山の彼方の幸せ求め・・・

<   2005年 02月 ( 81 )   > この月の画像一覧

僕の古い知人に会社の社長をしている人が居る。
金銭的な利害が無いから好き放題話すことができる。

以前会社を訪れたら貸してある夕食を返してくれると云うので少し歩いたところのお店に
入った。
彼は僕より5〜6歳年上だろうと思う、資産家らしく大きな邸宅を高級住宅地に所有している。
彼とお店に入るとオーナーらしい人が『お帰り〜』と言ってテーブルを指し示した。

彼は飲むに連れ饒舌(じょうぜつ)になり愚痴などを僕に聞かせるともなく話しだした。
(饒舌=口数が多い。多弁なこと。)
彼によると、
朝、家を出て難波には7時前に到着しそこから健康のために歩くんだそうな、そして7時半には社長の椅子に座っていると云う、どうもこうゆう社長だと社員さんは困るだろうと思う。
夕方と云うよりは夜に会社を出て上記の店に入り夕食とお酒を飲むんだそうな。

家には奥様が居られるのだが かなり前から険悪なムードが漂っていて顔を合わせる事も少ないそうだ。
喉が渇いて台所へ行くと奥様が居られたりすると、何も言わずにス〜っと消えるそうでリビングに戻り酒などを飲んでいると また台所で音がすると云う。
このような夫婦間の確執(かくしつ)が生まれた背景が当然あるだろう、僕にはその辺りが理解できない。
僕は一旦夫婦になれば親子以上の絆がなければならないと考えている、いすれは子供は巣立ってしまい自分らの生活が始っていて親が介在することは極力避けなければならない、どちらかが寝込んでしまい介護の必要が出た時は伴侶がそれを受け持つのだから強い絆と愛情が必要ではないだろうか。
その辺りを妻と話し合い互いに了承していた。

夫婦間の絆を危険に晒されるようなことが発生したときは全力で排除しなければならない、だから亭主は亭主関白を自認している人であっても、プライドを捨て時に犠牲とならねばならない。
僕の信条は妻に貸しを積み上げる、ドンドンと積みあげることが必要だ。

給料だって生活してギリギリなんてのはいけません。
『フンッ甲斐性なし』なんて馬鹿にされることでしょう、だが少し贅沢が出来る程手渡してあげると、そりゃ〜大事にしてくれること請け合いです。
会社勤めをしていた頃の僕の給料は安いもので、妻が働いてそこを埋めてくれた。
僕の給料が安いからその分優しくしないと捨てられる心配がある。
妻は絶対君主なのである。

商売が少し順調になり始めた頃から妻は仕事を辞めて専業主婦となり暇になった時間を料理やら僕の世話へと移行したのだった。
当時、ほんの煙草を買いに行くだけに履いた靴下をもう一度履こうとすると『止めてください、一度履いたものは洗濯物の中へブッコンでくださいまし』
美味しい物を翌日に食べようとすると『ア〜タ、止めてください、要るならまた作りますから』とまるで竜宮城へ行ったようだったが、あまり長続きはしなかった。
理由は景気が悪くなった事もあるし、当人のキャラクターではないから元に戻ったってことでしょう。
何にしても縁ができたら夫婦であれ友人であれ大切に付き合っていきたいものです。
[PR]
by kattyan60 | 2005-02-20 19:09 | 愛を語る

良かったねぇ〜見つかって

今日は2軒目のバーゲン会場へ行く日。
お迎えに行く運転手が遅刻してはいけません、だってmailmamaさんとそのお姉さんの
お二人は社長さんですから6時に起きてお風呂に入りパンと野菜ジュースで腹拵えをし
出発したのは8時半。
走っているとメールが届いて[今何処? お姉ちゃんは10時か10時半に行こうか
だって]そうか後1時間は寝れたのかもしれない。

まずは到着した事を伝えて家の前でお二人の出てこられるのを待つ、ランラランラ〜

『おはよう』×2
「おはようございます」ナビはセットしてある、既に2度程行った処だが安心はできない、僕は思い込みが激しくて道に迷い易い種類の人間だから念のためにセットしておいた。

b0062927_16275238.jpg


正面は阪急ホテル、右に見えますのはJR大阪駅でございます。
左には某家電販売の建物があり、最上階はレストラン街になっていて以前このメンバーで飲茶バイキングに行ったことがあります(僕が心配する程よく食べられた所)

現地は大阪の道修町から北にあった繊維街が移転した繊維街なのだ。
駐車場は予めセットしておいたから難なく目的の駐車場へ納まった。
(本当は横入りしてガードマンに叱られた)

目的の見慣れたビルがそのバーゲン会場なんだが、ここだけでなくそこら中で開催されているようで、駐車場も別の会場が借り切っているような雰囲気に少し不安が残る。

会場の5階が紳士物、その上が婦人服、当然婦人服へ直行。


b0062927_19262298.jpg


檻の中は鞄や小物が展示してあるところだけど、流石は外国製品ばかりで派手な
ディザインが多い、大阪人向きかもしれない。

不思議なディザインの上着があって、写真に撮れなかったのは残念でしかたない。
黒が剥げたジーンズの形が紳士物の燕尾服のようで、その縁に色とりどり1〜2cmのビーズがシャンデリアのような飾りが施されている、ホヒャ〜こんなん誰が何処で着るねんや?しかもこれに合う下は何が良い?コーディネートの想像ができないわ。


先日のバーゲン会場のような殺気だったこともなく人数も少ないのは高級だからだろうか、それとも最終日だからなんだろうか?。
特にこちらで目立つのは[デッカイ女]つまり170cmを超える大物がノッシノッシと歩き
小さな僕はガリバー旅行記の巨人の国へ来たようだ、そのデッカイのがそこらを物色しているのだ(mailmamaもお姉さんもデッカイ、アンタ達いったい何を喰ってたんだ?)

20歳代の女の子が二人でフィッティング・ルームと書かれたカーテンの中へ衣服を持ち込んで穿いては出て来る、そして友達であろう二人でキャッキャと騒ぎ、ずり落ちたジーンズを見せ合っている図は可愛いもんだ、僕の年代ではどうもこのずり落ちたパンツは許せない。(そこのアンタ下着が見えてまっせ)

先日の会場と違うのは展示されているのがフランスとアメリカ製で価格もびっくりするような値札が付いている。


「これなんぼなんやろ? え〜っと54万円、それの60%OFFだから21万4千円、旦那は1万円の背広で我慢してもらって奥様は1桁安く云うんやろな〜」
mailmamaが物色している間六甲山を眺めてみたら山の稜線がくっきりと眺望できた。
b0062927_19372277.jpg


展示品の裏側へ行ったのはフィッテング・ルームに入ったmailmamaさんのカーテンを覗いていると思われてはいけない、君子危うきに近寄らず、リンゴの木の下で冠を正さずな〜んちゃって。
無事に今回2ヶ所の会場を回りやっとこ見つかった旅行用の服、絹製のそのワンピースはお幾らなんでしょうかね、スケスケだから別売りの専用のワンピースと2点お買い上げ〜。
b0062927_1939567.jpg


でもご婦人の洋服に対する執着は男の僕には少々難解なのだ。
僕が服を買う時は背広やブレザーの場合は誂えてもらうからサイズは心配ないが、スポーツ・シャツは既製品でサイズはSもしくはM、肩幅が合っても袖丈が長いからアームバンドは必需品なのだ、大は小を兼ねるというからこれで良いのだ。
多分誰も気にしてはいないだろう、当人はアーム・バンドもファッションなのだと納得している。
b0062927_19395782.jpg


お昼に千里中央駅の中にある喫茶店で名物のトンカツサンドを頂戴した、前回も此処でいただいたが中々これが旨い、男3人が厨房に入り一人のおっちゃんが接客している店なのだ、カウンターに座ると製作過程が見えるので盗んでやったぞ。

1にパンを焼いて、その上にバター、洋辛し、マヨネーズにタルタルソース、トンカツを乗せてウスターソース様の物を掛けて薄切りタマネギにトマトに胡椒をパラパラ
そしてもう一枚のパンをギューっと押さえつけて出来上がり『ハイ、お待っち』
今日もかっちゃんは美味しい物にありつき幸せな笑顔の二人を後部座席にお乗せして
家路へと向かったのでありました。
本日もハッピーエンドの1日でありました。
[PR]
by kattyan60 | 2005-02-20 17:25 | カテゴリーに入らない話

僕って変?

お葬式
妻の葬儀をしなかった、子供達に「したくない」と伝えたら直ぐに僕の心中を察して了解してくれた。
マンションの集会場で過去数回の葬儀があったが分譲が始まり僅かな年数で知り合う間もなくということで参列させていただかなかった。
本来なら同様にするのだが拒絶した僕は普通じゃないのだろうか。
だが今も後悔はしていない。

妻が和室で横たわっていて友人の坊主がお経をあげ戒名を付けてくれた。
妻の横に座り妻の顔を見つめていると、イビキが聞こえてきそうな程安らかで微笑んでいるようだ。
妻を抱きしめてみたら冷たくなって体温が無かったが これはきっと夢なんだと自分に言い聞かせた。

あれから3年が経ち、妻の遺骨、遺髪が僕の枕元に在る。
遺骨を数年前に作った墓に入れてあげないとと思いつつ3年も過ぎてしまった。
きっと、僕がその時を迎えたら子供達が一緒に葬ってくれることだろう。
[PR]
by kattyan60 | 2005-02-19 15:10 | カテゴリーに入らない話

ああ知らなんだ

こんな漢字が見当たらない[尺只]=[あた]と読むそうだ、意味は親指と人差し指

を広げた幅を云うそうだ。(成人男性で15cmくらい)NHK、大希林

お年寄りの知恵を教える立場にありながら、教わるばかりのオイらは情けない。

無駄に生きてきたんだなぁ〜

もう一人の僕[お前にゃ何か優れているところって無いんかい?]

僕[う〜〜〜〜んと、う〜〜〜〜んと](真面目に捜す)

もう一人の僕[救いようの無い奴っちゃ]

僕[あった、何も無いことで皆に優越感を持ってもらえるわ]

もう一人の僕[嗚呼〜やっぱり救いようが無い奴ちゃ]

僕[能ある鷹は爪を隠すって云うやんか]

もう一人の僕[それは知恵や知識を豊富に持つ人が云うことで お前さんのバカは本物

よ、只お前の良いところは権力を傘にきた人以外には怒らない事だろうかね]
[PR]
by kattyan60 | 2005-02-19 13:32 | カテゴリーに入らない話

弾かれたパチンコ玉

クタ〜として投稿用の記事を書いています。



今日は寝坊しちゃって約束の10時半には間に合うそうにないやんか、どうしよう〜
今日はmailmamamと某服飾メーカーのバーゲン・セールへ行く、それも2ヶ所。
大急ぎで車に乗り込み走り出したら[やっぱり1ヶ所だけにするわ]とメール。ドテッ

午後1時半頃に目的の場所に到着して、招待状を出し入場証の黄色いリボンを貰って入った場所には既に900人くらいの人が列をなして3時会場を待っているんですよね。

b0062927_2343761.jpg



入場する頃には推定でも1500人は居たことでしょう。
僕達、否mailmamaの目的はハッキリクッキリしていて、5月に旅行するための服を捜すために来たのだ、ついでに僕の物もあれば買おうかと思いますが、まずは彼女の目的の物をゲットしなくては来た甲斐がない。
1階が紳士物&キッズ、2階がご婦人物でして入り口で受け取った大きなバッグを持ち、いざ2階の会場へ ドッヒャ〜 女だらけや〜
b0062927_23112935.jpg


彼女が見易いようにコートを預かりバッグを持ってひたすら付いて行こうとするが、血走った目のご婦人方に弾かれてあっちへフラ〜 こっちへフラ〜
パチンコ玉の気持ちを理解できました。
目的を持ち満たされていない ご婦人の熱気に圧倒されましたんです。

結局は目的の物が見つからず、パンツを数本買われていざ裾直しの場所へ
 
b0062927_23244048.jpg


出来上がるのを待つ間、椅子に座って待っていたが皆さん凄い量の衣服をテーブルに積み上げてゆっくり検討されてるんです、ハッハァ〜なるほど、取り敢えずバッグに納めて、こうして色、サイズなどを検討されるとはバーゲン慣れされているんだと感心したんです。
全品70%引きです、値札を見ると3万円とあれば9千円となる、ならば目が血走ってきても無理からぬことですね。

裾直しが出来た頃なのでカウンターへ行くとパンツとその切れ端を持った青年が『これですね/ご確認ください』何とそこに在る切れ端は1cmあるかないか、「これじゃ〜無いも同然じゃないか捨てようぜ」とmailmamaに悔しさ半分で言ってやった。(オイラはドッサリ切るもんな〜)
すると『このパンツに合う服を捜す目安になるねん、だから捨てないで』な〜るほど
すっかり日が暮れて時計は午後7時、お腹が空いたであろうと車を走らせながら物色していた、『かっちゃん、雨が降ってるから濡れない処なっ/』
以前なら迷わずホテルのレストランへ向かっただろう、今そんな事をしたら大目玉は間違いない。
目的地が少し変わってはいても僕にとってはデートのつもりだもん、せめて美味しいものでム−ドをと思ったんだが、『お好み焼き』と書かれた赤提灯が見え、その横に駐車場。
僕「お好み焼きで良いかな?」
彼の人『うん、良いよ』

b0062927_23422745.jpg

これで本日の課題は終了しお送りさせていただきました。クタ〜
車中にて『かっちゃん、明日はもう1軒の方へ行こうか?』
「明日?ハイ」(^|^; 
mailmamaから送信されました、僕のより多くの人が映ってる、身長の差?

b0062927_16212748.jpg

[PR]
by kattyan60 | 2005-02-18 23:44 | カテゴリーに入らない話

お笑いを一席

暗い話しが続いてすいませんでした。

お笑いを一席ご無礼します。
僕が仕事で出張したのは兵庫県は岡山に近い小さな町に某珈琲メーカーさんの中国本部があり、そこに炭焼き珈琲の焙煎機を設置する仕事を受け社員と駅前旅館に投宿していた。

連日仕事で遅くなり、パイタンスープとなった共同浴場に身を沈め深夜の厠に入って驚いた、水洗で無いのは社員から聞いていたが僕達の部屋から出て廊下の突き当たりにあるその厠は2階と斜面に建つためか底が見えない程深い。
それに恐れをなして1週間もお呼びが掛からない、だが食べることは控えないから自然の摂理で膨らんで来る。

1週間もすると作業ズボンどころか私服のズボンも閉まらなくなり、やむなくその日は遅刻することにして、その深く暗い処に本と煙草を持ち込んで持久戦に入った。
しまった〜蚊が多いのを忘れていた。
気付いた時は数カ所を刺されていた、持久戦もあえなく敗退しズボンもだらしなく閉まらないのを作業服を腰に巻き、遠く離れた自宅を目指した。
タクシーで仕事をしているところへ行き社員にかくかくしかじかで一旦帰ってから出直すと伝えながらもポリポリポリポリ
『社長、何処を掻いてるんですか、みっともないですよ』みっともないのは重々承知しているが痒いのは痛みより質が悪い。
社員は僕に背を向けたものの肩が揺れている。

家に帰ると妻が『あれっ皆はどうしたん?』そこで帰ってきた経緯を話したら涙を流し、お腹を抱えて笑いやがった、それを恨めしく横目で見ながらトイレに小一時間座りお陰でズボンが閉まるようになった。
もちろん痒いところには薬を塗ったが今度はヒリヒリして がに股で歩く羽目になり、これで赤字になったら泣きっ面に蜂ならぬモスキートだわと思いつつ兵庫県の駅前旅館へと がに股で向かったのだった 。
[PR]
by kattyan60 | 2005-02-18 04:23 | 仕事の話

山の彼方の空遠く幸い住むと人の云う・・・

危なくて見てられないところで命を繋いでいる人達。
自虐であったり○○未遂であったりとする人達。
歌手でもそこの路線を歩み歌い若者が共感を覚えた人。
作家で天寿を待たず去られた有名な方も数名居られる。
落語家しかり、その瞬間を経験し生還された方なら切羽詰まったぎりぎりの思いは理解
できるのだろう。
僕がそのぎりぎりを歩いていた時、命を無くす恐怖は無かったことは事実だが、苦痛に絶えられるかどうかと云えば幸と云おうか不幸と云うべきか未だ呼吸をしている。
喘息と幼い時の火傷がトラウマになっていて、呼吸を止める苦痛には堪え難いし火傷によることは考えもしたくない。
体液を流しての事であるならと試してみたがダメで今も呼吸をしている。

独りリビングに座り、テレビを観るともなしに時が無駄に過ぎて行く。
思い切って日本刀を抜いて刃にタオルを巻き、腹に当ててみた。
チクッ 痛ぇ〜 バッフアリンを飲んでおこう、それと刃は消毒をしておくべきだ。
バッファリンを数錠飲み数十分が経ち、チクッ 痛ぇ〜
テレビで漫才をやっている、[薬も効かないし、漫才を見てからにしよう]ガッハハ

バッファリンが効いてきた、何故判ったかと云うと寝てしまったからだ。
翌朝目が覚めて周りを見るとリビングのソファで寝てしまっていて日本刀もそこに有った。
これより以前には息子や娘が危険な物として家族の写真刃物類に注射針(喘息用)など総てを持ち帰ってしまっていた。
それから数ヶ月、妻が去って半年頃もう大丈夫だろうし刃物が無いと炊事もできないだろうと返してくれた。
関西人を代表する軽薄短小の僕の事、その前日の事を切羽詰まって考えられなくなってしまっていた、もちろん処方されていた安定剤にもよるんだろうけど。
今振り返ってみれば その頃の僕は精神が病んでいたと思う。
誰にも訪れる別れは知ってはいても理解をしたくなくて目を反らしがちだが、大事な人との別れがある事を身を持って経験していながらも、また大切な人が出来てしまっている。
大切な人と長い暮らしの後に訪れた別れを癒してくれる時間の経過を引き算してみると、別れを承知していても長い幸せを望んでしまった、そこに後悔は無いはずだ。

世のぎりぎりを歩いている人達にもう一度[山の彼方の空遠く幸い住むと人の云う]を思い描いて欲しいと願い、恥ずかしいついでに過去を投稿しました。
[PR]
by kattyan60 | 2005-02-18 03:44 | 幸せの定義

ハムレット

前記事にちなんで。
僕が有名なシェークスピアのハムレットを長い間知らなかった。
メル・ギブソンのDVDで初めて内容を確かめた次第で何とも恥ずかしい。
ノン・フィクションしか読なかったからフィクションには興味が無かったのです。
それは無学と云う劣等感から知識を得る必要に迫られた所業でもあると自覚しています。
その事自身が無学の証拠になろうかとも気付いたのは最近のことです。

亡き父王の亡霊にと聞いただけで拒絶反応が働き本を遠ざけていたのは若い頃であり、
近年、映画の題材を見つけてよっしゃ〜と云う気になったのは老いたせいでもなくて
僕の環境が時間との競争から横道に避けて腰を下ろしたところでの心境の変化でありましょう。
しかも、ビデオとかDVDと云う安易なメディアに恵まれた事も背を押してくれたんです。
他にもシェークスピアに題材を貰った[タイタス]を観たが何とも切なくも悲しい。
現代を除く過去に泣いたのは常に女性が圧倒的に多いが、現代では僕を含めて男性が女性化した事により、キッチンでエプロンをして泣く男性の方々がおいでのようでして、同様の思いをされていたら仲良くしましょう。[実録鬼嫁のご主人さま]に同情の1票を
b0062927_2482841.jpg

[PR]
by kattyan60 | 2005-02-18 02:53 | 愛を語る

お詫び

僕は長い事ミレイさんをミレーさんと勘違いしていたようです。
ハムレットの恋人だったオフィーリアが水死する場面を美しく豪華に描かれている絵なのです。
その絵を僕のパソコンの片隅に置いてあり、農民画家(晩鐘、落ち穂拾い)と混同していました事で過去も含めて数人の方のコメントで書き込んでいました。
最近では[音の風景]様に同欄で[wanko]様にもご迷惑をお掛けしていました。
軽薄な性格に依る無学なことと深くお詫びもうしあげます。
[オフィーリア]の作者
ジョン・エヴァレット・ミレイ(Millais John Everett) 1829~1896
[PR]
by kattyan60 | 2005-02-18 01:52 | カテゴリーに入らない話

重かった〜

最近、料理の記事が多くなった。
今日はmailmamaとチャットしながら伺うことになった。
車で行くよりは早いので地下鉄を利用し、普段の運動不足を補うのには丁度良い。
しかも地下鉄に乗ると乗り換えもせずに一直線だから何ともありがたい。
今日は少し寄り道をして食材を仕入れてから伺うことにした。

梅田大丸の地下に入り、芽キャベツとチビタマネギに肉などを仕入れて少し重いのもエクササイズなんだと普段の運動不足を一気に解消した気分になっている。

エスカレーターも敢えて使わず階段を登り足を鍛えているつもりなんです。
mailmamaの家の前にお父さんが立っておられて一言二言挨拶を交わして階段を上がる。
『また〜こんなにたくさん買って重かったでしょう?』とは言わない、またもや叱られちゃった。
そうこんなにたくさん買ったのには訳があるんです。
2種類作ったんですよね、ルーから作りたかったなぁ〜
ビーフ・シチューとクリーム・シチューでんねん。
日本茶が可笑しいでんなっ!
(湯のみはコペンハーゲンが日本向けに作ったんだと)

b0062927_22252642.jpg


これいけまっせ、名前はえ〜っと え〜っとあかん3歩以上歩いたから忘れた。
b0062927_22255898.jpg


帰りの電車の中で不思議なおばさん、ルイ.ビトンの肩掛けバッグを下げてるのに靴が何とも寂しい、長い事手入れされてない埃で艶は無く、底が擦り減り傾いている。
折角のルイ・ビトンが本物でも偽物に見えますよ〜
写真を背後から撮ってあげましたが、掲載は控えましょう。

b0062927_22395491.jpg

[PR]
by kattyan60 | 2005-02-17 22:40 | 食を語る



ヨーガをするショコラ君