山の彼方の幸せ求め・・・

<   2005年 01月 ( 50 )   > この月の画像一覧

多弁と無口

またの日となりましたが以前のようにはまいりませんので悪しからずでございます。
僕の旧 URLにも投稿しています。

僕は思うんですが、人間って無口でシリアスな人が尊敬の対象となり三枚目でおっちょこちょいで多弁な人を軽く見る傾向にあるように思います。
ですが考えるに多弁であるには知識が必要だと思うんです。
不言実行などを善しとする傾向も否めません、ですが有言実行はもっと難しいことでありましょう。
宣言して実行する訳ですから、それが履行できなかったときは軽蔑されることでしょう。
『ハハ〜ン、あいつあんな事を言ってたけど出来てないやんか、バ〜カ』という具合でございます。
芸能人のトーク番組はあまり見ないんですが、美人やハンサムの見かけの良い人には敬語で、そうではない人には少し乱暴な話し方をされるのは他人ごとであっても良い気のするものではありません。
特にその方がお笑い系の方には顕著でチャンネルを回してしまいます。
それは僕自身がその軽く見られる立場にあるからでございます。
多弁であるのは僕が母の晩年に産まれたことと関係があって、学校のことなど母の幼い頃と多くの点で違いがあり、それを説明することに腐心したことでございましょう。
僕は母が好きだったから理解できぬまま置き去りにすることができなかったのがその理由であると信じています。
初めての給料で買った電気炊飯器の使い方を説明しました、初めてのボーナスで買った冷蔵庫の使い方も僕が説明をしたんです。
そんなことが日々の生活の中にも多くあり、母と義父の関係も仲良くと云う訳でもなかったから食事の時など僕が学校の事などを報告するのが常でございます。
そんな時、義父には学校と云うものが理解出来なかった年齢でもあります。
生まれは明治の中頃であったろうと思います、子だくさんの家に産まれて学校へも行かせてもらえず家業を手伝ったと義理の姉から教わりました。
義父は無口な人で、その職業ですら小学校の高学年になって知ったようなことでございますので、義父の生き様やその商業上の技術ですら知らぬままに終わってしまいました。

無口であれば当然ミステリアスでありましょう、そこを知りたいと思うのは人の常でしょう。
僕は信頼とは良いところも悪いところも知った上で付き合えれば本当の信頼と呼べるものが産まれると信じているのでございます。
営業で無口な方の売り込みを聞いてみたいものでございます。

かっちゃん=こんな奴と判ることで良いと思っています。
[PR]
by kattyan60 | 2005-01-25 20:32 | カテゴリーに入らない話

ではまたの日に

毎度おおきにでござります。
充電が終わって(せえへんって言うのん誰?)また書かせていただきます。
その折はよろしくです。

ついでのことに、先日から書き物のご注文をいただいて調べたことに戦後直ぐの事を
調べたんです。
何とですね、僕が使ったことのある50銭硬貨や拾圓札に百圓札が載ってるサイトに
物価が載ってたんです。
逓信省電話局に入社した人の給料が799圓だったそうで、その頃の壱萬圓は大金だったんですね。温故知新、たまに古いことを知るのも良いことでしょうかね。
ちなみに豆腐が1丁8圓、煙草のゴールデン・バットは22圓だったそうで、ビールが大瓶1本192圓だとはお酒呑みの方は苦労されたんでしょうね、お母ちゃんがドブロクを密造したってのも理解できます。
強度のインフレだとかで月代わりに物価が上がったんですって、しかも闇市での価格も物価統制なんか無視で米が1升(1,5Kg)公定価格53銭のところ闇市では70圓だったそうで砂糖に及んでは1貫目(3,75Kg)が公定価格3圓50銭のところ闇市では1000圓もしたそうでサッカリンなる代用品が出回ったのもこの頃でしょう。
米屋さんで買って帰りに舐めて叱られた記憶があります。
甘いものに餓えてた時の砂糖キビは僕達子供の餌食になったのも頷けます。
『ギブミーチョコ』なんて米兵にねだったのもプライドより重要だったんでしょうか?
物を大切にし、繋ぎのあたったズボンや服を着れた時代も今は安く手に入るようになったもので家電品など修理するより買う方が安いって変な時代です。
そんな時代しか知らない子達の教育も難しいことだと思います。
海外に食料生産を依存している現在、物が不足したときに対応できるんでしょうかね。
そこを踏まえて家族で話しあうのも一考かと存じます。
皆様ご自愛くださいませ。  ではまたお会い出来る日まで 
[PR]
by kattyan60 | 2005-01-23 13:20 | カテゴリーに入らない話

充電のため閉鎖します。(^|^)

すいませ〜ん タイトルのごとくでおます。
[PR]
by kattyan60 | 2005-01-22 02:27 | カテゴリーに入らない話

何ヶ月振り?

昨日、親友と合流する約束をしたのは3日前。
僕はてっきり一昨日だと思ってて、その日の夕方に行けないことをメールで知らせたら
[あの〜明日なんですけど〜]と返事がきた。
昨日は寝坊をして出掛けたのは12時頃だったろうか。
いつものガソリンスタンドへ寄ると所長が走ってきて『かっちゃん、久しぶりやんか』とは言わない『社長、生きてたんや』と云う、彼とはもう20年近くの友人で僕が自営を始めた頃からの付き合いだから、僕の事務所へ集金に来る関係で社長と呼ぶが、場末の怪し気なバーのホステスさんが総ての客に[社長]と言うようで辞めてくれと言ったが一向に直らない。
洗車してもらった、僕は自分で洗車したことが無い、みっちゃんも自分の車を洗車しなかった。
一度二人でそれぞれの車を洗車したことがあったが、みっちゃんは目眩がしたそうで僕は筋肉痛と肋骨にヒビが入ってしまった。
それが洗車をしなくなった理由で今も護っている。
所長は若い店員さんに『この車は傷だらけやけど、丁寧に洗車して中も奇麗にしろよ、代金は1/3で伝票を切るんだぞ』良い人だ、洗車も数ヶ月してなかったのは此処のスタンドが改装してたもんで僕のせいじゃないんです。
スタンドを出て散髪に行った、此処へ来るのも久しぶりだった。
オーナーが『南さん、良かった〜』その[良かった〜]をしみじみと言われると戸惑ってしまう。
昨年、退院して車を運転するのが苦痛だったので大阪市内から電車に乗って散髪に行った、普通だと駅から歩いても7分程だが歩くことができないもんでタクシーを使って店に入った。
散髪が終わって店員さんに『タクシーを呼んでください』と言って5分程でオーナーが『タクシーが来たよ、こっちからどうぞ』とオーナーがスタッフ・ルームの方へ案内し裏へ出るドアを開けた、そこにはオーナーの車セルシオのドアが開いていた。
お客さんを待たせたまま、運転席に乗り込んでどうぞと言う。
駅まではほんの数分だけど、お客さん商売でそのお客さんを待たせて僕を駅まで送ってくれた人なんです、みっちゃんが元気だったころは二人でよく利用しただけです。
此処の散髪屋さんの裏に野菜の安い店があって、昨日はレタスが3個で100円だったし大根が1本100円と書いてある、車を横付けして買い込んだのは当然です。
親友の奥さんに電話をしたら『お願いします』と言った、遠慮されるほどの金額ではない、もちろん彼の人用にも買い込んだ。
八百屋のおじさんとお姉さんに『お父さん、いつもおおきにね』と言われたが大阪では、僕の歳ぐらいの人にお店の人はお父さんとかお母さんと呼ぶことが多い。
車もすっきりし、頭も伸び放題だったのもさっぱりした僕は彼と合流した。
世の中良い人ばかりだなぁ〜  気持ちの良い日となった。
[PR]
by kattyan60 | 2005-01-21 10:10 | カテゴリーに入らない話

親友中の親友

b0062927_0111192.jpg 親友のyoshimac君と3時頃合流して僕の倉庫でそれはそれは重いものを運んでもらった。
彼は困難に出くわすと燃えるところは僕の昔を見るようだ、彼と僕は目も二つだし手も二本しかないがその頭の大きさは群を抜いている。
見た目の大きさもあるが、その中身の大きさを説明すると云うなら直径1メートル程もあろうか、その下に普通サイズより少し頑健である体が付いていると考えれば略正解でしょうか。
そこから産まれるユニークな発想にはいつも感心させられる。
荷物は一つがミカン箱を3つ4つ合わせた大きさでその重量は80Kg程はあろうか、
その箱を3つ車に乗せるのを僕は手伝うこともなく見ているだけ。
ただ見ているんではないんです、彼が下敷きになったときどうして助けるかを考えていたんです。
結論、触らずに1Kmほど離れた所の友人を呼びに行く、うんそれが良い。
車の後ろに板を傾斜をつけて敷き、そこへ倒して押し上げてから板を持ち上げると箱は
難なく車に収まった。 よく考えてみると下敷きになったときは電話をすれば良いんだと気づいたが隣家の門を叩くのはもっと良いんだと思った。
彼には話してないが、今度もしもそうなったらパニックになってただ呆然としてあげることにしよう。
無事に彼の倉庫へ降ろしたら『かっちゃん、ご飯を食べに行こうか?』
もちろん期待してたことだ、またしても美味しいぞと言ってラーメン屋に連れ込まれるんだろうな〜との期待を裏切って焼き鳥屋さんの暖簾をくぐった。
僕より少し先輩だというその店主と夜の10時過ぎまで話し込んでしまった。
彼が常連としている店でその地鶏とかいう鶏はしっかりとした食感で咬めばジワーっと肉汁が出て中々いける、全体としては塩味でお茶にも悪くはないがやはりビールだろう、僕の横で旨そうに飲んでやがるんだなぁ〜
奢らせてくれと言うもので僕は親切にも彼に奢らせてあげました。
親切は人のためならずですからね。

家に帰ってきたものの今日は少し疲れました、重い荷物を運んだせいでしょう。
僕は手にはしてないが目で荷物を抱えていたので疲れました。
今日は早く寝るとします。   おやすみ〜
[PR]
by kattyan60 | 2005-01-21 00:38 | 親友

爽やかな1日となりそうだ

昨夜は夕方から寝てしまい、12時に起きてから書き物を始めて未明の5時頃に寝た。
うるさい音で目覚めたら何とベランダのドアを開けたままだった、寒くはないが風と一緒に近隣の生活の音、ガソリンスタンドの店員さんの大声や電車の音が入ってきます。
みっちゃんと住んだマンションはガラスを二重にしたのが幸いし、音も結露も少なかった。
マンションを買ったときは改造などはしないようにとか、犬猫は飼わないようにって書いてあったが犬も居れば猫も居る、廊下を歩くと網戸越しにこちらを見ている猫に挨拶すると、その子は網戸に顔を擦りつけて人懐っこい。
ガチャっとドアが開いて小さな女の子が『こんにちわ』と挨拶してくれる。
お願いしてその猫を抱かせてもらった、そこへまた小さな子供達が集まってくる。
するとその猫のお姉ちゃんは『かっちゃん、可哀想やねんで〜奥さんが死んでんで〜可哀想やろ』トホホホ こんな小さな子供に同情されてるんや、多分親御さんの話しを聞いていたのだろうが、その内容を理解出来ているんですね。
猫を返して買い物に小さなスーパーへ出掛け選んでみても、結局はみっちゃんのメニューから外れることはなかった。
それが今は親友のラーメン好きだとバイク屋の店長の凄まじ食欲に影響を受けている。ここから一部非公開です、非公開→(彼の人の影響が一番大きいかも)
昨夜バイク屋の店長からメールが来て[お〜い、いつになったら食事を奢らせてもらえるんや?]と書いてあった、彼は息子と同じ歳なんだが こうした気さくさで付き合ってくれるから好きだ、息子にしろ娘にしろ親友達にしろ どいつもこいつも若いが
可愛い奴らだ、皆まとめて子供にしてやろう、だから爺にお年玉を頂戴、お金じゃ無くっていいからね/(反対に請求されるかな?)
今日も爽やかな1日となりそうだ。
[PR]
by kattyan60 | 2005-01-19 13:19 | 幸せの定義

今日も元気だったことに感謝

入院中には大量のステロイドを点滴チューブの横から入れる、喘息発作の特効薬でもあるステロイドは色んな副作用があるようで、本来睡眠時間は若い頃から多くを採らない種類のようだった。
入院中も寝られなくて個室の頃はテレビを観てたが騒室ではそうもいかず、ベッドで座禅座りをしていると無性に体が熱くなり上半身裸になっていると変人扱いされてしまった。
昼間に瞬間的に熟睡しそれで充分であって睡眠不足というような怠さとかは感じない。
老いたせいではなく若い頃からだからと回想する。
お腹の空くのもその一つだろう、空くというより満腹感が全く無くてお腹が空いたぞっていうのが延々と続くと考えれば略当たっているだろうか。
それ故にいつも口へ物を運ばねばならない、浮腫んだ足は倍程になりスリッパさえ足が痛い程となる。
安静を無視し財布を片手に売店に行く時は嬉しくて、ニコニコしていた事だろう。
喘息の発作にも段階があって重篤発作では強度の呼吸困難が続く、中度では会話ができずにひたすら呼吸することに神経が行っている、軽度なら会話も息継ぎが多くなるものの苦痛ではないのが喘息様発作と云われるものなんです。
重篤発作を数回経験したことがあって、その恐怖が常にどこかにあるんであろうか、行動におのずから制限を作ってしまう。
マイナスばかりでもなくて会社を辞めて自営を始めた理由の半分はその事を踏まえてのことであることは間違いではない。
みっちゃんが運転免許に挑戦したのも病院へ搬送するのが目的の大半だった。
自営しながら社員を募集したのも、入院中も仕事を処理できるであろうと考えたからで忙しくて猫さんの手を借りる程ではなかった。
先日、娘からの電話で喘息を貰い孫娘にまで及んでいると聞き謝ると『遺伝子的に何か理由があってのことでしょう、プラス面を考えなきゃ〜ね』と言われて少しは気が楽になったもんである。

そう云えばマラリアの多い国では血液の赤血球は丸いと決まってるが四角くなってる人達がいるんだそうで、そのために血流不全による病があるうそうだがマラリアのは免疫があるそうな。
さすれば喘息ってなんなんだろう?
僕のように幼児期から持っている者と大人になってから発症する人が居るそうで その人数も都会では年々増加しているそうですし、呼吸器疾患も健康だった人にも襲いかかるから注意してください。
医師は『肺臓は内臓でなく、外臓と考えている』と聞いた、外気に直接触れているからだと云う。
何にしても病で寝込んだり入院はしたくない、日々忙しくて不満があっても健康で食事を美味しくいただけるなら幸せではないでしょうか。
些細な幸せを続けられる事を願い、つかの間の睡眠を楽しむとしましょう。
皆様おやすみなさいませ。
[PR]
by kattyan60 | 2005-01-19 05:01 | 幸せの定義

いくつになっても子供は子供

昨夜の夕方、息子から電話があって『深夜便から昼に変わったから今日寄るから』
来る目的は僕のデジカメを持って帰ってそのドライバーを捜しておくようにと指令があり
引っ越しの荷物を捜しながらの移動だから時間が懸かってしまってるんです。
無事にそのドライバーのCDが見つかったからメールを入れておいた答えが今夜来るでした。
彼はアイドルの[あやや]っていう子のお父さんの経営する運送会社へ勤め出して2年経ち
僕と一緒に仕事をしてた頃より筋骨逞しくなり、ギリシャ彫刻のようです。
ピンポーンと鳴ったので、「勝手に入ってこいや」と言ってもピンポーンと鳴るもんで親子でなにやねんと多少は怒りぎみでドアを開けるとニコニコ顔の青年が立っている。
『すいません、NHKのものですが、こちらの料金を確認させていただきたいのです』
ほっほ〜素早いです、NHK様。
『不祥事があったのに申し訳ございません』と低姿勢です。
僕「え〜あれは貴方がやったの?」
NHKさん『いいえ、僕じゃないです』
僕「だって謝ったから、てっきり君だと思ったんです」
NHKさん『何処へお伺いしても叱られますので、先きに謝っちゃえと思いまして』
彼は優秀な成績で学校を卒業したに違いないと思った。
向かいのドアから引っ越した事を伝えると移転の用紙に記載するように言う彼は好青年だ。
大きな組織になり、権力が出来てくるとバカの一人や二人は居るもんよね。
彼が帰り、パソコンの書き物に向かった途端にドアが開いた、息子だった。
[PR]
by kattyan60 | 2005-01-18 04:44 | 愛を語る

時計が二つ

気分を変えるためにma_cocotteさんちの時計をクリックして、解る単語だけで取り込んだ時計です。
表示はUSA時間なんでしょが、ウェストとかイーストって書いてあったけど西と東で時間が違うって困る事もあるだろうと思います。

台湾に仕事で行ってたときに2時間の誤差があって、帰国時間で妻に電話してても誤解が生じたが外国だってこともあり勘弁してくれたが空港で余分に待った妻は独りで退屈だったろうと思う。
それが自国であるんだからビジネスでも充分の配慮が必要だろう、お客様を待たせても待ってもロスタイムになるんだからと思うと日本人で良かったと思う。
ma_cocotteさん おおきにね。
勝手に取り込んだことお詫びします。
[PR]
by kattyan60 | 2005-01-17 11:18 | カテゴリーに入らない話

世界中の子供達に幸せを

スマトラ沖地震で助かった子供達が人身売買されているんだとか、孫を売ってしまった爺までいるらしいとの報道を見て悲しくなってしまう。
地震の怖さは阪神淡路で周知している、それに津波の恐ろしさを体験し無事に生き延びた子供達が三次被害としての人身売買、人身売買の怖さってその後にくるものにある。
臓器摘出に売春などの目的だとか、朝から腹が立っている。

電話が鳴った、娘からだった。
娘『お父さん、私ねまた入院なんだわ、切迫早産の可能性があるからってことで入院します』
僕「孫はご両親が世話するの? 僕が行こうか?」
娘『来なくて良い、弥侑は保育所が預かってくれるから心配ないねん』
僕「そりゃ〜ご両親も丸1日では大変だろうからね、気遣いしたんやな?」
娘『うんにゃ〜旦那に相談したら おしめも換えられない親に任せられへんやろだって言うから保育所に相談に行ったら、さすがは田舎やね子供の事を知ってて『良いよ』だって』
10日程入院するんだそうだ、3人も産んだ娘だから左程心配はしていないが、前文の後だから大人の都合で振り回される子供は堪ったもんじゃない、抵抗したくても出来ない子供達
、愛されるのが当然の子供達が将来大人になった時が心配ですね。
敬愛するマザーテレサの言葉が浮かびます[不幸とは食べ物が無い事や貧困ではなく愛されないことである]
親を災害で失って悲しみの中にある子供達を人身売買するような輩が居る事そのものが許せない。
娘よ、孫を護ってやってくれ、それにしても良い旦那で良かった 良かった。
奈良で小学生の女の子を殺害した野郎も36歳にもなって殺人の後の幼稚な行動をした事が逮捕に繋がったようだが、批判することはできても自分の子供に どれ程のことができたのかと過去を反芻してみれば謝らなければならないことも多々あるが誉めてもらってもいいこともある、それは愛したってことだろう。
娘の安否もだが、スマトラ沖地震で孤児になったり人身売買された子に救いがある事を望むことしかできない自分が情けない。
朝からこんな話しですいませんでした。
[PR]
by kattyan60 | 2005-01-17 10:23 | 幸せの定義



ヨーガをするショコラ君