山の彼方の幸せ求め・・・

朝早くにピンポーン

息子の息子が訪ねて来た。

『かっちゃん、早よ開けてぇな』

「うん、直ぐ開けるからドンドンしないで〜」

『かっちゃん、何で片方の目をつぶってるん?』

「うん、まだ眠たいねん」

『ふ〜ん/ 僕は眠くないねん、今から学校へ行くから早よ、早よ』

「これや、持てるんかなぁ〜」

『重た〜』ズルズルズルとひこずってエレベーターまで行き、振り返った。

”大丈夫なんかなぁ〜”僕が持って行こうかと思ったが、人に依存する気持ちが無くて

手伝えとも言わなかった彼に拍手を送りたい。 

だけど、あの重くて大きな箱を自転車でどうして運んだのだろうか・・・・・

今度会ったら聞いてみよ、4個抜き取ったのがせめてもの慰めだ。
[PR]
by kattyan60 | 2005-08-25 13:52
<< 思い出した痛さ。 ピンポーン >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30