山の彼方の幸せ求め・・・

人格変化

ある親の話
最近お知り合いになったムージョな空間さん家でのお話に、介護の必要とラベルを貼られ、介護保険が適用される前に、すでに家族は辛い環境になってしまっているのだと思ったのです。

人が長生きが出来るようになった事は喜ばしいことだけど、素直に喜べないことも多々あるもんです。
僕らの青春時代[金の卵]と持てはやされて、就職してから会社に忠誠を誓い、家庭を顧みない仕事人間になり、たまに帰りに屋台で冷や奴をつまみに、一杯ひっかけるのが楽しみになり、家庭を顧みない夫を見放し、妻は教育ママになりキッチンドリンカーと化し、定年が来ると不景気だからと退職金もお涙で、充てにしてた年金もお粗末さは報道で周知のごとく。
男として生まれ、家族の生計を護るべくとの美句に仕事人間にされて、壊れてしまった行政の尻拭いをしている。
過年、銀行に対して多額の税金を投入したことの、その後が話題にはなっていない。

介護保険も強制的だそうな、そのお金の行方は?
国庫と云うとてつもなく大きな財布だけど、政治家や行政の良いようにされ莫大な借金を抱え込んでしまった不健康な日本。

そんな環境だから、周りの迷惑を考えないとすると、認知症も[悪い]と断言できなくなってきた、国民全員が認知症になってみてはどうだろうと思う昨今なのであります。
政務所員『税金を払ってください』
僕「ちょっと待ってね」冷蔵庫を開ける、そして「ごめんね税金を冷やすの忘れてる、今度来たら冷やしとくからね」




いなせ

[いなせ]は粋で勇み肌の若者(老人は入れないのか)やその気風を指す。
一説に江戸時代に日本橋の魚河岸の若者が結っていた[鯔背銀杏(いなせいちょう)]とゆう髷に由来するという。
髪の形が、ボラの幼魚[イナ]の背に似ていたと云う。
いつの世も、服装や髪型のパイオニアは若者なのですね。
[PR]
by kattyan60 | 2005-09-05 14:03
<< アイアム ジャパニーズやねん 台風が・・・・ >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30