山の彼方の幸せ求め・・・

カテゴリ:親友( 39 )

友達になった煙突みたいな奴

b0062927_142572.jpg

USAのギル君と僕の身長差です。(歳は僕の方が高いぞ〜)
彼と連れションをしました。(チクショ〜)
僕は年齢的には平均値です、彼は中々の好青年でした。
押してる乳母車の子が唯一僕よりチビなんですが追い抜かれるのもすぐだろう。
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-26 14:10 | 親友

おねがいします

Dear my Sister Good morning
シアトルに住むさっちゃんは彼の人の長姉さん。
僕を末っ子にして貰いたい、僕、否私を末妹として認知してください。
『かっちゃんのBlogのURLを教えたから変なことは書くんじゃないよ』と釘を2本も3本も打ち込んだ彼の人。
残念でしたね彼の人よ、さっちゃんに直訴しちゃいましょう、妹にしてくれって。
「さっちゃ〜ん、妹にしてくれ〜」 聞こえたかな〜さっちゃん。
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-18 11:45 | 親友

南 秀行君を偲んで

僕が、その救命救急センターを退院したのは2週間後の事。
体重が36Kgにまで落ちたとはいえ、入院前が43kgだったから大した減りようでもない。
救命救急センターの入院費を実費で払うと1日10万円だそうです。
ホテルのスィートの数十万に比べると安いかも知れないと思うのは、専属の医師を占拠し看護師さんの付きっきり24時間ケアを受けれるからです。

かの南君を見舞いに行くと当時の室長医師は面会時間の範囲を広げてくれます。
彼は随分安定してきたと報告を受けました。
そして彼の家の近くへ転院して間もなくこの世を去ったことを医師から聞きました。
何でも食事を喉に詰まらせたのが原因だとか、まだ20代の青年の自由を奪い、命までも
奪ったインフルエンザ菌。

風邪だからと市販の薬で お茶を濁さず病院へ行きキチッっとした治療を受けねばと、シーズンを目前に思いを新たにし、皆様にもいつまでもお元気であらせられますよう、心より
お祈りいたします。 
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-14 15:19 | 親友

南 秀行君を偲んで

風邪とインフルエンザの流行するシーズン到来です。
僕は喘息持ちなので、風邪やインフルエンザに感染するのは恐怖が伴います。

昭和61年12月に過去経験したことのない程の発作に見舞われ救急車でP病院へ搬送
されて1週間、一向に良くならない僕を抱いて『ごめんね、強い薬を使ってるのにごめんね』と云ってくれた看護師さん。
その後大学病院の救命救急センターへ転送されて少しづつよくなっていきました。
救命救急センターには重症の患者しかいません、P病院の寝間着は僕だけで、その他の人は全て裸におしめだけで寝ています、布団すらかけてないんです。
僕のベッドの足元には24時間 看護師さんが詰めています。
少し、息が楽になった時、その看護師さんに手を挙げて挨拶した日から別のベッドに移り
立ち上がることが出来るようになりました。

その部屋に右手が少しだけ動く青年が寝ています、首に穴を開けて人工呼吸機に繋がって
います。
彼はインフルエンザ菌が血液に入り、運動神経が麻痺したと云う。
彼が看護師に頼み事をするとき、看護師が[あいうえお]と全文書いた紙と彼の目で用件を
知ります、そのもどかしさに強度のストレスだと精神科の医師が診断。
僕は暇ですから、看護師に紙とマジックを借りて、[急ぐ] [急がない]と書き、急ぐの右に[大便][痛い][かゆい][喉が乾いた][その他]と書いておいて、彼と話しをしたんです。
看護師さんが彼の下半身を奇麗にしてる時、「ねぇ、彼が健康ならこんな事できないよね」
・・・・・・『キャ〜〜〜』と云っておしぼりを彼のお腹に乗せて逃げて行きました。
フッフフフ 僕は悪い患者だ。  続く
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-14 14:25 | 親友

男の劣等感

男は人前で裸になるとき比較する。

僕がハンサムだった頃、前にタオルを当てて歩き浴槽へ向かう。男が男に自信のある人は隠さず”どうだ、参ったか〜頭が高い” と自慢げに歩く。
僕はタオルで隠し、端を歩きそうゆう人に道を譲る。

友人と話す機会があり、頭の良い彼はすっくと胸を張り僕に説明を始めた。
友人『お前さ、自分のは上から見てるやんか、ほんで相手のは正面から見るやん、そこで考えてみろや、勝てない訳はそこにあるんや、それと日本人の平均的サイズはやね・・・・』
彼は平均的サイズがあれば決して悲観することはないと。
彼は今、歯科大で教鞭をとっている。
以来、タオルは洗面器の中えと入り、僕は胸を張って真ん中を歩いている。
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-11 11:08 | 親友

親友 N君の話し。

b0062927_9471093.jpg
貰っちゃった マウス。
こりゃ〜大変便利です。
また可愛いんです。
使用感も優れています。
N君『かっちゃん、ええもんやるわ』(良い物をあげるの大阪弁)
僕「何  何 貰たるけれど何やのん?」
N君『これや』

昨日、この親友と待ち合わせて仕事のつもりがチャーハン&ラーメンで別れたが、
このN君はコンピューターのハードとソフトの両方を修理できる人なんです。
ボクの記事にも数回 ノーギャラで出演してくれた人です。
ゴッコル、yoshimac
彼の受注、製作されているホーム・ページは公開されている。
彼の頭のなかにはHTMLの文字が整頓されて収まっている。
僕にも、そのHTMLを理解するように勧めている。

皆様のBlogにも理解されて変更や文字色を換えたり大きさを換えておられるのを
羨望の目で拝見しています。
実は僕のベッドの横に数冊の本が お菓子に埋もれている。
メーリングリストの連中からも[猿でも解るHTML]なるサイトを教えてもらった。
しかして僕は今、没頭出来ない理由が秘密ではあるがあります。
おせ〜ないよ(教えない)

N君には何かにつけて世話になっている。
紙面を借りて、お礼を言っておこう。

N君のような天才の製造元でもある父上と数回お目にかかったが
父上は僕と同じ歳なのに僕よりず〜〜っと大人の紳士だった。
僕のキャラクターを換えるには少し老いちゃったが誕生日に向けて抱負として右の
ポケットに直しておこうと考えています。
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-09 10:30 | 親友

ラーメン

b0062927_23211876.jpg
これはスゴウマのチャーハンです。

今日は親友の仕事のお手伝い。
待ち合わせをするべく電話をしたら、お得意さんの社長と連絡が取れないそうな。
若くてやり手の人だから、忙しいんだろう。
僕も仕事をしていた頃は忙しかった、但し僕は鈍臭いからですが。
親友『かっちゃん、ラーメンでも食べに行こうや』
僕「オッケー、場所は何処?」
親友『天王寺の公営病院の前』
僕「じゃ〜行くよ、着いたら電話するよ」

そこは、小さなラーメン屋さんです、中華の店は汚いと云うイメージが強いが、そこは
こざっぱりとした処。
奥様らしい人がメモを片手に注文を取りに来られました。
奥様らしい人『何になさいます?』
僕「特に、美味しいものってどれです?」
奥様らしい人『はい、セットメニューのこの辺りです』
僕「二つは入りません、ので単品でお願いします」
奥様らしい人『ミニミニ・セットがございます』
僕「では、それのトンコツでお願いします」

キムチは食べ放題、それに、このチャーハンの旨いこと。
妻と外食をしても、あっさりとした和食しか食べなかった僕です。
それが、若い連中と遊びだしてからはコテッっとしたものが多くなりました。
特にこの親友ときたらラーメン大好き人間だから、間違っても[きつねうどん]なんて
頼まないでしょう。
ラーメンもチャーハンも最高に美味しかった、最近のヒットでしょう。
そんな訳で今日は2食の餌を貰えたタヌキの義父でございます。
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-08 23:50 | 親友

自慢の婿殿

b0062927_2247207.jpg

自慢の娘婿が雑誌に載ったと娘から電話があって大きな本屋さんに行きました。
店頭に無いので聞いてくださいましたが無いとの返事。
旭屋書房にも行きましたがございませんだと云うのを娘に知らせると、出版社にメールで
発注し、今日送付されてきました。
大手ですが、たまにこうゆう事もあるんですねぇ〜

婿は浜松で楽器メーカーに勤務し開発なんかをするポジションなんです。
そして出来た製品と一緒にパチッ
娘が『旦那は、猫が好きなタヌキみたいだから、頼むから顔は載せてくれるな』と
きつ〜いお言葉。
彼はタヌキの中でもハンサムに属すると思うのになぁ〜
僕の同年齢なら、佳き親友でライバルになったかもしれないと思いつつ他の部分を撮影しました。
こんな写真でご勘弁くださいね。
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-08 23:00 | 親友

忘年会

久しぶりに、ハーレー・ダビッドソンのショップへ顔を出した。
バイクを降りて久しく、この店に寄っても用事がある訳じゃないはず。
店長『いやぁ〜かっちゃん生きてたん? 電話して出なかったら死んでると思うと電話も出来なくてさ』
僕「バッキャロ〜電話ぐらいしろよな、何なら香典の先払いしても良いんだぜ」
店長『前払いの割引って10%ぐらいかよ〜』
僕「よっしゃ 手打った、ところで、いつ食事を奢ってくれるねん?」
店長『あ〜そうやった、忘れてた、こんなんどうや?』
と手渡されたのが http://www.tanakabb.com/igossou/
僕「これを1匹喰わせろや」
店長『喰えるもんなら喰ってみろよ』
そこには人間ほどもあるクエが横たわっていた。
社長『かっちゃん、忘年会には来るんやろな?」
僕「そら行くがな、で、いつ、どこで、幾ら?」

忘年会には息子は不参加だそうだ、初日の出ツーリングには行くそうだと社長から聞いた。
僕にも車で良いから参加しろって云われた。
どうしようっかな?
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-07 23:47 | 親友

親友から苦情

『あんたね、幾らなんでも書き過ぎよ、読むのが忙しいから他の人のBlogを読む時間が
減っちゃうやんか、かっちゃんは暇でもわたしゃ忙しいんだからね』

そう云われると確かに そうかもしれません。
今日はこれぐらいで勘弁してやるか!!
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-07 01:09 | 親友



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30