山の彼方の幸せ求め・・・

ピンポーン

24日の午前10時頃、ピンポーンと鳴ったがドアのノブはガチャガチャとはしなかったことで、息子の息子ではないことが知れる。

「ハ〜イ」昨夜も未明の4時まで眠れなかったから、まだ眠い。

『宅配で〜す』
そうだった、昨日、娘から電話があって『送ったから、中身を2〜3個抜いて、義妹に渡して欲しいねん』と言う事だった。

箱には、[浜松の梨]と大きな文字で書いてあって、その封を切った。
中には大きな粒揃いで14個。
”待てよ、あちらさんは、息子を含めて大4、小1の5人、それに12〜13個では血を見るのは明らか、僕が涙を飲んで4個取ると残りは10個、僕の胡桃大の脳でも簡単に割り切れる。
そうだ、僕が犠牲になって4個取ろう、そさすれば息子の住む家に平和の鳩が舞うだろう。パタパタパタ、パ〜タパタ

と云う次第で、いずれは僕の血となり肉となるであろう梨を4個頂戴することにした。

娘よ娘、かくかくしかじかにて、僕は4個の梨を喰う事にしたど。




今夜は各国の諺(ことわざ)を一発
朝鮮
殴る夫より姑が憎い

中国
能あるものは労多し

ロシア
屋敷を買うな、隣人を買え
生娘は知らぬところが飾りになる

イギリス
神様が治し、医者が金を取る
結婚は悲しみを半分にし、喜びは二倍になり、生活費は四倍にしてくれる。

アラブ
ラクダは自分のコブが見えず、仲間のコブばかり見ている。
なまけ者の星占い。

アフリカ
愛は咳、隠すに隠し切れず。
子供を持つのは至って簡単、難しいのは育てることだ。

イタリア
女がズボンを穿き、男がエプロンをすると、うまく行かない。
運の良い者は、杭を打ってもレモンが育つ。

スペイン
3人の娘と1人の母、父にとっては4人の悪党。

諺は、先人の残した血であり涙なのだと考えている、その諺も、国が違ってみても共通する事が多々あるものだ。
古代のメソポタミアに残ってた文字に[幸せとは、善き妻をめとることで、浪費する嫁は不幸だ]とあったそうな、だが考えてみると、男社会の故の諺が多いようだ。
現代社会の新たな諺を楽しみにしている一人として、座右の語があれば一言残されたし。 by エイリアス
[PR]
by kattyan60 | 2005-08-25 00:43
<< 朝早くにピンポーン 天然? >>



ヨーガをするショコラ君