山の彼方の幸せ求め・・・

ご注文ありがとうございます。

朝から電話が鳴動(マナーモードでバイブのため)し、娘のけだるい声がする。

『おと〜ちゃん、このシミ抜きってどうなん、んで幾らだったん?』と大阪弁での質問が飛び込んできた。

僕「あ〜良いかもしれないよ、テストでは一瞬で消えたから、値段ね5千円未満やったような、そう高くないけどね、バッタもんやと思いつつ買ったんやけどええみたいよ」

娘『上の娘がね、食べこぼしで服を汚すから歯ブラシで擦ったり苦労してるねん、買いたいけどなぁ〜』そうなんです、この最後の[なぁ〜]と延ばす時は気を付けなければいけません、僕の心の隙間を狙っている時に出る[なぁ〜]なのです。

それからは雑談に興じる二人なのです。
娘『ニュース観た? 人を殺して、死んで行くのを見て興奮するボケナス』

父「え〜知らん」映画に銭湯で幸せボケしてる僕のジャングルジムのような、スカスカの脳細胞は活動していない。

娘『あれってさ、おと〜ちゃんが住んでた河内長野なんやよ、リポーターが『河内長野警察の前に来ています』って、知ってる知ってる、そこの前にはマクドがあってね』

ジャングルジム「そのマクドの隣の喫茶店は僕の幼なじみの子の店やねん」

娘『ウッソ〜 旦那や友達と何度も行ってんよ、あの時のおばちゃんが?』

ジャングルジム「そう、苗字は知らんけどテルちゃんて云うねん」

そうや、こんな事してる場合とちゃうねん、ホームセンターと電気屋へ行かなあかんかってん、ayacoccoよちょっと待ってろよ。
自転車の改造も無事に終わりました、心の隙間を埋めるべくシャワーを浴びてホームセンターへと向かう用意をしなくっちゃ〜とジャングルジムのような脳だけどフル回転を始めたのだった。

娘よ、少し待つのだど、きっと送ってやるからな。
[PR]
by kattyan60 | 2005-08-08 12:29
<< 郵便局 デジカメケース >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30