山の彼方の幸せ求め・・・

<   2005年 04月 ( 66 )   > この月の画像一覧

食の博覧会をリポート2

眠いですから、簡単に進行しますぞ。

mailmamaはどんどん先へ行きます、ちょっと見たいんだけどなぁ〜
フランス製ならマコ姐さんも知っているかもしれない、mama〜何処だ〜


b0062927_13345393.jpg



まさか、此処には居ないよなぁ〜

b0062927_13371959.jpg



此処かな? 此処で試飲してるのかな?
めっけ、やっぱり此処で試飲してたのかいな。
酒臭さ〜 心なしか足下が振らついてない? (フィクションであります、これくらいで酔うような、軟弱な肝臓ではないようでございます)

b0062927_13384276.jpg



パエリアかな?
数メートルのフライパンです。(此処は待ってられないからパス)
とまぁ簡単ですな、後は現地で堪能してください。
真剣に回ると、1日では無理だと思いますよ。




b0062927_13441486.jpg


[PR]
by kattyan60 | 2005-04-30 13:46 | 食を語る

真似しごんぼ

流れる文字
僕もまた頂き〜  迷子になった僕を想定。


mailmamaや〜い


           何処へ行ったんや〜

[PR]
by kattyan60 | 2005-04-30 03:57 | 親友

食の博覧会をリポート

大阪に南港と言うところがあり、四国、九州へのフェリーが発着する。
今そこで、食の博覧会なるものが開催されている、さ〜すが[喰い道楽]の大阪でんなぁ。

「ヤッホーmailmama、食の博覧会へ行こうぜ」と声を掛けたのは午後2時頃だった。
『こんな時間で大丈夫かな?』とmailmama。

朝から行けば、かなりの処を回れるだろうが、後が疲れる事は必至。
『肩が痛い、背中が痛い、腰が足が痛い、かっちゃんのせいやからね』とまた叱られるのだろうから、数回に分けて午後から出掛けるのが望ましいと踏んだ。

南港北へ到着いたしました。

此処が入り口ゲートなんです、チケット大人1800円なんですが、切符販売所の前に
おっちゃんが居て『よろしければこれを使ってください、300円安くなりますよ』
とのことで遠慮なく頂戴つかまつる、二人だと600円も安くなる。
要は、何処かの企業の方で、使うとメリットがあるようなんです、良い事をしたと
かっちゃんは思ったのであります。


b0062927_0582495.jpg




















入り口の真ん中に高さ4m程もあるドラゴン、これで中国、韓国であろうと知れる。




b0062927_1412070.jpg




僕「ちょっと〜待ってぇな、僕の歩幅は小さいんだから〜」


mama『フカヒレもいつでも食べれるし〜後で美味しい物があったら残念やから』と
申されまして、[普段食べれる物は後回し]をキャッチ・フレーズに広い会場をさまようことと相成りました。

b0062927_1423816.jpg



僕「暑いから、アイスでも買うよ」と思った前にアイス屋さん。
僕「抹茶アイスを1つください」
店員さん『スプーンの代わりに八つ橋を付けています』ニコッ
僕「え〜1つ?」
店員さんは後ろのmailmamaを見て『はい、どうぞ』ニコッ
僕「ありがとう、グラ〜シャス、おおきにね」
そこで、mailmamaが先に食べますね、残ったら僕に回ってきます。
それで、mailmamaの嗜好が判ります、残りが多ければペケ、残りが少ないとグ〜
追加で貰った八つ橋を舐めながら、ひたすら待つ僕なのであります。(まだかなぁ〜)



b0062927_144317.jpg




mailmama『かっちゃん、次行くよ』と先へ進む。
まぁ何だけどね、そこにも、あそこにも、アベックがさ、手を繋いでさ、仲良く見て歩いてるのにさ、僕達はさ、mailmamaがさ、先に歩いてさ、僕は荷物を持ってさ、後ろからチョコチョコ着いて行くのさ、嫌じゃないけど、たまにはさ、恋人の真似でもしてくれてもさ、良いと思うんだけどね。拗ねてる訳じゃないけどさ・・・ショッボン

[ホタルの光]の音楽が流れ出した、もう直ぐ閉館の6時です。
恋人同士ならば、これからがトワィライト・タイムでロマンティックなんですが、そこはおじさん、おばさんであります、お家へレッツ・ゴー

たまにはさ、海も目の前だしさ、二人肩を並べてさ、耳元で低い声でさ、
「夕日の沈む海って素敵だね」とか言ってさ、肩を抱き寄せてさ。
何て雰囲気にならないのよね、どうして? 

mailamama『かっちゃん、帰るよ〜』
僕「ハ〜〜イ」   

最終に、最初の館に急いで戻り、韓国料理のお好み焼きを2枚ゲットしました。
1枚300円のところ、最終なので2枚で500円。

mailmama、アンタは偉い!


mailmamaん家でお土産を開き、半分づつにいたしました。

b0062927_1461155.jpg



チケット&パンフレット



b0062927_1583664.jpg



mailmamaの家を出たところに咲いていた、[何で満開やねん、僕はちょっと寂しいねんぞ、mamaに言っといてくれます/、たまには手ぐらい繋いだれって]

b0062927_204982.jpg



僕「あまり細かく写真を載せていないのは、行ける方の楽しみを取ってはとの心遣いであります」

エイリアス『フンッ ええ格好すんなや、mailmamaの後ろを着いて歩くだけで必死やったくせによ』

僕「シ〜 読んでる人には解れへんやろ/ 小さい声にしといてぇ〜な」

独りになって
[PR]
by kattyan60 | 2005-04-30 02:28 | 食を語る

山の彼方の空遠く

今日は、少し家内の事を思い出している。
僕にとっての みっちゃんは優しくもあり頑固者で賢い女性だったと思う。

仕事から帰って来ると、新聞の記事を説明してくれる、そして批評もちゃんとする。
日経を取っていたから三面記事的なことが少なく、企業の話しが多い。
どこの会社がこんな新製品を出したとか、株が下がったとか上がったとかが多い。
そうする事で、僕のお尻を叩いていたんだろう。

年に何度か娘の家に独りで出掛けた。
数日後、帰って来たら無口なはずのみっちゃんは子供のように話し出す。
道中の行儀の良い車の話し、行儀の悪い車に頭に来た話し。
何処にも停まらず400Kmを一気に帰ってきたとか、娘と美容院に行ったとか、
ドライブに行ったとか言いながら何処か寂しそうだった。

結婚式のあと車で新婚旅行に出掛けた、予約も予定も無くさまよった。
それから、二人に子供が出来ても家族で毎週のようにドライブに出掛けた。
奈良、京都、和歌山に三重とか滋賀へである。
奈良の明日香村へは毎週出掛けたもんだ。
お弁当を持って行くから貧乏旅行で、毎週出掛けても負担は無い、ガソリンは会社で負担してくれていたからだ。(安い給料でも良いところもあるんよね)

九州も何度も訪ねた、会社勤めの頃は旅館やホテルに泊まったことがない。
もっぱらテントを張るか車の中で寝る。
ホテルや旅館へ泊まるようになったのは晩年のことで、みっちゃんは電車でのんびり
した旅も良いだろうねと言ったが、荷物を持ってウロウロする事を考えると、やはり車になってしまう、結局果たせずじまいで少し心残りではあるが。
二人で略、日本中を走ったのではなかろうか、青森の北端も九州の南端もクリアした。

[もしも]は無いとは判ってはいても、還れるものなら当時にもう一度・・・・・

気を取り直して買い物に出掛けよう。
[PR]
by kattyan60 | 2005-04-28 14:46 | 幸せの定義

凄い格好ええやんか?

mailmamaええなぁ〜こんなレタリングが出来るなんて[ツキノワグマ]さんて鉄人やね。

書く技術もさることながら、センス、感性の問題やわ。

僕は真似しかでけん。

mailmama良かったね?
[PR]
by kattyan60 | 2005-04-27 21:48 | カテゴリーに入らない話

今日も肉かいな

エイリアス『おい、かっちゃん、メールやで誰からや?』

僕「ほいほい、ああ娘やは、何 何?電話しろってか/」

僕「もしも〜し、かっちゃんですが、産まれそうなんか?」

娘『ちゃうちゃう、今日のレンコンと海老の揚げ物のレシピやがな、うちの電話代の余裕が無いさかいにね、月末になると使い切ってしまってん』

そうだね、お前が電話をしてくると1時間は話してるよな。
僕は、娘と話すのが昔から好きなんだが、娘が高校生ぐらいだったろうか、世間並みに
[汚いおっさん]になった時期があったそうな。
そんな時は洗濯物も別に洗えと妻に要求したと云う、けれど妻は頑固だったから、こう
言ったそうな、『あんたね、誰に学校へ行かせてもらってるの、ご飯だってお父さんが居てるからやねんからね』と受け付けなかったとか。 エッヘン

エイリアス『今頃威張ってどうすんねん、アホッ』

僕「・・・・・」ショボン

その娘に今夜のメニューの相談をした、肉と野菜をどうすべぇと。

娘『肉と野菜を炒めてな/ タレを作るねん、醤油と味醂を同量にし、胡椒とニンニクを入れるねん、それで一煮立ちしたらええわ』

娘に教えられた通りにしました。



肉が230gにキャベツが1/4でしょ/ タマネギが半分。

b0062927_2111017.jpg



b0062927_2121680.jpg



炒め上がりましたよ。

b0062927_2142246.jpg



エイリアス『タレの味はどうよ』

僕「う〜〜ん、僕は、野菜にはポン酢か、エバラの甘いのが好きかもしれん、肉は美味しいわ」

エイリアス『ところで、これ全部食べるんかいな?』

僕「そらそうや、ご飯が無いからこれぐらい入るんちゃうか」

エイリアス『無茶苦茶やなぁ〜主食が無い夕食なんて聞いた事無いわ』

僕「無いもん言うたかてしゃ〜ないやんか、パンは明日に置いときたいねんから」

b0062927_21125128.jpg



ご馳走さまでした。 シーハーシーハー

僕「シーハーで思い出した、南極の越冬隊へ行った人が食後に歯をシーハーってやっただけで、殺したいぐらい腹が立つそうな、それで二年目から高級なダッチワイフを積んだそうやで、そしたらそんな事が無くなったそうや、人間て単純と言うか面倒やと言うか」

エイリアス『もしかして、税金で買ったんか、そのダッチ嫁さん』

僕「そらそうやろ、何でも1体が百万もしたとか言う話しを聞いたことがあるわ」

エイリアス『お前、それ欲しいんやろ〜、白状せえや』

僕「アホなこと、僕は愛されたいだけや」

エイリアス『へっへ〜ん、顔が赤こうなってる、こいつ助平やからなぁ〜』

僕「そら、男は皆そうや、助平で無かった方が変や、きっとその人は病気なんや」

僕「満腹や〜」

娘よ、作ったで、今度は今日教えてもろたのに挑戦してみます。
あれは、誰が何と云うても美味しい、いくらでも食べられるなぁ。

メモしとこ
[PR]
by kattyan60 | 2005-04-27 21:36 | 食を語る

高齢のご夫婦

今日、ご近所の小さなお店にジュースを買いに行った。

小銭が無いので自動販売機を見過ごし、お店に入ると高齢のお爺さんが出て来た。

僕「これと、これとください」と合計で1080円の買い物に一万円札を出した。

するとお爺ちゃんは千円札の束、多分一万円に数えてあるんだろう。

お爺ちゃん『一枚二枚・・・・九枚と、三百え〜っと』

おっと、そりゃ〜貰い過ぎだわ「お爺ちゃん、お釣りが多いですよ、千円返します、
それと後九百二十円なんですけどね」

するとおばあさんが出て来て『すいませんね、アンタ店番もでけへんのんかいなアホッ

黄色い声が老いて、しわがれているがかなりの声量で叱り飛ばす。
聞き苦しいなぁ、僕が帰ってからならば何を言っても構わないが、普段からこうなんだろうなぁ〜 お爺ちゃん頑張ってね (※どうも判官びいきになりますね)

ジュースを買って帰り、パソコンの前に座ると眠くなってきたんですね。
今朝の未明までジャムを作ってたからなぁ〜 さぁちょっと寝よ

※判官びいき=源義経を薄命な英雄として愛惜し同情すること。転じて弱者に対する第三者の同情や贔屓(ひいき)[源 九郎判官義経]
[PR]
by kattyan60 | 2005-04-27 13:25 | カテゴリーに入らない話

またまた

朝市にも春が来た。

マココッテさんが市場で見つけられたイチゴがこんな風に販売されているって良いですねぇ〜
一昨日、大阪城(僕の記事)(大阪城サイト)へ行った後、mailmamaからのニュースで新しいスーパーができて安売りしてると教わって出掛けたのであります。(もう主婦真っ盛り中なのであります)
そこで見つけたイチゴ、食べるには少し小振りなのが、何と1パック248円。

そうだ、1回目のジャムはmailmamaに2回目は孫に、そこで気付いたが僕のが無いじゃないか。
大量に購入しても鍋は娘の家に送ってしまったから、2パックにしとこ。

夜、ベッドに入った頃はイチゴの事をすっかり忘れていた。
翌日の夜(昨夜)お風呂から上がり足下の袋を蹴飛ばしてしまい、[ん?何]
イチゴや〜忘れてたわ。

作らなあかん、傷んでしまう。

エイリアス『お前ね、今何時やと思うてるねん』

僕「今日中に作っとかな、傷みがひどなるやんか」

エイリアス『まぁ、好きにせえや、俺は先に寝るで』

僕「そんなん言うわんと、手伝ってえや」

エイリアス『嫌や、お前の時間に対する考えには着いていけん・・・・けど、お前が起きてる間は俺も寝られへんちゅう訳か、切ないねぇ』

ヘタを取り終わった、時計を見れば午前2時。
鍋に移して、砂糖も入れた、レモンの絞り汁も入れた。コトコトコトコトコト


b0062927_10215586.jpg



エイリアス『3度目ともなれば中々手際がええやんか』

僕「珍しいなぁ、誉めてくれたやんか」

エイリアス『ちょっと、味見、味見・・・・・何じゃこれ、酸っぱいやんけ』

僕「えっ そんなはずは・・・砂糖は控えめやけどレモンも半分しか入れてないし、
砂糖を足してみるわな/」

僕「おっ、どや、今度は美味しいんちゃうか?」

エイリアス『お〜中々ええがな、これで明日の朝は美味しい朝食が食べれるな・・・・
起きれればの話しや、見てみ、もう4時前や、新聞配達のバイクの音がしてるで』

僕「粗熱が取れるまで待ってんか、容器へ移すからな」

エイリアス『あらっ、その容器って?』

僕「そうやねん、mailmamaのんや、返すの忘れててん」

エイリアス『あ〜ほや、あほや、言うた〜ろ言うた〜ろ』

僕「シ〜 mailmamaは耳がええさかい聞こえるがな、シ〜」

b0062927_10321990.jpg

[PR]
by kattyan60 | 2005-04-27 10:31 | 食を語る

サプリメントと食材

今日は一歩も外に出なかった、天気が良いから出掛けても良かったのだが、寝る事にした。
エイリアス『お前ね、そんなことしてたら寝たきりになってしまうで〜』

僕「そうやな、ちょっと筋力を付けなあかんね」

夜、mailmamaからメールが来た[888、8見て]

回してみると紳介の番組で芸能人の栄養状態を検査していた。
ミーさんはサプリメントの達人みたいです。
僕が最近スーパーのレジ近くで見つけたサプリメントは[森永製菓のコラーゲン]です。
エイリアス『お前さ、今更コラーゲン飲んでシワ延ばしかよ』

僕「ちゃう、膝や関節の軟骨のためや、即効性があるわけではないから、今から飲んどくねん」

エイリアス『お前は長生きするなぁ〜』

僕「テレビによるとやね、やっぱり食品から栄養素を採るのがええらしいんやな」

エイリアス『当たり前のこっちゃ、最近変なもん食べさせられてるからなぁ』

僕「今日は、まじめに作ってみます」

フライパンにバターを入れて、ニンニク1かけをスライスしたものをキツネ色になるまで炒めたとこへ、冷凍庫のステーキ肉を解凍せずポトッ
その肉汁にバターを少し足してキャベツ半分と赤ピーマンを刻んでジャージャー
味付けは塩と胡椒だけです。

エイリアス『そや、こんなんが食べたかってん、真っ黒ヶの変なもんは要らんねん、
そやけどな、これって爺の喰うもんとちゃうで、爺はやな部屋に線香の匂いがして
トレーナーの上下でやな、煮物を喰ってるのがええんや』

僕「そんなん嫌や、やっぱり肉が好きやねん、そのかわり野菜をたっぷり食べよ」

エイリアス『デッカイ皿やな』

僕「うん、30cmや、パンに蜂蜜塗るねん」

エイリアス『こんな美味しいもん食べながら何を落ち込んでるねん』

僕「蜂蜜を食べたら減っていくのが悲しいや」

エイリアス『・・・・・子供みたいな事言うなや』

b0062927_2148355.jpg

[PR]
by kattyan60 | 2005-04-26 22:10 | 食を語る

馬鹿な会話(独り言)

本日は3回洗濯をしたんです、通常の下着に靴下類で1回洗濯機を回して、アンダーシャツを漂白して、それとハンカチにタオル類に枕カバーで1回。
後はスポーツ・シャツを風呂場で手洗い致しました。
オーバーオールを2枚で洗濯機を回して計3回なんですが手洗いもしたしな。

エイリアス『お前が女やったらなぁ〜とつくづく思う、結構マメなやっちゃ』

僕「礼を云うてええのやら、悲しいんやら複雑や」

エイリアス『素直に喜べ、誉めたってんから』

僕「それは、自画自賛ちゅうもんや、お前は俺で俺がお前なんやからな」

エイリアス『俺が、お前がとややこしい事云わなくってもさ良いんじゃん』

僕「なんや、急に関東弁になって、明日は水屋を作る材料買いたいと思うねん」

エイリアス『ほ〜木工か? 家具屋になるんか?』

僕「うん、既製品は帯に短し、たすきに長しって良いサイズが無いんや」

エイリアス『ほな、今日は日記もこれでオシマイにして映画でも観るか』

僕「そやな、珈琲でも入れたるわ」

エイリアス『やっぱりお前は女になれ』

僕「女好きの僕が女になったら、女風呂に入れるな、それ悪くないかもね」

エイリアス『そうや、ほんでやね、湯治場へ行っておばあさんばっかりの温泉に浸かったらええわ、アッハハハ』

僕「嫌味な奴や、お前って奴は」

では珈琲でも飲みながら横になろうと思います。

(娘へ、これを読んだら笑って陣痛が早まるやろ?)
[PR]
by kattyan60 | 2005-04-25 21:47 | カテゴリーに入らない話



ヨーガをするショコラ君
以前の記事
カテゴリ
ライフログ
最新のトラックバック
[Spiritual l..
from 日曜の哲学カフェ
ホリエモンが残したもの&..
from 藤沢あゆみのやれる!ブログ
◆国勢調査の見直し。電話..
from てらまち・ねっと
そんな対応か?もう実名晒..
from [よ]TECH-PITS Y..
迷惑メール対策プロキシサ..
from [よ]TECH-PITS Y..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧