山の彼方の幸せ求め・・・

告白

僕がみっちゃんと結婚して34年間、脇目も振らずに妻一筋だったら自慢できただろう。
だが、僕にも一つの浮いた話しがあった。

その子は耳が聞こえない人だった、職場に面接に来た時は手話でもなく、筆談でもなく、少し声が変わっているが普通の会話だった。
彼女は、耳が聞こえない事を僕に伝え、就職活動はしているが諦め顔だった。

少し同情の気持ちも働いたが、きっと真面目に働いてくれるだろうと採用した。
遊び半分で就職してくる人も居る、若くとも熟年であっても生活を支える就職なら真面目なんです。

その子はやはり真面目だった、製造ラインの一員として充分役に立っていた。
その子の後の作業は、調度その子の背中に位置している。
そのために、後ろでトラブルが無いか絶えず後ろを振り向いていたのだった。
それに気付いた時、涙が止まらなくなり申し訳ないと謝った。
そして、後ろの行程の人のところにスイッチを付け、その子の前に電球を設けた。

その日の作業が終わり、その子に声をかけた。
行程に不備があるときは、遠慮なく言って欲しいと伝えた時、彼女は泣いた。

それから数日して喫茶店へ誘った、32歳になっていた。
彼女は23歳だった。
彼女は美人とは云えないがハンディのためだろうか気だての良い子だった。

彼女は自転車で通勤していたが、その自転車にはバック・ミラーが着いてない。
直後に車が来ても聞こえないから、危険だと警告しバック・ミラーをプレゼントした。
もち、会社の経費を使わせてもらったのは福利厚生だと判断したからだ。
その子と数度、喫茶店デートをした後、妻を裏切ってしまった。
でも直ぐに別れたのは、この事が妻の知るところとなった事と彼女が妻に悪いからと
言い、僕に手紙を手渡した。

そこには、武田鉄矢の[贈る言葉]の歌詞が書いてあり、お世話になりましたと書き添えてあった。

この時の妻の言葉『私はあんたのお母ちゃんとちゃうんやで』ショッボーン


この日を境に僕の真面目生活が始まったのです。
会社へ行っても『おはようございます』ツンツンはしなくなりました。
今で云うところのセクハラなんですが、僕がツンツンすると大笑いして逃げて行く人や、『また〜』と肩を叩く人に笑いながら蹴る真似をする人、『社長と一緒やね』と年上の人は肩に手を回しながら揺さぶる。
『おはようございます』と言っても時刻は昼の休憩です、僕が就業前に会社へ入った記憶は極稀でございました。

今朝の[とくダネ]で、浮気願望を持つおっさんは95%だそうで、5%の人が一夫一婦制を固辞するんだそうです。
コメンテーターはその5%を病気だと言ったが、僕も95%の平均的おっさんであるんでしょうな。

人は生涯に5人の人と2000回の○○○があるんだとか、BBCの真面目な番組だった
から、信用してはいるが東洋人に当てはまるかは未確認なんです。
当然、平均ですからその数字の下も上もあるってことですね。

今日『雪が降ってるよ』とメールママからメールが来て、カーテンを開けると、
ほんの少々、雪が舞っていた。

冬眠しとこ
[PR]
by kattyan60 | 2006-02-06 12:35
<< どうなっちゃてんの? 捨てられないもんね >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31