山の彼方の幸せ求め・・・

参った〜

息子の息子が遊びに来て、パソコンを弄くっているのを横目で見ていた。
『かっちゃん、何かゲーム無いのん?』と言われて[上海クラシック]を呼び出し、その方法を教えた。
暫くは揃った牌の消える音がしていたが、その内に静かになるも、そのままにしておいた。
『かっちゃん、僕な、サッカーに行かなあかんから帰るは』と言うと来た時のように、鼻歌まじりに消えて行った。

息子の息子が去った後、パソコンを覗いて驚いた、風景がすっかり変わっている。
[上海クラシック]が消え、かなりの数のアイコンが姿を消している。
これを修復するのに要した時間は膨大なものだ。
今度会ったらきっときつく言うぞ、「パソコンに触るならゲーム以外は触るなっ」って。
3歩歩くと忘れる鶏のような頭になりつつある、僕の脳に喝を入れている。

妻のみっちゃんも、生前、かなり怪しくなっていた。
二人でブックエンドのようにソファに座りテレビを観ていた時のことだった。
コマーシャルになると、立ち上がり廊下に出て少しすると戻ってきた。
ソファに座りながら『何やったんかな?』
僕「何が?」

みっちゃん『何かをしようと立ったんやけど、それが何やったのか思い出せないねん』

僕「おいおい、大丈夫か?」

みっちゃん『あっ 思い出した』といそいそと廊下に行った。

暫くすると、水が流れる音がした事でトイレだったのだと判断できた。

僕「みっちゃん、立つ前は尿意があったけど、立った瞬間に尿意が消えたんやろ? あるある、そんな事って」

みっちゃん『かっちゃんもか?』

僕「そらあるがな、何かをせんならんと思い、その部屋に行ったけど何やったか思い出せない、そんな事って時折あるで、さして逼迫(ひっぱく)したことやないから忘れるんやと思うようにしてるねん」

そう云えば、mailmamaも向こうの部屋へ行ったけど、怪訝(けげん)な顔をして戻ってきて『何をしに行ったか忘れてしもたわ』これは老いただけでなく、若い者でもあるようだからと言い聞かせてはいるが・・・・・

そうだ、今日は木工をしなくっちゃ〜   出来上がりはその内に。
[PR]
by kattyan60 | 2005-07-19 11:38
<< 木工 チキチンチキチン ドンドコ チキチン >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30