山の彼方の幸せ求め・・・

2005年 09月 05日 ( 2 )

人格変化

ある親の話
最近お知り合いになったムージョな空間さん家でのお話に、介護の必要とラベルを貼られ、介護保険が適用される前に、すでに家族は辛い環境になってしまっているのだと思ったのです。

人が長生きが出来るようになった事は喜ばしいことだけど、素直に喜べないことも多々あるもんです。
僕らの青春時代[金の卵]と持てはやされて、就職してから会社に忠誠を誓い、家庭を顧みない仕事人間になり、たまに帰りに屋台で冷や奴をつまみに、一杯ひっかけるのが楽しみになり、家庭を顧みない夫を見放し、妻は教育ママになりキッチンドリンカーと化し、定年が来ると不景気だからと退職金もお涙で、充てにしてた年金もお粗末さは報道で周知のごとく。
男として生まれ、家族の生計を護るべくとの美句に仕事人間にされて、壊れてしまった行政の尻拭いをしている。
過年、銀行に対して多額の税金を投入したことの、その後が話題にはなっていない。

介護保険も強制的だそうな、そのお金の行方は?
国庫と云うとてつもなく大きな財布だけど、政治家や行政の良いようにされ莫大な借金を抱え込んでしまった不健康な日本。

そんな環境だから、周りの迷惑を考えないとすると、認知症も[悪い]と断言できなくなってきた、国民全員が認知症になってみてはどうだろうと思う昨今なのであります。
政務所員『税金を払ってください』
僕「ちょっと待ってね」冷蔵庫を開ける、そして「ごめんね税金を冷やすの忘れてる、今度来たら冷やしとくからね」

言葉の一口メモbyエイリアス
[PR]
by kattyan60 | 2005-09-05 14:03

台風が・・・・

大きな台風ですね、水不足の四国には恵みの雨になるでしょう。
既に、沖縄や石垣島はその暴風圏内に。
isozinekoさん家は大丈夫だろうか?
コッパ姐さんのとこ、sayeさんとこが無事でありますように。

昔、不謹慎な話しですが、妻と荒れた海が見たくて白浜へ行きました、そこにはTVでしか見た事がないような、恐ろしいばかりの波が打ち寄せていたのです。

家のTVでアメリカの9/11や阪神淡路大震災、交通事故の現場など見慣れたと云っても良い程、多くの災害を目にしてきた。
だけど、それはお茶を飲みながら、椅子に座り安全な位置での事だから、緊張感もない。

だが、実際に貴女が車を運転してて、目の前で大きな事故を目撃すると、それは大変なことだ。
『親分、てぇへんだ〜』ってハチが草履を履いたまま飛び込んで行く光景に似た状況で貴女はのんびりと、お酒を飲んでるご主人に報告されることでしょう。

アメリカのハリケーン被害も、スマトラ沖地震の被害だって、『親分、てぇへんだ〜』って、そんな可愛いもんじゃない、凄いことが現実に起ってしまったんです。

ハリケーンの報道でショップの商品を盗む映像を見たとき日本だったら、盗みに入っただろうかと思った。
州が自治権を持ち、中央政府が直ぐに対応できない構造に加えて事前情報の不足があったのだろうか、甘く見ていたために家庭内備蓄の不足もそんな行動に走ったのでしょうか、そこは死ぬか生きるかの現場となれば、誰もそれを批判することは出来ないと思ったのであります。
[備えよ常に]はボーイ・スカウトの標語ですが、非常時の用意は出来ていますでしょうか?

一昨日、梅田の本屋[ジュンク堂]へ行きました。
そこで訪ねたんです[ホワイトバンド]はありますかと、すると店員さんは大人用が品切れて日は不明だが今月に入荷すると・・・・・

情愛が減った、犯罪が凶悪になった、若者の犯罪が増えたと云われながらも日本の国民も満更捨てたもんじゃないと[ホワイトバンド]の品切れで嬉しく思ったのです。

人間が作り出した被災も自然現象で受けた災害も、いつも苦しむのは弱い立場の人間。
子供が悲しく辛い思いをするのがとても悲しいと思うのです。
まだ辛い事に耐える事に慣れていない子供達が幸せであって欲しいと願っています。

言葉の一口メモbyエイリアス
[PR]
by kattyan60 | 2005-09-05 11:44



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30