山の彼方の幸せ求め・・・

博物館に展示したいような(失礼、ごめん、堪忍)

まぁ皆さん聞いてください、この世の中に牡蠣が喰えんという、ご婦人が(二人も)居られることを初めて知りました。
男がご婦人を攻略する時に、赤いバラの花を左手に持ち、右手に殻付きの厳選された牡蠣を持ち、玄関で片膝を着いてバラの花を差し出し、中へ導き入れられるとキッチンに向かい、おもむろに牡蠣をボールに入れるのです。
その音を聞いたご婦人は、目を見張り、鼻を広げて言うのです。
『オ〜あなたは私の好きな物を心得てるんやね』となるはずなんでございます。

ところがですな、そんな戦略が通じないとなればどうします?
後は、ケーキを物色してください、但し多くを選んでしまうと逆効果となるのです。
『ダイエット中の私をバカにしてるの?』 パチッ と頬が鳴りドアから蹴り出される事になりかねません。

ご婦人はデリケートな生き物なんです、多過ぎてもダメ、少ないとケチな野郎と罵声を浴びることとなるのです。

その牡蠣を喰えん、お方様のリクエストでござります。

豚のお好み焼き


まずはキャベツを細かく刻みます。(5mm角くらい)
小麦粉に天ぷら粉を半量入れます。
出汁の素を少量入れます。
それに、粉と同量の長芋を擦り入れます。
卵を入れます。(一人分で2個くらい)
コネコネします。(娘はキャベツをこの段階で入れるらしい)


刻みネギを用意します。


大きめのマグカップにキャベツを山盛り入れます。
ほんで、そこへ[おたま]一杯の上の練った粉(1)を入れます。
それに、短冊に切った烏賊を軽く一握り入れます。
それに、刻み紅生姜を大匙1杯を入れます。
そこへ、関西で云うところの[※天かす]とネギ(2)を軽く一握り入れて、コネコネします。    ※関東では揚げ玉でしょうか?

では焼くとしましょう。
豚肉(3段肉がお勧め)を鉄板に適量を乗せます。
豚から脂が滲み出てきますね、それをテッシュで拭き取ります。
そして、豚をひっくり返しますね、その上から(3)を大きめのマグカップ一杯分を
乗せて、形を整えるんです、関西風はあまり押さえて薄くしてはいけません。
そしたら、鉄板の空いたところへ焼きソバ用の生ソバを入れ、ウスターソースと塩胡椒で味付けしながら炒めます。

お好み焼きの方を裏返し、その上にソバを乗せます。
そして、練った粉をソバが離れない程度に回しかけるのです。
で、裏が焼けたら、もう一度裏返してソバ面の粉を焼き固めます。
出来上がったら、裏返して辛子を塗り、トンカツソースかお好み焼きソースを掛けて、
適宜、マヨネーズ、ケチャップ、粉カツオ、青海苔を振り掛けて出来上がりです。

キムチ入りバージョン
キムチを小さく刻んでおき、マグカップにキャベツ、粉などを入れる時にキムチを
入れます、量については好みの問題がありますが、僕は多くは入れません。
キムチの好きな方はドッサリとお入れください。

牡蠣の攻略に動じないクマキッちゃん会社の方々とお試しくださりませ。
何とそれに、ちかちゃんまでも〜 お二人に好意を寄せてる人が居たら僕のこの記事を
読むんだぞ、左手に赤いバラ、右手にはケーキだど。
[PR]
by kattyan60 | 2006-02-08 00:08
<< ちょっと真顔で どうなっちゃてんの? >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31