山の彼方の幸せ求め・・・

2005年 01月 03日 ( 2 )

激動の3年

一昨年のお正月には、まだ彼の人とそんなに親しいわけではなかった。
お正月をどう過ごそうか、お雑煮も食べたいし、世間並みに[ゆく年くる年]とカウントダウンだって一つの行事だったからと岡山に住む姉に電話をしたら『いつでも良いからおいでよ』と言ってくれたので甘えてしまいました。
姪夫婦と子供達と賑やかなお正月でした。
妻の逝った年のお正月は、想い出が辛くてホテル住まいをしてたもんだから、侘しくて耐えられずにうろうろしたもんです。
う冠に女と書いて安らぐとはよく考えたもんだと感心しながら、う冠に男と書いたら女性陣は[うっとうしい]と読むんだろうか?なぞと詰まらない事を考えたもんです。

姉達に連れられて岡山の神社へ参拝し、そのお陰とは考えたくないが彼の人と親しくなれたことは感謝しなくっちゃ〜
姉と云っても父親が違うし、この姉も長姉も実父と暮らし、僕はその後[駆け落ち]した人との間に生まれた子だから一緒には暮らしてない、だが長姉は大阪で暮らす僕達の直ぐ傍へ嫁に来たから親しく付き合いがあった幼少期。
次姉とは岡山へ行った折りに会う程度なんだが今も可愛がってくれます。
年齢が離れているせいかもしれないが、仲違いしそうな関係なんだけど良い人達で良かったと思います。
自分勝手だけれど、今年は電話だけにしようかと考えています。
さぁ 引っ越しの小物を運んじゃいましよう。
[PR]
by kattyan60 | 2005-01-03 13:32 | 幸せの定義

今年も頑張らなくっちゃ〜

年末の31日に引っ越しの大物を運ぶ目的で来ましてですね、OCNのルーター電源を抜いちゃいまして、動かして帰って行きました。
[あれ〜電源はどこよ、あれが無かったら、ネットに繋がらないやん、オ〜イ息子よ]
ハッハハハハ人を疑ってはいけません、犯人は僕でした、やっと見つけました。
お菓子の袋に入ってたんですね〜。

b0062927_1337859.jpg
1日に初詣が済んで、食事にでも行こうかとなり難波へ向かったものの、お二人は特にお腹も空いてないし、と云うのを真に受けてアメリカ村を通って[あっ、三角公園だって言ってたよなぁ〜] それが添付した写真ですが携帯なので小さくてすいません。
それで、お二人の意見で某家電販売店ビルへ向かったんです、その最上階にある[飲茶]のバイキング、お一人様1980円とくれば行かない手はないと入りました。
確かお二人は空腹でもないっておっしゃってましたが・・・・・
お二人はビールに運転手君の僕は当然のようにお茶とジュースだけ〜

来るもの拒まず、ワゴンで運ばれる[海老餃子、海老焼売、肉まん]取りに行けば酢豚に焼きソバ、にetc 
先ほど、あまりお腹も空いてなしとおっしゃったのは何方だったかな〜と思う程に、その引き出しって底が抜けてません?
お腹を突き出して胸をそらして『嗚呼〜もうダメ』 そりゃ〜そうでしょうよ、お腹が空いてた僕の倍は喰ってるんじゃないでしょうか? (どうせ、言われるんです、かっちゃんはチビだからって)
昨年の10月にシアトルからお姉様達が来日してて、二人でデート出来たのは[ルミナリエ]見物だけだもんね、手も繋いでももらえないから同じなんだけどですね、僕にしたら希望があるか、考えられないかの差ですからこれは大きい差でしょ?

昨日は夕方から伺って寄せ鍋をご馳走になっちゃった、例に依って小さいお姉様と息子さんの4人でお喋りしながらの賑やかな お食事風景。息子さんはデートだってんで飛び出して行ったし、お姉さんは部屋に引き返したし、テーブルに残った戦場のような後片付けは僕に任せなさ〜い、自慢じゃないが自慢です。
ぜんぜん、苦にならないどころか楽しくもあるんです、やっぱり僕ってMなのか変なのかなぁ〜

明日は僕の61回目の誕生日、それでデートを申し込んだら『映画ターミナルを観たい』っておっしゃいまして、[やった〜よっしゃ〜行きまっせ〜] 
[PR]
by kattyan60 | 2005-01-03 13:09 | 幸せの定義



ヨーガをするショコラ君