山の彼方の幸せ求め・・・

飴と鞭

『かっちゃん、待ってるよ』その電話があったのは親友からだった。
先日、彼にあった時に孫が『かっちゃんは来ないね』と言ったそうだ。
その言葉に僕はされて完全にノックダウンされてしまった。

今朝、起きて土産には何が良いか考え、難波に焼売の美味しい店があった事を思い出し、
それに決めた、彼の家族は中華が好きなんだそうだ。
奄美大島出身の彼らは変なものを食べたり飲んだりしている。
とても緩い粥を腐らせた飲み物が『かっちゃん、絶対お勧めだから飲んでみ』
ところがそれは生理的に拒絶する味と匂いなんです。

その焼売を売ってたお店が閉まってる、引っ越したか無くなったかどちらかの雰囲気にがっかり、結局手振らで行く事になってしまった。

インターホーンを押すと、親友から知らされていたのかシ○ちゃんの喜びの声が聞こえた、土産を持たない事がグ〜ンと辛くなった。

b0062927_0134617.jpg



とても可愛い4歳のお嬢さんなのだ、そのママ、とても若いママなのです。
アイドルになれそうな程可愛いマスクで、お酒が強くて二人で飲みに行った時に介抱してもらった恥ずかしい過去がある。(写真を加工しないで載せる承諾をいただきました)

b0062927_0451571.jpg



返り道、素敵な場所を切り取った、この橋は国道2号線で右へ行くと酒処の灘から神戸へと続く。
b0062927_021092.jpg



この橋を渡ると大阪までは直ぐだ、あの忌まわしい事故があった尼崎も直ぐそこだ。

b0062927_0241913.jpg



親友の家を出るときに、貸してくれたDVD、とても心が休まるそうだ。

b0062927_0275234.jpg



そして、これは色々触ってみたけど外れない代物『かっちゃん、プレゼントするよ』
そのプレゼントは苦痛なのであります、今夜も寝れそうにないよと言ったらDVDを出してきて、『興奮したらこれを見たらええよ、直ぐ寝れるから』
b0062927_0283234.jpg


[PR]
by kattyan60 | 2005-06-20 00:33 | 親友
<< ネットラジオ ケメ子の歌 >>



ヨーガをするショコラ君