山の彼方の幸せ求め・・・

2006年 01月 17日 ( 1 )

毎年恒例

それは11日の夜から始まった。
その日は、帰国するメールママのお姉さんを関西空港へ迎えに行った。
時刻は夕方、空港でメールママと食事をしていた。
彼女らが到着しても機内食で満腹だろうからと、それに合わせておく必要からだ。
食事が済んで、到着ロビーで待つ事暫し、僕はメールママの出口を見つめる顔をビデオ撮影していた。

東洋人にしては堀の深い目鼻立ちに、ふくよかな唇がファインダーを通して照れている。
突然、その顔が明るく輝いた。
その目の先にレンズを移すと、見覚えのある顔が笑って応えている。
『ただいま〜』と唇が言ったが、僕の耳には届かない。

とまぁ〜こんな感じでメールママのお姉さんが友人を伴って帰国されたのだった。
その友人は、翌日に四国の実家へ帰るそうなのだが、そのルートを調べた結果がバスが乗り換えもなく有用だとメールママの結論に当人も同意したのだった。
僕「チケットは今日中に抑えとこ」と応接でお茶を飲みながら僕が言う。
それには全員一致のようだ。

メールママと梅田でチケットを購入してから、少しショッピングをした。
僕の身体の中で何か変化が起っている。
メールママを送り、帰る頃にはその変化が何であるかが解った。
[風邪をひいたようだ]

その夜、高熱にうなされ、ベッドの上を走り回った、”独りになった当時は不安だったことだが、今は慣れましたね”と彼は思い、日本の医療システムに満足している。

一昨日、少し改善が見られたので、息子に電話をして[お好み焼き]を買って来るように頼んだ。
その夜、9時を回った頃、息子が土鍋を抱えて『風邪にはこれが一番』と栄養ドリンクと粥を置いて帰った。

オッケーだ、治ったようだ。
これから2週間程の間で日本のインフルエンザのピークを迎えるそうだ。
うがい、手洗いをしていてもひくときゃひくのさ、でもよ、喉は痛いけど熱も出ないって言うメールママの免疫システムはどうなってんだろうかなぁ〜 ?????
[PR]
by kattyan60 | 2006-01-17 03:23



ヨーガをするショコラ君