山の彼方の幸せ求め・・・

人妻とのデート

一昨日メールを整理していたら[現金100万円が当たる!無償懸賞・結果が直ぐ分かる]に惹かれて応募してみた。
暫くすると[祝い 当たりました]って着信。
おっ こりゃぁTVだろうか、HDDの録画器だろうか、100万円は期待してないが・・・
その商品を知りたくて個人情報を送信したら何と500円のクオカードだった。

がっかりしながらも、自分のクジ運の悪さを再認識したのだった。
ところが、その頃から携帯の着信音が鳴り止まない。
内容は[発見しました、お近くだったのですね、主人が出張中なので直ぐに会いたいのです、返信は直接どうぞ・・・・・・]このような内容のメールがジャカスカ入ってきてる。
61歳のおっちゃんだからと書いて送ったけれど[年上の方に甘えたい、経済的な事は心配要りません、私はキャリアウーマンで収入があります]だって。

昨日、人妻とデートしたのです、朝6時半に起きて念入りにヒゲを剃り、歯が擦り切れる程磨き出掛けました。
その方を車に乗せて、向かった先は彼女の指定です。
『かっちゃん、そこを左に曲がって次の信号を右ね』
そこは大きなビルで、入り口には守衛が立っている。
人妻は降りると用意された車椅子に乗り、付き添いのmailmamaが押して行く。

ウッフフフ期待した? そうなんです、mailmamaのお母さんを病院へお連れしたのです、この暑さのせいでしょうか、高齢とは云いながらもお元気で、買い物に市バスを使って行かれて重い物も運ばれてたのですが、この暑さで少し体調を崩されたようです。
検査の結果、悪いところが無いそうだ、普段元気な方が少しの異常にも精神的に病弱な人より反応が大きいのでしょう。
mailmamaも元気で、熱が37度を超えるとしんどいそうだ。
多分、死ぬ〜と騒ぎ出すことでしょうな。

迂闊にも受信した出会い系とは知らずに応募した事に恥ずかしく、退会の送信をした。
それからも、鳴るメール[退会されたことは判っていますが、彼方にメール多数届いています、返事をお願いします]だとよ。
手一杯な日々を過ごしている僕、メールをくださった方々に心でお詫びを申し上げます。




目から鱗が落ちる (めからうろこがおちる)

急に目の前が開けたような思い。
この事の由来は、新訳聖書の使徒行伝。
イエスの弟子を迫害するサウロという男が突然失明するが、イエスの弟子が彼に触れると[鱗のようなもの]が目から落ちて、再び見えるようになったそうだ。
[PR]
by kattyan60 | 2005-07-29 11:09
<< 8月1日は ネクタイとパンツ >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31