山の彼方の幸せ求め・・・

木工

この暑さは、コンクリートで覆われた都会の悲しさ、温度を下げる要素が無い。
昨年まで住んでたところは、周囲の山の木々を渡ってくる風は爽やかで、はるかに涼しいものだった。
寝室でも、窓を開けておくだけで充分汗が引いたものだ。
水道のカランも結露するぐらい冷たかった。
ここではお湯かと思われるくらいで、そのまま行水に使えそうだ。

そのクソ暑いときに木工をしたんですよ。
紫檀の板を買っておいたのが役に立ったんです。
何を作ったかと申しますと、mailmamaんちのキッチン・ペーパーがアメリカ製でして、幅が30cmもあって、直径も20cmなんです。
それを彼女は高いところに、紐でぶら下げているもんだから、不細工だし、僕が背伸びしないと千切れない不自由さを解消しようと、せっせと励んだのでございます。

明日は、mailmamaと[スター・ウォーズ]を観に行く予定なので、その時でも良かったのですが、2日も逢っていないし、出掛けたついでにお伺いして取り付けさせていただきました。
それの評価=『かっちゃん、ゴミを捨てる時に頭を打つんだけど』
いいえ、僕は決して打たない良い場所なのです。

mailmama『かっちゃん、夕食は何を作る?』

僕「先日のカレーは絶品です、あれなら毎日食べても良いです」

mailmama『う〜んと、チキンでも良い?』

僕「もちろん、チキンでも豚でも牛でも、ウナギでも構いません」

mailmama『はい、これが材料ね、頑張って〜』

僕「指導をよろしく」しまった、要らん事を言っちゃったかも。

mailmama『タマネギは、こう切って、人参は微塵切りね、ニンニクはそう微塵に』

mailmama『そんで、肉を先にニンニクで炒めて、少し焦げ目をつけるのね、そしてタマネギをキツネ色になるまで炒めるの』

mailmama『いいや、その辺でかめへんわ、お腹が空いたから煮込んでちょだい、そうや、茄子が無かったんや、ちょっと走ってきて』

僕「は〜い」・・・・・・・「ただいま」

mailmama『茄子は隠し包丁を入れて、大きく切ってね、ピーマンと炒めてからドボンね』ゴシゴシゴシ(ルーが入りかき混ぜてるmailmama)

野菜たっぷりのカレーが出来上がりました、mailmamaのお皿には普段より少ないご飯に少し体調を心配しています。

食後の西瓜で満腹になり帰ってきました。
そこでmailmamaからのメール[また、カレーを食べたよ、姪が食べてるの見たら食べたくなっちゃった]良かった〜普段通りのmailmama、そうこなくっちゃ〜

これで、安心して眠れます、明日は映画だワ〜イ 早よ寝なくっちゃ〜 
[PR]
by kattyan60 | 2005-07-19 23:01
<< スターウォーズと焼き肉に臨時雇い 参った〜 >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31