山の彼方の幸せ求め・・・

2004年 12月 09日 ( 7 )

恋患い

異性に恋をして、満たされない愛だと患うと云う。
食欲が落ち、眠れなくなると聞いたことがある。

僕の食欲が落ち、眠れない理由はそれだろうか、この切ない想いは恋なんだろうか?
どんどん、痩せて行くのは恋患いなんだろうか?
夜が来ても眠たくならないのは恋患いなんでしょうか?
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-09 22:13 | 愛を語る

バカがバカを語る

世の中に人様を騙し(だまし)金品を盗ったり、傷付けるような愚行を出来る人間が
存在することが理解に苦しむ。
その人達を言葉で罵倒(ばとう)することは容易い(たやすい)が、彼らの心の中の
鬱積(うっせき)したものが何であろうかと考える。

僕達や先輩諸氏が生まれ幼少期を送った頃は第二次世界大戦という異常な環境が
もたらした孤児であったり、片親であったりと現在の平和な時に育った人達には想像
すら出来ないであろうかと思う。

戦争も犯罪も少数の人間たちが起こすことで、大半は善良な人間なのです。

ご両親が健在で愛情を受けながらも、そうした方向へ行ってしまった人を擁護(ようご)
し、導くことはできないのだろうか。
否、犯罪を犯す前にである。

公開Blogにもくだらない、コメントを残す輩(やから)が居るらしいが、
今日、ある方の記事を読ませていただいて、この記事を思いつきました。
主にご婦人目当てだと思う、お陰で僕のBlogには紳士淑女しか居られないことを感謝し、
この記事を終わります。
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-09 21:11 | カテゴリーに入らない話

娘の同窓会3

今日、娘から電話がありました。
娘『三ヶ日ミカンは何箱いるんや?』
僕「彼の人と僕で二箱でええわ」
娘『うん、解った。あんな・・・・・』

娘夫婦が大阪へ来るついで、そう ついでにです、ついでに父親の僕に無料で貰ったミカン
を持って行こう、そしてついでに弟も呼ぼう。
そして ついでに昼食をご馳走になろうと、口に出さずとも察する父であります。

あんなから始まった話しは楽しいものです。
僕は娘の話しを聞くのが好きです。
娘の話しをLiveで聞くと涙が止まらず、腹筋運動したように苦痛を伴います。
娘の話しは遡る(さかのぼる)こと数日前、退社した会社に乞われて出社した時の事。
娘の職場は山間田舎の事とて純朴な人が多いと云う。

そのお一人がオレオレ詐欺に引っかかったと周りで云うのに本人さんは、オレオレ詐欺では
ないとガンとして拒否されたと云う。
何故かと云うと、電話の相手は『私よわた〜し』と娘を名乗ったのがその理由だとか。
結局は娘の口座に振り込んだから被害と云えば振込料だけだったとか。
純朴な人達に囲まれた娘の職場の専務夫人から贈られたミカンを携えて(たずさえて)
来る娘に会えるのは嬉しいものです。

少しの出費を覚悟しています。(安い店を捜すぞ〜)
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-09 20:45 | 幸せの定義

親友 N君の話し。

b0062927_9471093.jpg
貰っちゃった マウス。
こりゃ〜大変便利です。
また可愛いんです。
使用感も優れています。
N君『かっちゃん、ええもんやるわ』(良い物をあげるの大阪弁)
僕「何  何 貰たるけれど何やのん?」
N君『これや』

昨日、この親友と待ち合わせて仕事のつもりがチャーハン&ラーメンで別れたが、
このN君はコンピューターのハードとソフトの両方を修理できる人なんです。
ボクの記事にも数回 ノーギャラで出演してくれた人です。
ゴッコル、yoshimac
彼の受注、製作されているホーム・ページは公開されている。
彼の頭のなかにはHTMLの文字が整頓されて収まっている。
僕にも、そのHTMLを理解するように勧めている。

皆様のBlogにも理解されて変更や文字色を換えたり大きさを換えておられるのを
羨望の目で拝見しています。
実は僕のベッドの横に数冊の本が お菓子に埋もれている。
メーリングリストの連中からも[猿でも解るHTML]なるサイトを教えてもらった。
しかして僕は今、没頭出来ない理由が秘密ではあるがあります。
おせ〜ないよ(教えない)

N君には何かにつけて世話になっている。
紙面を借りて、お礼を言っておこう。

N君のような天才の製造元でもある父上と数回お目にかかったが
父上は僕と同じ歳なのに僕よりず〜〜っと大人の紳士だった。
僕のキャラクターを換えるには少し老いちゃったが誕生日に向けて抱負として右の
ポケットに直しておこうと考えています。
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-09 10:30 | 親友

妻のサイズ5

昨日(もうこの時間だから一昨日になりましたが)倉庫へ行きました。
仕事関係の資材に交じり、妻の遺品も少し残しています。
妻のジーンズを見つけて持ち帰り、履いてみると入りました。
結婚した当時は妻の方が太くて痩せこけていた僕は43Kg。
妻は48Kg、年月を経て妻は53kg 僕は62Kgぐらいだったでしょうか。
当然妻のジーンズなど入るはずもなく、それを喜んでいた妻は僕の健康も心配していました。
そのジーンズが入り、手が2本入ります、生きていたならきっと悔しがったでことでしょう。
2ヶ月で痩せた十数kg。
肥えたと嘆くなかれ、少しだけ我慢すれば痩せられます。
でも、お腹が一番最後のようです、それと余った皮膚が弛み(たるみ)ますので、少しづつ
がよろしいかと存じます。

息子も痩せました。
娘は太りました、2倍にはなっているでしょうか。
ストレスも男女に公平ではなかったのですね〜
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-09 03:36 | 愛を語る

アウト・ドア

アウト・ドア=野外活動=屋外炊飯と断言しても良い程ではないでしょうか。
外で食事を作り、青空の元 賑やかに食事をすると何を食べても美味しいものです。
ボーイ・スカウトのリーダーとして参加させてもらった数年で教えてもらった術も多く。
山の中でテントを張る術、雨や風の対策、水を節約する術、水を得る術などたくさんあります。
また、ロープ・ワークと云ってロープを上手に使う方法などなど。
食事を作るのにも、工夫がありました。
決まって作るものにカレーが好評で夕食に少し残ったものにお湯で増量し、胡椒を効かせて
スープとします。
でも、主婦の工夫には勝てません、皆様のBlogを拝見していても残り物の処理には感心
するばかりです。

ボーイ・スカウト活動を離れてかなりの年月が経ちましたが、当時のスカウトから連絡が
ありました、訃報でしたが、悲しみと同時に忘れられずにいた自分を見つけて心温まり
ました。
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-09 03:03

今年の誕生日に

ハッピーバースデイ
後何日かで、また一つの誕生日を迎える。
日が日だから、誕生日を祝ってもらった記憶がなかった幼少期。
結婚した頃は、数回してもらったが、子が生まれると忘れられてしまった僕の誕生日。
新年の初めに生まれたって事だけで幾ら僕が鐘や太鼓でお知らせしても『あっそ〜』で終わる。
独りで暮らすようになって3年が経ち、唯一娘からメールが来た今年[赤いちゃんちゃんこ
なんて着るはずもないから、代わりに贈りました]と。
自炊をしなきゃ〜と思ってた僕にノックアウト・パンチの冷凍食品の山。
来年も4日まで日が無いが自炊もせずに生きて来た1年も、後少し。
雑煮の冷凍ってあるのかなぁ〜

yokorenjya様の誕生日お祝いします。
残念ながら住所が判りません、傷むので僕が食べてしまいます、このケーキ。
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-09 02:12 | カテゴリーに入らない話



ヨーガをするショコラ君