。

物忘れが少々増えたようだが、え〜っとと云う相手が居ないのはボケないで済むかもしれない。
昔から僕はメモを取らない、営業日誌は書いてたが、それはお得意先との諍い(いさかい)を防ぐためで
あって、後で言った言わないを防止するために、お客様の前で書き込み、時にサインを貰う。

金銭の動きなど、頭に入れてたが法人にし社員が増えるとそうも行かず、妻に雑多な仕事を以来していた。
仕事を辞め、日々ホケ〜っと暮らしているからボケが早いかもしれないと最近危惧している。

娘や息子へ、ボケたらごめんね。そうなったら捨てても良いよ、名前が判らないようにして、大阪を離し、富士の樹海などへ水だけ持たせてくれれば良い。
そうなったら、多分ターザンのようになるだろう。 アッアア〜    (何か暗いなぁ〜)
[PR]
by kattyan60 | 2005-06-10 01:00 | 山の彼方の空遠く

長くなってしまった時間

トイレに本を置いてある。
僕はフィクションは読まないのだが、いつだったか、付き合ってた若い子からプレゼント
されたものだ。
長い間忘れてたが、片付けをしてた時に出てきたのを何気なくトイレに置いておいた。

その本にさして興味もなかったのでそのままになっていた、座っている間の時間だからと本を取り上げた。
その日からトイレタイムが長くなってしまった。


[PR]
by kattyan60 | 2005-06-09 23:20

キィ〜コ キィ〜コ

mailmamaの甥御さんから貰った自転車。
前の家に居てる時に自転車と車を交換した事があり、ハーレー・ダビッドソン印の新車の自転車を意気揚々と積んで帰った。
そして、家で試乗して気付いたのは家の周囲は坂だらけだったんです。
その試乗を最後にリビングの飾り物と化した自転車は数日の後、7階の娘さんの塾通い車となった。

お得意さんへ行くぞ〜
エイリアス『おいおい、歳を考えろよ、お得意さんまではたっぷりあるぜ、途中で何かあってもオラ知らねぇかんね』



キィ〜コ キィ〜コ キィ〜コ

 
半分程来たところで後悔した、もう足の筋肉がとても熱い。

僕「マイド〜今日は自転車で来たよ」

お客さん『かっちゃん、大丈夫かいな、チェーンが錆てる、これあげるよ』
機械用の特殊なオイルをもらっちゃった〜 帰りは軽い、楽チン楽チン

b0062927_16314229.jpg



家の前を通り過ぎ、ご近所散策しよう。(此処は大阪の近鉄今里駅前商店街です)


b0062927_16355431.jpg



美味しそうなパン屋さんを見つけました。
食パンにサンドイッチとカレーパンを買った、これで夕食は決まり。

b0062927_16402095.jpg



おっ 何か懐かしい雰囲気ですぞ。

b0062927_16415442.jpg



僕「お姉さん、タコ焼きとイカ焼きください」

お姉さん『はい、ちょっとおまっち』

僕「それは何ですか?」

お姉さん『これはタマセンって言うんです』ニコッ 
レシピは卵焼きを煎餅に乗せ、トンカツソースを塗ってから[天カス]を乗せ
パキッっと半分に折って出来上がり。
(僕のブログに載せたいと言ったら、わざわざ差し出してくれた、優しいおねえさん、
だけど、グログを知らないんだってさ)
タコ焼き4つ100円×2、イカ焼き1枚卵入りで200円=計400円

b0062927_16442022.jpg



子供『おねえちゃん、タコ焼き100円ちょうだい、みかん水と』
待っている間にも数人の子供達が出入りし、見ていても飽きないんです、みんな奢って
やりたい。

b0062927_16473241.jpg



思えば遠くへきたもんだ、車だと停まれないところも下町の雰囲気を味わえる。
さぁ帰ってタコ焼きを食べようぞ。

エイリアス『やっと食い物にありつけるぞ、早く帰ってくれよ』

僕「あ〜判ってる、だけどさっき昼食を食べたやろ?」

エイリアス『お客さんと一緒じゃ食べた気がしないぜ』

僕「何言ってんだか、鳥肉団子をみんな食べたくせによ」

タマセンを食べてる少年が後15年もすると、懐かしく思うんだろうなぁ〜
オット、ソースが・・・・・ペロッ


b0062927_165431.jpg



散策の帰り道
[PR]
by kattyan60 | 2005-06-08 17:10

日記の途中で寝てしまった

昨夜は、記事の途中で眠くて仕上げられませんでした。

エイリアス『おいっ どこか具合が悪いんちゃうか、宵っ張りのお前がどうしたんや?』

前からmailmamaから聞いてた換気扇の掃除をしたんです、否、僕の綺麗好きと出しゃばりがムクムクと起き上がり、辞めろと云うのも聞かずに外したレンジフード。
これは20年来外したことがないそうだ、普通は外して掃除するもんでもないんですが、そこは元電気屋ですから、設置する逆をすればいいだけなんです。
mailmamaんちのはステンレス製の特注品です、塗料が剥げる心配もなく洗浄できるので目視検査だけはしてあった。

外してみると、背の高いmailmamaだから手もデッカイ、故に入らないところには20年の油煙に晒されていたのであります。
がしかし、mailmamaは言いました『かっちゃんが炊事し油物が多いから換気扇も汚れたんだからね」



かっちゃんが汚した〜

ネジを3本外すと簡単に外れまして、お風呂場で20年の油煙を洗浄、装着時にですぞ、僕はキッチンの上に登ってるのに、背の高い人は椅子にも登らず、そのままで押さえてる、背伸びしてるんやろと下を見てもその様子はない。

昔、聞いた事がある[大男、総身に知恵が周りかね][住吉神社の灯籠の油差しぐらい]と背の高い人に賢い人は居ないって事を言った、ぐらい小さい人が主流だったんでしょう。(多分、江戸後期から昭和の初期頃の話しかもしれません)

『かっちゃん、夕飯作っとくね、好き焼きなんだけど、どう?』
エッ 僕は夕べ好き焼きだったんだぜ、しかも朝に腐っては大変だと火にかけてたら電話が鳴って、話してる時に変な臭い、アチャ〜
そんな経緯があるから[好き焼き]でない方が嬉しいんですと伝えました。

mailmama『私は好き焼きが食べたいから』


b0062927_11163081.jpg



逆らってはいけません、好き焼きはご馳走です。
書いて字のごとく、そのご馳走をいただくために馬で走って帰る程の物。
『かっちゃんは、牛丼にしたよ』
エッ 何とお優しいことでしょう、一つ作るのも面倒なのに2つも(号泣)
mailmamaが用意してた野菜を僕は炒めながら、そうだスープにしようと思い立ちましてコンソメと塩胡椒で味付け、丼にスープ、食に保守的な国もあるだろうに、日本人で良かった〜 (政府の馬鹿共、国民は頑張ってるんだぞ)

 
b0062927_11231945.jpg



mailmama、お昼ご飯に夕食をご馳走さまでした。 しまった、チョコを食べ忘れた、置いておいてね。
[PR]
by kattyan60 | 2005-06-07 11:26

人の心の不思議

人が生を受け、知識が付いてきて、自分が構築されてくると色んな不都合も同時に出て来るように思う。
子供の心を持っていると空を飛べたり、妖精にも出会えたはずなのに。

僕の母は、僕を41歳で産んで、僕が20歳になった時に今の僕と同じ歳だった。
17歳の頃、小さくなった母を想い、寝入った母の呼吸を毎夜確認していた。
その頃、[虎は死して皮残し、人は死して名を遺す]と云う一節が妙に頭に残り、自分の行く末を思い描いたものだった。
時に、未だ見ぬ嫁さんや子供がどんな顔なんだろうとも夢みたものだった。
嫁さんに会えるにはその日から7年を待たねばならない。

死して名を遺す、この言葉を知ったのは坂本龍馬を読んだのか、吉田松陰だったのか
定かではないが、名を遺すことの難しさを肌で感じていた。
或る日、同じ歳の青年が新聞に大きく取り上げられる事件があった。
山口音弥が浅沼氏を刺した事件は、その瞬間が放映されたから今も生々しい。
[恐ろしや17歳]は当時流行った[悲しき17歳](ケーシー・リンデン)の歌を、もじったのだろうか、名を残した青年の話し。

死して名を遺すと云う願望もさることながら、死後の世界を色んな形で描かれている。
地獄、極楽、輪廻転生、なども人の願望から産まれたものだろう。
この世で善行を積んだ人は極楽へ行けて、悪行を積んだものは地獄で火に焼かれ、何度も死の苦しみを味わうのだそうだ。

それらが人間の夢想から産まれたものであったとしても、確認の術がない限り、それを
信じて善行を行うことがよろしい。

輪廻転生については、僕の幼い脳細胞では理解できず、信じていなかった。
ところが、妻が去ってから娘が懐妊した、きっとその子は生まれ代わりだろうと娘に伝えた、そして妻の不幸だった子供時代を埋めて余る程に幸せにしてやって欲しいと付け加えた。

タイトルの意味は、毎日同じように、ご機嫌麗しくありたいと願いながらも、時に打ちひしがれてしまう時がある。
願望は今日の天気のように毎日が明るくありたいと切に願うのに・・・・・

辛く苦しい事が多いと笑顔が消え心を閉じてしまう。
山の彼方の空遠くにあるであろう幸せのみを考えて辛く苦しい日々を乗り越えたいものだと鏡を見、笑顔を作る。

乱文になりました。
[PR]
by kattyan60 | 2005-06-06 10:44



ヨーガをするショコラ君