山の彼方の幸せ求め・・・

大掃除 (^^;

風邪をひいてから、掃除や片付けを少し横着していた。
男ヤモメにウジが湧くなんて言われちゃいました。
それで、綺麗好きだったお母ちゃんに育てられた僕としては、一丁頑張るしかねぇべ。
その切っ掛けになったのは、メールママが『突然チェックに行くかもしれねぇぞ』と言うではありませんか。
「来るな〜」とは言ったものの、散らかっているのを一番気にしているのは僕なんですからね。
息子の息子が来た時も『かっちゃん、散らかってるやん掃除しいや』と注意されたんです。
孫にまで言われちゃ〜せわねぇやね。

今日の大阪は良い天気ですが、風が強く洗濯物が踊り回ってます。(よしよし早く乾きそうだわい)

洗濯物の中で、下着のシャツの襟の黄ばみが嫌だったんですが、Lipxlapさんに教えてもらった洗剤のアタックと泡スプレーを買ってきたんです。
すると、黄ばみが取れるではありませんか、今までゴシゴシと固形石鹸と歯ブラシで擦ってたのは何だったんだ?
Lipxlapさんに感謝しなくてなならないです、きっと足は向けて寝ませんからね。

腕まくりをして片付けにかかりましたぞ、今日は半分で堪忍しといてやるか。

以前に百貨店で買った厚手のスポーツ・シャツを手洗いしたんです。
洗面所に少量のお湯に洗剤を入れてシャツを浸けたところ、凄い色落ちがしてるのです。
洗濯液は真っ黒で墨汁のようになってしまい、慌てて濯ぎをしたんですが、何度も何度も濯いで、やっと透明のお湯になった。
メーカーに電話しようと、タグを見ると中国製、日本の取り扱いしている会社の電話番号がありました。(多分電話しないでしょう)

このシャツはパッチワークで小さな端切れを縫い合わせて一枚のシャツになってて、派手なところが気に入ったんです。(名前が悪かったかなぁ〜オールド・ボーイだってよ、言われんでも判ってるっちゅうねん)

大阪のおばちゃんは派手好み、おっちゃんも負けておれないのです。

僕のお気に入りは[パパス]なんです、シャツの大半は[パパス]製で、堺高島屋か心斎橋大丸で買わせていただいてはいるのですが少し手が長い、つまり僕の手が短いのです。
いつも上着を着ずに、冬は長袖で過ごし、夏には袖を折る。
そんな姿を哀れに思ったメールママが呉れたのは、フランスはパリ製の皮ジャンなんです。
女物なんですが、彼女には手が短くて着てないんだって、それに僕が手を通すとピッタリだったんです、この冬を乗り越えるには文句の付けようもなく、今日はその皮ジャンの手入れもしたんです。


b0062927_14355341.jpg




ほんでですな、片付け途中とはいえ、この酷さです。
洗濯屋さんへ持って行くやつの山、皆さん安心されたでしょ/

b0062927_14423137.jpg


[PR]
by kattyan60 | 2006-02-08 14:44
<< 引っ越し決定いたしました。 ちょっと真顔で >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31