山の彼方の幸せ求め・・・

絆を強めた日

息子の息子との約束を果たすべく、至近距離の彼の家に着くと、彼は既に
家の玄関でリュックを持って立っているんですよ。
良かった〜風邪でもひいて履行できなかったらと思うと、子供を
裏切ってはいけないですね。
こいつとお喋りしていると、目の前の渋滞もさほどきにならない。

彼『kattyan、着いたん?』
僕「此処はまだ、高速の上やんか、後15分ほど待っててんか」
駐車場に入ると、
彼『まだ着かへんの?』
僕「着いたで、ここや」
彼『此処知ってるん?』
僕「うん、大分前に○○○ちゃんと来てん」
彼『へぇ〜』
リゾ鳴尾浜

フロントで、支払いを済ませ階段を上がる途中に室内プールの
全景が望める場所がある。”空いてるなぁ〜よしよし”
着替えるロッカーの横はお風呂なんです、二人で水着に着替えシャワーを浴びて
いざ、プールへ、前回に来たときは盛夏だったから何の不安もなかったが、
今日の大阪は温かいと云っても泳ぐ暑さではない。

恐る恐る、水に足を浸けると”フムフムこりゃ〜良え塩梅(あんばい)”
ポンプを借りて、彼の浮き輪にエアーを入れてやり、頭から入れてやると、彼は
両手で抱えて、ドボン
監視員『すいません、飛び込まないでください』 
僕「これが飛び込み?」
監視員『水が跳ねたものですから』
僕「それぐらい、厳しくしないと怪我してからでは遅いもんね、ご苦労様」

水着で食べれる食堂があります、支払いは鍵に着いてるバーコードを読み取るだけ
ですから、財布は持たなくてもオッケーなんです。

単身のご老人が数名、奇麗なフォームで自分のペースを守りながら泳いだり
水の中を歩いたり、プールの周辺を早足で歩いておられる意外は親子爺婆が数組。
僕は泳ぐどころか、彼に事故があってはと目が離せないと思いつつ、
混んでいない間なら、監視員の目も届くと平泳ぎで少し泳いでると
『kattya~n、kattya~n』
声に周りを見たら、監視員と綱引きしてる。
スポンジで出来た大きな鰐(わに)の取り合いをしているんです。

僕のバーコードをピッ 何とこれが1050円だと?
小さなボールは210円です、行かれる方はビーチボールとか、大きな浮き輪を
持参されることをお勧めしますよ。
美味しくない食堂の関東炊きもタコ焼きもお止めなさいませ。
泳いで寒くなると屋外に露天風呂、プールに一段高いお風呂もあって設備はグー

車に乗ると彼は『kattyan、トイザらスへ行こ』

車中で
彼『お父さんとkattyanて何?』
僕「親子、僕はお父さんのお父さん」
彼『ふ〜ん、僕とkattyanは友達やろ?』
僕「うん」
彼『kattyanの奥さんは?』
僕「星になって死んでん、お前のおばあちゃんやんか、庭でプールしたやろ?」
彼『うん、僕覚えてるで、kattyanとお父さんは友達か?』
僕「他の話をしよ」  (-。-)
トイザらスにて
彼『僕、これと、これが欲しいねん、これも好きやねん』
僕「よっしゃ、これとこれにしとき、高い大きなのはお父さんに買ってもらいな」
彼『kattyan,お金無いん?』
僕「うん、貧乏やねん」
彼『ふ〜ん、kttyanとビンボウって何やのん?』
僕「友達やねん」
彼『ふ〜ん、kattyan友達多いねんな、僕はトモチャンとタケチャンが友達やねん』
今日も日が暮れていきます。少し疲れたかもしれないなぁ〜
[PR]
by kattyan60 | 2004-11-13 21:34 | 幸せの定義
<< 身体のサイズ 息子の息子と >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30