山の彼方の幸せ求め・・・

カテゴリ:食を語る( 70 )

何て料理?

妻は料理に情熱を持っていた頃、チキンの中にバターを入れて焼いたものがあった。
それを何と云う料理なのか僕は知らない。
息子夫婦が子供を連れて来た、遊びに出掛けて夕食の用意が出来ないので用意して欲しいと事前に連絡があって妻は人数分のそのチキンを用意し準備に懸かる。

僕は彼らが来る事を知らなかってソファでテレビを見ていた。
妻は台所で忙しく働いているのを訝って(いぶかって)「何か手伝うか?」と聞いた。
妻『男子厨房に入るべからず、任せておきなさい・・・・そうだチビ達が来るのよ』
僕「えっ孫もか?」
妻『当然でしょうよ』おいおい、それを先に言ってくれよ、こんな嬉しいことはないじゃないか。
この孫も僕をかっちゃんと呼び、嫁さんの用事の時などに僕達が預かっていたり、会社の事務所へ来たりすると仕事を中断して近くの公園へ連れて行くのが結構面白い。
僕が木に登ると真似をして木に抱きつくが登れなくて、下から『かっちゃ〜ん』と呼ぶ。
いつだったか、孫を抱いて公園の柵を跨いだ時、その柵に足を引っかけて転けてしまい、孫を顔面から土の上に落としてしまった。
それから当分の間、孫は僕に抱かれるのを拒んだもんだった。

妻の作ったチキンの料理を嫁も息子も孫も笑顔で美味しいと何度も良い妻は笑顔でそれに答えていたが、女は得だなぁ〜と思った。
[PR]
by kattyan60 | 2005-02-09 10:52 | 食を語る

プロの味だわさ

今朝起き抜けは、なぜか気だるくてベッドで動かず30分程テレビを見ていると、お腹の底から力が漲って(みなぎって)きた、体が目覚めたのでしょう。
髭を剃って多少なりとも見苦しくないようにし、コロンを振り撒いて着て行くシャツにアイロンをかけ出掛けたと思ってください。ノコノコノコ

mailmamaを助手席に乗ってもらい、其処から東へ走ると梅田へ出ます。
僕の青春時代には御堂筋をミナミ(難波)から梅田に向かって銀杏並木の中を話しながら歩いたもんです。(難波で4人のナンパ仲間とナンパした娘さん達と)
中之島辺りには日本銀行の大阪支店があり、夜のその界隈は雑踏もなく外国の街のようで少しロマンティックになる、河を渡る橋の下のはペアが散歩することで有名な中之島公園となっている、歩き疲れたのと雰囲気でその公園のベンチに座る。
もちろん、それは当初からのシナリオなんです。
ほら、そこのベンチでも人目も構わずカップルが抱き合ってKissをしているでしょ。
そんな景色を見せてあげると、警戒心も失せてしまうって寸法なんです。

寄り道したが、その繁華街を通り過ぎて扇町へ(此処は大阪フィル・ハーモニーのホーム・グラウンドがある]と車を進め駐車場に車を停めた頃はすっかりお腹も空いていた『かっちゃん、お腹が空いて気分が悪いわ』と言うmailmamaに少し我慢をしてもらい、トボトボと歩いて目的の寿司屋へ歩いたのでございます。
寿司屋を押して動くものなら、mailmamaの待つ処まで押してきたい心境ですが、残念ながら こちらが歩いて行くしかないのです。
駐車場から少し斜め向かいにはファッション・ホテルがある、それを横目に通りを進むと天満の商店街がある、日本中の商店街は元気が無くて、閉めたお店も目立つようだが、此処はそんな店もなく元気なもんだ。

『イラッシャイ、お二人さんご案内っ』3〜4人の板場の人が頭を下げて挨拶をしてくれる、この店にはmailmamaのお姉さんを交えて数度来たことのある、回らない寿司屋さんです。
単品で頼んですっかり満腹になりハタと気が付いた、しまった写真を撮るの忘ちゃったので、残骸だけですいません。嗚呼旨かったなぁ〜 トロや赤貝など あんなに食べても3000円でお釣りをくれたんですよ。ゲップ
b0062927_2225878.jpg



作りました。macocotteさんちで教わったスパゲッティを慌ただしく作りました。
二人がかりでサラダ(湯がいたキャベツに薄切りリンゴとプチトマト&ガーリックトースト)今日は久しぶりに3食当たりました。太りそうだわ
b0062927_22254113.jpg

[PR]
by kattyan60 | 2005-02-08 23:17 | 食を語る

ケーキとカレーライス

b0062927_2295921.jpg我が人生で初めて菓子に挑戦したんです、彼の人のアドバイスを受けながら(実際は叱られながらなんですよ/)小麦粉を篩(ふるい)にかけまして、具材を入れてかき混ぜて、

b0062927_22105697.jpg彼の人に焼いてもらったんです。
でどうです/ この出来具合は?
味? そりゃ〜 美味しいに決まってまんがな。(ちょっと紙からはみ出てますがこれも愛嬌)

b0062927_22112541.jpg

b0062927_22115593.jpg



ma_cocotteさん、作りましたよ。






焼いてもらってる その間にカレーの材料の皮を剥いて刻んで炒めて出来たのがこのカレーです。




昨夜もカレーでしたが、こちらの方がだんぜん美味しいんです。



彼の人のアドバイス(^|^; をいただいきながらもチョコを入れて出来たのを彼の人も美味しいと言ってくれました。

(どうだ、参ったか〜) 
[PR]
by kattyan60 | 2005-02-06 22:26 | 食を語る

カレーだ〜


このカレーは箱の中にアルミのフィルムでパックされた物と ご飯もレトルトでございまます、がしかしラッキョは4年も前になりましょうか、妻が漬けておいたものです。
それを今夜は大判振る舞いで頂戴いたしました。
右のは彼の人に戴いた鰊の昆布巻きでございます。
最近独りで食事をするとき自炊する努力をしようかと思いながらも ついこうなっちゃうんです。
素材を買っても封をしたままゴミ箱へ行った事も数知れず、その無駄を防ぐことでレトルトに手が伸びちゃうんです。
野菜? はいそれはジュースが受け持っているんですよ。
昔を思い出して節約しているんです。
b0062927_23192131.jpg

[PR]
by kattyan60 | 2005-02-05 23:32 | 食を語る

麦飯と芋粥

おじや
wanko様の記事を拝見して思い出したんです。

僕が何歳頃だったか覚えていないが幼かったのは確かでしょう。
ご飯と云えば麦飯で、今は健康的だとか景勝地などで[麦トロ]とお洒落になっちゃっていますが、麦飯なんて美味しいとは思いませんでした。
何処で手に入れたのかお米を1升瓶に入れて、ハタキの柄で突いて精米して それだけでは量が少ないのでサツマイモと水で増量するんです。
それが芋粥でして当時の僕には超ご馳走なんです、仄かに甘いそれをお代わり出来るのは2杯です、3杯目を出すと『これはお父さんの分だから我慢しなさい』と義父に遠慮したお母ちゃんも辛かったことでしょう。

スイトンも多く食卓に登ったもんです、だけど中身の無い団子だけの澄まし汁でしたがそれも僕の好きなものでした。
物価が高騰し、生活も大変だったことでしょう。
義父の葬式の日に、義父の弟さんから『お前の親父にね、種芋を買わされたことがあって、不味くても捨てる訳にもいかず醤油を掛けて食べたんやで、酷い親父や』と
聞かされたが僕は黙って頭を下げるしかなかった。
そのような事で被害を受けた弟さん達も多かったようで、親戚付き合いにもお母ちゃんのご苦労が想像できたもんです。
物の無い時代と今の飽食の時代とを生きてきて思うに、昔の芋粥だけで満足できることを学ばねばならないような気がします、ツバメの巣にフカヒレのコースを食べても「少し不味いんじゃないかな?」と奢った気持ちを反省せねばとwanko様の記事を読んで考えたのでございます。
だけど美味しい物を食べたいなぁ (こらっ〜)
[PR]
by kattyan60 | 2005-02-05 20:02 | 食を語る

やったね。

b0062927_2245458.jpg
僕はどうゆう訳かアイロンかけが好きでして、スポーツ・シャツにジーンズの後ハンカチーフにアイロンをかけました。
彼の人のお宅へお伺いする前の家事でございます。

おっと〜カメラを持参してたのに ご馳走になった夕食の写真を撮るの忘れて夢中で喰っちゃった、否失礼、食べちゃいました。
大きなトンカツと牛丼なんでございます。
彼の人のお宅へ到着すると、彼の人は既にトンカツの衣を付けておいででございます。
時間が早いので、オーディオの調整をしていたらカセットデッキに入れたテープが出てきません、偶然故障したんです。
『もう〜かっちゃん、潰した〜』そうなんです、偶然とは云え僕が触っているときですから何とか修理しなくっちゃ、次回必ず直しますよだって僕は元電気屋ですもん。
(彼の人には内緒ですが、直さなかったのには時間が無かった事もあるけれど、これでお伺いする理由ができました)

マイ・包丁で野菜を刻みましたんでございます、キャベツとタマネギをです。
キャベツはトンカツ用にしタマネギは牛丼用でございます。
後は彼の人が味付けをしてくださいました、旨かった〜 ゲップ
[PR]
by kattyan60 | 2005-02-04 22:36 | 食を語る

節分だ〜

やりましたね〜[かき揚げ]
[ためして がってん]で教わった[干し海老]を戻してインゲンと三つ葉と[かき揚げ]にしたんです、彼の人も美味しいと言ってくれました。
がしかし・・・・・

b0062927_23245522.jpg


b0062927_23263889.jpg








これは彼の人の巻き寿司 Beforeでして、僕が巻いたら叱られちゃいました。
理由=ご飯が多い、手がご飯だらけ『かっちゃん、あかん下手くそっ』




b0062927_2327774.jpg








巻き寿司 after 巧い、さすがは片手間主婦だわ。





b0062927_23273468.jpg








鬼だぞ〜 何? チビだから恐くないって? 


ところで節分て何だったかな? (爺が継承しなくってどうすんのよね)
何方かおせ〜て〜
[PR]
by kattyan60 | 2005-02-03 23:40 | 食を語る

干し海老

今日の大阪は風が強くて寒いんだそうです。
実感していないのは家から出ていないのがその理由です。
部屋の片付けをしながらテレビを観ていたら、[ためして がってん]で干し海老の事をやっていたので つい手が止まり見入ってしまった。
干し海老の放送は明日の午後8時から2chであるそうで録画予約したんです。
遠い昔にお母ちゃんが作ってくれたお好み焼きにも入ってたし、おやつにポリポリ食べたもんです。
番組ではすっかりお洒落になっちゃって、主役になれる[かき揚げ]は産地の方が生海老と間違われた程です。
NHKの影のスタッフが苦労して視聴者にその結果を報告されても顔も名前も出てこない方々にエールを贈りたいものです。

干し海老を買ってみよう、久しぶりに[かき揚げ]と巻き寿司を作って節分を祝うとしましょうかね。
[PR]
by kattyan60 | 2005-02-01 15:53 | 食を語る

切る

正に切るとはそのままなんですが、刃物は色んなものを切断します。
髪に紙、金属だって切るのは時に刃物を使います。
まず、金属を切断する事で僕が生産工場へ就職し営業に出る少しの間、工場の中で勉強したんです。
1mmの1/4ぐらいの板を裁断するのに、社長から『スリッターなる機械を買うからお前が見てくるように』と云われて神奈川県へ出張したんですが当時は何も解らずに、機械のテストに印を押して帰ってきたんです。
その金属を裁断するって事を本によると、ある程度まで食い込んだら引き千切れるんです、その食い込みが多ければ奇麗に歪みもなく真っ直ぐに切れていくんです。
材料を押さえるゴムの強さなどの調整に何日徹夜したことでしょう。

旋盤って機械で材料を回転させてそこへ刃物を当てて押してやると削れます。
相手は鉄ですからそれより堅い金属が刃物になっているんです。
その堅い金属をグラインダーって回転している砥石で削って目的の形の刃物を作るんですが、ナイフのようにすると食い込んでしまって材料と刃物は飛んでいってしまいます、そんな失敗をしながらも ようやく仕事ができるようになった時に僕の仕事が済んで、どなたかに引き継いであげるんです。
僕は家の包丁が切れないと嫌なもんで、妻の使う包丁は略毎日研いでいたんです。
刃先を明るい方へ透かすと刃先が見えると程度にもよりますがそれは切れないと云うことなんです、刃先が薄く尖っていると肉眼では見えなくなります。
カミソリの刃がそれです、そこまでいかなくっても そこそこ研いでやらないと刺身などの裁断面が荒れてしまうんです。
僕は料理についてはまだ駆け出しで勉強も日々ですが切り刻むことだけは楽しんでるんです。
[PR]
by kattyan60 | 2005-01-31 23:17 | 食を語る

お料理教室

料理番組を見るようになってしまった。
今日もNHKで小林かつ代さんの[肉ジャガの素]ってものを用意しておいて、[肉ジャガ]はもちろん[豚丼]に[鯖の煮付け]や[大根の漬け物]など色々作って見せてくれるんです。
その[肉ジャガの素]を作っておけばっておっしゃってましたが、その場で用意できそう。
ただ僕の味付けは目検討で失敗します。調味料の量が多くて煮込んでいくと水分が減ってしまうのが解ってるはずなのに・・・・・

料理って奥の深いもので そのバリエーションも数知れず、しかも日本って国は世界中のお料理が家庭の食卓に乗るんだから凄いです。
チャブ台にフランス料理が乗っても不思議じゃない国なんですよね。
僕が育った時代では中華はおろかスパゲッティすら安易じゃなくて、老いた母の作ってくれるのは大抵和食でカレーのルーが登場して初めて我が家のチャブ台にカレーライスが乗ったんですが、明治生まれの義父には不評だったようです。
義父は毎晩焼酎と梅酒割りをコップに1杯だけ飲むんですが、それに合わないってことでしょう。
だが魚を食べさせると正に[猫跨ぎ]でして、食べた後の骨にお茶をかけてスープにしちゃうから、身が一欠片(ひとかけら)も残ってない。
僕は当時から魚を食べるのが下手でそれは今も続いてるんです。
昔、友人が『魚は肉より旨いんだよ』と言ったが、今の僕はそうは思わない。
普段より煮魚から逃げているから出会えないんでしょうかね。
焼き魚も食べる物がなければ食べます、そう仕方なくです。
ウナギは別です、だって骨が無いのが嬉しいじゃないですか。
養殖し改良して骨の無い魚ができれば僕の魚嫌いも変わるかもしれません。
[PR]
by kattyan60 | 2005-01-31 22:48 | 食を語る



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31