山の彼方の幸せ求め・・・

カテゴリ:老いても尚( 32 )

小さい事は良い事だ。

随分前に見た写真にニタ〜っとした、ベストキック
この同じ写真が韓国のHPに載っていた。

どちらがパクったかは判らないが、良い写真だと思った。
小さなやつが大きいやつに勝った瞬間だからだ、身体の小さな僕は大きいのが好きだが
小さな奴が大きいやつを負かせたなんて痛快で憧れでもあります。

僕がハーレー・ダビッドソンのエレクトラ・グライドに乗ったのも、大きい物への憧れだったのかもしれない。
300Kgを超える車体に1450ccのエンジン、そのエキゾーストから出る音は独特でバイクに乗る人ならずとも『良い音』だと云ってくれたもんだった。

過去、数度の喘息発作で入院し安静が続いたお陰で筋肉が衰え、ハーレーの小さなバイクですら、振ら付くようになり乗る事を断念。
残念で仕方ない。

エイリアス『や〜い、チビ、短足や〜い』

僕「何云うてんねん、老いて縮んだとは云え、年齢の平均値やもんね〜だ」

エイリアス『そこの棚のもん取ってみいや』

僕「へへん、脚立ってもんがあるんだよ〜だ」

エイリアス『やっぱりな、それを使う頻度が多いちゅうねん、や〜いや〜いチビ』

僕「お前もチビやないか?」

エイリアス『俺のことはええねん、まぁ小さいけど、健気(けなげ)に生きろよな』
[PR]
by kattyan60 | 2005-05-06 12:16 | 老いても尚

若返りたいのかも。

僕の顔には深い皺が多くある。
みっちゃんが元気だった頃は、今より12kg太っていた。
みっちゃんが逝った日から1ヶ月で13kg程痩せてしまって、その時に表皮が縮んでくれないもんで、シワとなったようです。

老人性のシミは、まだ少ない方だと思っていますが、これから急激に増えるのかもしれません。
手遅れは承知で少しケアをしてみようかと考えています。

シミ

シミよりも、僕には年齢以上の深いシワがありまして、mailmamaからも指摘されています。
昔のように太れば、シワは減るかもしれないけれど、内臓に脂肪が取り巻いていたから、これもあまり希望できない。

シワ

ある方のブログで、拝見したんですが、シミ取りのクリームを買われたそうで、自分の年齢より遥か高年齢用を買われたそうです。
その方はブログを初められたところで、まだTBを希望されなかったもので、頂戴いたしました。
[PR]
by kattyan60 | 2005-04-03 22:31 | 老いても尚

筋力低下の事故

一昨年にも入院して3週間の安静の後、看護婦さんを伴って京都の街を歩くことになった。
彼女は九州から出て来た子で彼氏が欲しいとの要望で、僕の友達を紹介してあげることにしたんです。
バイク仲間が結婚し、その二次会へ誘ってあげたら行きたいと云う。
まだ京都へも行ったことが無いっていうので、よっしゃお爺ちゃんで悪いけど案内してあげよう、お世話になったお礼でもある。

喫茶店で軽くお茶&サンドイッチを食べて清算し、4段程の階段を軽いステップで降りたんです、ところがですね、膝がガクッっとなって顔面着陸したんです。
完全に筋力が低下しています。
ドイツ製のメガネが飛んでしまい、ほっぺたに擦り傷。

筋力が低下して、復旧することが難しい老いた身に情けなくなっています。
これからは階段を使う、できるだけ歩き筋力を養うことに努力しよう。
日本舞踊をされてた花柳流の男先生は、不自然な姿勢が多いから膝を傷めたんだそうだ、スクワットでもして筋力を強化しなくっちゃ。
食後、風呂に入って筋肉が暖まった時にするのが効果的だそうだ。
[PR]
by kattyan60 | 2005-03-23 11:13 | 老いても尚

大失敗の巻

アッハハハ〜 大失敗じゃけん。
今日は天気も良い、僕のリハビリ&エクササイズじゃけんと六甲山の牧場へと出向き、散歩と洒落込んで、美味しい空気と美味しい牛乳を・・・・

ナビに[六甲牧場]とセットしてmailmamaを誘い出して出掛けたと思ってください。
行けども行けども着かず、山は遠ざかり、近づいてくると老人ホームではないか/
しかも六甲とは縁のない平地。
ここで気付いたんです、[六甲山牧場]山が抜けてたんぞね。

mailmamaは僕を馬鹿にする、されても仕方なかね。
仕方なく神戸の街をブラブラとしてさ、商店街をウロツイてさ、1枚100円のお好み焼きを買い、2本105円のジュースで流し込んで送って行ったとよ。

その帰り道でmailmamaが見つけた↓

b0062927_2235592.jpg


この人って食べ物には鼻が利くんですよね。
大失敗のデート・コースだった、ナビをもっとしっかり見とくんだった。
あまり賢くないナビを使う奴が賢くないとなればバカの二乗なのよね/
mailmama ごめんね、今度はきっと楽しい時間を創るからね。

ラーメン&餃子
[PR]
by kattyan60 | 2005-03-21 22:42 | 老いても尚

心年齢と入れ物

若い頃は寒がりの暑がりだった、だが暑いのはまだ我慢が出来る体質だった。
友人とサウナに行ったときだった。
サウナに入った友人はすぐさま凄い汗を流すが、僕は一向に出てこない。
体重が43Kgに160cmの身長だからかなり痩せこけていました。
だが長年この体重だったんです、いくら食べても太らないんですから、みっちゃんは羨ましがってましたね。

僕が電気屋を自営し始めた頃は未だ生計が成り立たず、土方も平行してたんです。
夏は炎天下、冬も寒空の中で仕事をしたんです。
それは、2年程続けたんです、そのお陰かどうか、暑さも寒さもかなり我慢できる様になりました。
今冬も未だ暖房を入れたことがなく、掛け布団も毛布が2枚だけなんです。
アンダーシャツも半袖しか持ってない、ズボン下も持ってない。

今暑がったり寒がっている方々、安心してください、歳を重ねると感じ難くなります。
とは云っても寒いと感じた時は既に遅いかもしれません、グスン ほら鼻水が出てる。

老いたりとは云え心年齢は若く二十歳代の僕であります。
ただ入れ物はシワも増えてシミも見え隠れしだしています、男ですから化粧なんてできるかよ、と粋がってきましたが乳液や化粧水なるものを購入し、シワに刷り込んでいる姿は自分でも嫌でございます。

昔から、僕の皮膚は頑丈に出来ているようで、洗剤や薬品を扱うのも素手でやってます。
今日もまな板や包丁、フキンに塩素系の漂白殺菌剤を使ったんですが手指が少しヌルヌルするだけで、肌荒れは無し、返って奇麗になったような気がしています。
この塩素系殺菌剤を顔に塗ってみようか?シワが延びれば学会に発表するぞ〜

[アホな事言ってないで早く寝ろ]とメルママからお叱りを受けそうなので今夜はこれにて・・・・・皆様おやすみなさいませ。(角煮の事でも考えようっと)
[PR]
by kattyan60 | 2005-02-28 02:35 | 老いても尚

幸せなひと時

さすがはNHK、BSで[ファースト・フード=ファースト・ウォーマン]なる映画を真剣に観てしまった。
老人がエミリーという老婆と出会った、老婆は歳を鯖って(鯖読んで)たのを老人の家を訪ねて白状した66歳だと、老人は感激して老婆にキスをしたら『こんなキスは久しぶり』と二人はベッドに入るが、老人は疲れたと言った。老婆は新聞を読むからとその新聞に霧吹きで水を掛けた。
老人は訝って(いぶかって)理由を聞くと『貴男が寝る邪魔になるから新聞が音を立てないように湿らせたのよ』と云った、それを聞いた老人は彼女を抱き寄せて頑張ったのは云うまでもない。
その前に老人は若い娼婦を呼んだ、そして娼婦は服を脱ぎかけたら『愛の無い行為はできない』と言い、単なる会話だけを楽しんだ。
良い話しではないか、フィクションであろうとそのご婦人の気遣いは愛ある行為に他ならない。老人ならずとも惚れ直すところですね。
『アンタ、寝るんだったらあっちへ行ってよ』なんてことにならないようにご用心。

※文中66歳の方を老婆と書いてしまいましたが、現在では不適当でありましょう。
本文の関係でそう書いた事をお許しください。
[PR]
by kattyan60 | 2005-02-04 02:17 | 老いても尚

小学生並みからやっと大人に

今日は僕の誕生日だってんで、彼の人とのデートですから、朝からソワソワし早朝に目覚めて風呂に入りゴシゴシと いつもより丁寧に洗って彼の人の家に伺いました。

ブランチにと海老フライと鳥の唐揚げを作ってくれました、そりゃ〜不味いはずはなく美味しく頂戴いたしました、当然後片付けはオイラの仕事でして、その間に化粧をし準備が整いまして大阪南の泉北にある映画館へ着いたのは午後1時、そこは駐車場に入る車で渋滞をしています。
午後1時15分開演ですから間に合うわけはない、急遽行き先を換えましてですね、淡路島へのドライブにしたんです。
彼の人『帰りって帰省のUターンになるから渋滞かもね』

彼の人は明石大橋はまだ通ったことがないと聞いてたからそうしたんですが、考えたら僕の誕生日のデートだってのに、悲しいかな普段の習性でつい彼の人の喜ぶ顔が見たくて行っちゃいました。
洲本温泉にでも浸かって普段の疲れをと言ったんですが、着替えを持って来ていないし 温泉に一人で浸かっても楽しくないだってさ。
「それでは僕と入りましょうか? 」
彼の人『バカ』 
夜の帳に赤々と浮き上がった橋を大阪の難波に向かい焼き肉を食べて送って行ったというだけのデートでしたが僕は楽しく過ごさせていただきました。
遠隔地でお住まいの方には珍しいかなと撮ったが携帯電話のカメラなので迫力はないですが、彼の人はいつも夕方になると『かっちゃん、もう帰ろうよ』と云うのに この日は言わなかったのが嬉しい変化でございます。
小学生のデート並みに午後7時には家に送り届けてたのが、今夜は遅くなりました。
コメント欄は明日拝見しますので ご返事もすいませんご無礼させてくださいね。

手足同様長い指の彼の人の手です。
b0062927_024130.jpg
神戸から淡路に向かう明石大橋。
b0062927_0253543.jpg
夜の帳に浮かび上がる明石大橋を神戸に向かう。
b0062927_0265830.jpg
[PR]
by kattyan60 | 2005-01-04 23:48 | 老いても尚

老いても尚盛んなり

外食するときは必ず和食、たまに、本当にたまにフレンチもいただきましたが普段の食事も大半が和食でした。
外食で焼き鳥やラーメンはまず食べなかったですし、スナックやバーなんてのには用がなかったんです。
妻が去ってから、色んなものに挑戦しています。
今迄は決して嫌でなく二人とも自然と和食で満足してたんです。
妻も僕も殆ど独りで喫茶店やレストランへ入ることもなかったんです、臆病になっていたんですが、一人で入ることには未だに抵抗がありますが、初体験が多くなりました。
僕が初めて焼きソバを食べたのは中学生のときで、近所のお姉さんに連れて行ってもらった大阪難波の千日堂、そこで食べたのが初めてでした、おお旨いやんか〜と初めての給料でお母ちゃんに電気炊飯器を買って、その焼きソバを食べに行ったんです。
洗濯機は親父が買ったので 僕はその年のボーナスで冷蔵庫を買いました。

歳を経るごとに感激が薄れていくもんなんですね、初体験なるものも多くないでしょうか、
僕はおじさん、もとい おじいさんなのに未体験なものも多いようなんです。
彼の人との食事も初めてのお店が多いんです。ワクワク
バイクで鈴鹿サーキットを走行したのも初めてでした。ドキドキ
メールやネット・サーフィンも初体験でした。 ドキドキ
ちょっと、危ないサイトにも入ったことがあって、請求がきましたうん万円。ドキドキ
そんな時にマック・フアンだけの小規模なメーリング・リストを紹介してくれた親友がパソコンをセッティングしてくれました。
そこで出会ったのが 彼の人でした。ドキドキドキドキドキドキ
身長の差だって僅かに10cm程低いだけだし、何て事ないやね、これが1m程差があるなら考えもんだが、ほんの10cmだもん、僕がヒールの高い靴を履いて彼の人がペチャ靴を履いてくれさえすれば その差も数センチになるもんね〜
妻を除けばこんなに若く見えて美人なんて初めてだ〜 ドキドキドキドキドキ

神戸のルミナリエも初体験。ワクワク
アウトレットも初体験。ワクワク
被服と小物の商社の招待へ行ったのも初体験だし。ワクワク
3年間で14人もデートしたのは初めてだったが 今は彼の人だけで満足 満足。
花屋の子、第三セクターで働く子に娘の同級生やら看護師やらと考えてみたら色んな事がありました、彼の人の良さを認識させてくれた人達ですから感謝しています。
過去58年間のドキドキよりも数多くドキドキした ここ3年間だったことでしょう。
これからも、ドキドキ ワクワクが待っていると思うとドキドキ ワクワクします。

 
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-26 22:06 | 老いても尚

老いても尚盛んなり

僕は男です、きっと紛(まぎ)れもない男だと思うんです。
以前にネイチャー何とかって番組で、雄鳥が自分の巣に雌を迎えるべく羽根を広げてダンスをし、巣を奇麗にして青い物を拾ってきては飾っています。
その飾りやダンスがご婦人に魅力を感じるならば、僕だって一生懸命になれるんです。
残念ながらご婦人は、身長とその顔などに魅力を感じるものなんでしょう、ヨン様にフアンが殺到することに それが現れているように思います。嗚呼切ないなぁ〜

こればっかりは、先祖からの家系の顔ですし身長ですから努力のしようがございません。
中学生頃の親友は学校内でも背が高い部類に入っていたんです、僕は略(ほぼ)真ん中。
その親友とよく読んだものに[冒険王]なる雑誌がありました。
その中に[君も背が高くなる]と云うCMがあったんです、その原理は足を引っ張るんです。
それを読んだ親友は僕の足に紐を結び、引っ張ってくれました『お前もこれでおっきくなるぜ』それはそんなに長続きしません、遊ぶ事に熱心でいつの間にか身長を伸ばすことを忘れてしまってました。
その頃はまだ、子供ですから仄(ほの)かに好きだと思う子もいたんですが、目の前に玩具があると忘れてしまう程度の希薄な愛だったです。嗚呼切ないなぁ〜

親友の体はすっかり大人です『お前って子供やなぁ〜毛も生えてないやんか、剃ったら濃くなるから、剃れよ』そう言われて親友のカミソリを借りて足や手と憧れた胸毛を剃りました。そこには産毛だけです、そして大人の証拠の部分も剃っちゃいましてツルンツルンになり、子供を誇張したようでございます、それを見た親友は涙を流して笑いやがった。
当時中学3年生で136cmでした、嗚呼切ないなぁ〜

文頭の鳥君は周囲に雌が来ていなくてもそのダンスをしています、飽くなきそのダンスは雌が来る迄続くんですよね、それで運良く(そう運なんです)雌が巣に入っても居心地が悪いと飛び立っちゃうんですよね。嗚呼切ないなぁ〜

僕はそんなルックスに努力する事を止めました、だって努力するたってどうすりゃ良いの?
鼻を高くする? それもやりましたよ、洗濯バサミで鼻を摘んで寝てはみたものの息が苦しくて断念、目を大きくする? それもやりました、週刊誌で見た通りセロテープを細く切って目蓋に貼りました、恨みも長続きしないのは僕の自慢です。嗚呼切ないなぁ〜

そんな努力は精々10代まででしょうか、今は努力としては常に清潔でありたいと考えています、いつ交通事故で病院に運ばれるか判りません、運ばれて服を剥ぎ取られた時にですね、黄ばんだシャツ、数日穿いた下着なんて恥ずかしいじゃないですか、家でだって倒れない保証はないんですから清潔でありたいもんです。

ご婦人方がダイエットされたり、胸の谷間を作る下着を捜されたりと努力されるのと同様に老いたりといえども日本男児、日々西進奔走し心を磨きご婦人に奉仕し続けましょうぞ。
嗚呼〜切ないなぁ〜
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-25 10:42 | 老いても尚

いつまでも青年でありたい

恋をするのは動物の専売特許ではないのではないだろうか。
心を持つのは人間だけ何でしょうか。
これから起こるであろう事を推測出来るのは人間だけなんだろうか。

花も恋をするんではないだろうかと考えています。
唯物論者ではありませんが、花が花粉と云う恋文をミツバチや虫に託して恋の成就を達成するのは、恋をした結果なんではないだろうかと思っています。
その昔、背の高い樹木が恐竜に食べられるだけの人生に嫌気がさして、低い処で花を咲かせることで積年の恨みを晴らし、恐竜を絶滅させた一因ともなったと唱える学者先生も居られるそうな。
恋が芽生えた樹木も花を咲かせたのに、妻が逝って咲かないままに終わる人生に身悶えしているのは、僕だけではないだろうと推測します。

いつだったか、ネット・サーフィンしてた時に、恋人募集と云うサイトに入り、見ているとそこには各国のご婦人、紳士諸氏が募集されていたんです。
その環境も、多種多様ですが死別はもちろん別居中とか離婚した方々の真面目で恋を恋する叫びが聞こえてくるようです。
花だって恋をするんです、そしてそれなりに伴侶が現れていると思われます。
恋に恋する男が居たって良いじゃないか。
老いたりとは云え、寿命が大きく延びたんだからいつまでも青年の心を持ち続けたいものだと思いながら、花に思いを寄せています。 
[嗚呼恋よ 恋に恋して 胸熱く] さぁ 寝るとするか
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-25 02:22 | 老いても尚



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31