山の彼方の幸せ求め・・・

神戸〜中華街? 

仕事だ仕事、友達の旧宅を売却した際、改装したのを手直しに行ったのであります。
仕事が済んで、ドライブに行こうと思い立った僕は、神戸の中華街をナビでセットしようとしたが出て来ない、なんでやねん。
と車を停めて調べてたら人が多いなぁ、此処は何処でしょう?



b0062927_0111679.jpg




日本名物の交番所へ飛び込みましたらですね、[中華街]ではなくて[南京町]と云うそうです。

エイリアス『このナビはアホや、南京町でないと呼び出されへん、融通の利かんやっちゃ、
そういや、えらい遠回りさせられるのはしょっちゅうやしな』

僕「まぁ、多少は仕方ないよ、何せ三菱製やからね」

b0062927_0125621.jpg



車を停めて、通りへ入るとそこは華僑の香りがいたします。
b0062927_0151247.jpg



mailmamaに電話をかけたけど出て来ない。
また目から火が出る程叱られるかもしれないが、ままよ、買っちゃえ。
このラーメン屋さんは立ち食いで、左の女高生達が賑やかに食べてるのです、ダイエットとは縁がない子達なんでしょうか。
このお店で、団子3種

b0062927_0174796.jpg

b0062927_020975.jpg



そして何か判らんもんです、中に豚の角煮とザーサイだそうです。
b0062927_0221656.jpg



勿論、最大の目的は豚まんなのであります。
b0062927_0235161.jpg



エイリアス『お腹が空いて、もうあかん、何か食べさせろや』

僕「へぇ、よろしおます、こんなとこでどうだす?」

エイリアス『いや、結構結構』



b0062927_0261571.jpg



皆さん、聞いてください、冷麺定食には炒飯とこの冷麺が付いて750円です。
ところが単品で頼んでも750円、隣のテーブルのmailmama似の奥様が定食なんだけど、まったく同じなんです、でもよく入るなぁ〜 
この辺が華僑商魂なのでありましょうか、店員のお姉さんは最近日本へ来たのでしょうか、「お茶をください」『何?』と返事されるのですが笑顔だから腹も立たない、むしろ可愛い。

b0062927_032254.jpg



エイリアス『おい、mailmamaのとこへ行くんか?』

僕「うん、豚まんを配達するねん、それからこの団子も」

エイリアス『おい、見てみ、あの看板行ってみよや』

僕「あかん、mailamamaがお腹空かして待ってるんや」

エイリアス『アホ、あの人がお腹空かして我慢するわけないやろ、何か摘んでるに決まってる』

僕「そうかな〜 水を飲んで待ってるてメールが来てるんやで」

エイリアス『まぁ、好きなようにせえや』
幸せになりたい方は行ってみると良いでしょう。

b0062927_0394293.jpg








mailmama『此処の豚まん美味しいねん、ありがとう、蒸して温めよか、ちょっとお母さんとこへ行ってくるわ』

mailmamaが帰ってくるまでに温めておこう、フライパンに水を入れ、金属の鍋敷きを置いてから皿に豚まんと団子を入れて温めること十分くらい。
何故かキッチン周りは勝手知ったる我が家のようだ。

mailmama『かっちゃん、ちゃんと古いフライパン使ってくれてんね・・・・・今晩何が食べたい?』

僕「長い事食べてないのが筑前煮やねん、僕が作るわ」




b0062927_0493623.jpg



それに牛蒡と人参のキンピラはmailmama製(刻んだのは僕で、太いとクレームが付いた)

b0062927_051211.jpg



どうでっしゃろ、今夜の夕飯でございます。
筑前煮は少し薄味でございました、一晩置いたら味が染み込んで美味しくなるやもしれないとmailamamaはおっしゃいましたが、僕はこれで満足なのでございます。
だって独りじゃないんですもん。

b0062927_0524537.jpg



西瓜をデザートにしたんですが、僕は両端で真ん中は勿論mailmamaが食べます。

そうそう、これ、大根餅って云うものだそうです。
mailmamaのお母さんのお手製なんですが、82歳になられているのに驚きます。
タップリと残った大根餅と筑前煮とご飯と友情をお土産に帰ってまいりました。



b0062927_114063.jpg



娘よ、今夜もご飯にありついたよ。
[PR]
by kattyan60 | 2005-06-12 00:56 | 食を語る
<< ホーム・パーティー 予定は未定 >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31