山の彼方の幸せ求め・・・

身体は疲れたが、心は満足の一日

今日は友人の勤める会社へ仕事に出掛けたんです。
その仕事だって、友人はできないものではないのですが、僕を呼んでくれます。
友人『かっちゃん、いつ来るん?』
僕「うん、急ぐなら明日でも」と電話で話し、出掛けたのが今日だったんです。

機械の下に潜り込んで、故障しているパーツを外し、新しいパーツを貰って、交換して
使用できるように、パーツのデジタルを設定していくだけ。
その部品は、製品が曲がって入った時に[曲がってるぞ〜]と警報を出す装置のセンサー
なんです。
お札を刷っている印刷機と同じメーカーの機械ですから、1万円札を印刷するなんざ、難しくないんです、がしかし、紙もインクも特殊ですし、道義上出来ないのであります。
でも、少し良心に風呂敷を被せ、印刷したものを北○鮮へ輸出すると誰が喜ぶんでしょうね?

そのパーツを交換し終わったのは午後1時半頃、会社へ着いたのは11時25分だった、着くと友人は『待っててん、腹が減って、目が回るわ、食事に行こう』
そして二人は近所の喫茶店へ入り、日替わり定食を頼み、食べ終わって珈琲を飲んで、
会社へ帰り仕事を始めた、設定が終った時まで約30分でした。
これで、今月の食い扶持は確保できました。

友人『かっちゃん、今日は俺もう帰るねん、サウナで身体を絞らないといけないねん』

僕「おいおい、まだこんな時間で帰ってええんかいな?」

友人『うん、ええねん』

僕「一昨日はゴルフで休んだんやろ、それに今日はサウナかよ」

友人『透析の時に体重が規定を超えると怒られるねん、ほんで今日は透析の日やし、1Kg絞らなあかんねん』

彼は高校生の時から腎臓を病んでいたそうだ、それにしても呑気な会社もあったもんだ』





僕から[mailamama、起きてるか?]
mailmama[起きてるよ]
僕から[うんじゃ、ホームセンターに寄ってから、そちらに行きます]
mailmama[判った]

ピンポーン
mailamama『は〜〜い』

僕「こんにちは」と言った時はもう家の中、靴を脱いで既に上がっている。
mailmamaはまだ土間に居てる。

僕「今夜は何にするの? 僕は鶏肉の唐揚げが良いかと思うんだけど、材料はと」
ガサガサ、ゴソゴソ 
冷蔵庫の中、野菜室を調べて買い物をリストアップし近くのスーパーへ

今日僕が作った物、小芋の煮っころがし、ゴボウのきんぴら(一味を入れ過ぎた〜)
ジャコとピーマンの炒め物、シジミの味噌汁。
mailmamaは秋刀魚の塩焼きと鶏の唐揚げに味噌汁の味付け。
mailmamaのmamaが来られて、そこら辺のを味見していただいたんです。
『辛〜〜、お茶、お茶』イッヒヒヒ すんません。

写真が無いんです、僕のマックに入っているソフトが立ち上がらなくなっちゃったのが
その理由なんです。
mailmamaもかっちゃんもご苦労様でした。
今日も、訪問出来なくてすいません。
明日は暇だから必ず伺わせていただきますので、お許しくださいませ。
[PR]
by kattyan60 | 2005-05-19 01:42 | 仕事の話
<< 娘から皆様へ 皆様、おやすみなさいませ。 >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31