山の彼方の幸せ求め・・・

娘よ、ありがとう、婿殿おめでとう







お疲れさま〜




エイリアス『かっちゃんの娘に娘が生まれました。
自重、0.003640トン 巨大な猿が産まれました』

僕「おい、猿て、それはないやろ、僕の可愛い娘の娘なんやから、それにやね、トンで現すことないやろ/ 3640gなんやから」

エイリアス『デッカイ娘から産まれた子やから云うてもデッカイなぁ〜』

僕「ええねん、娘も頑張って、この世に生を受けた子や、幸せになって欲しいと思ってます」

エイリアス『まぁね、受精した時から人類の起源を遡って(さかのぼって)大きくなるってけど、生まれたては猿そっくりやないか、お前の願ってた鈴木京香とは程遠いな?』

僕「今は猿みたいでも、成長するごとに脱皮するねん、そんで美人になって行くんや」

今日は,お出掛けしてまして、輸入被服のバーゲンセール、この会場にきたのも3度目だ、その会場へ向かっている時に婿殿から電話があった、嬉しそうな声だった。

エイリアス『お猿さんの名前も決まって良かった良かった、かっちゃん、おめでとう』

僕「君からお祝いを云われるのも変な感じやけど、おおきに」

そんな訳で出来た猿、いや基(もとい)赤ちゃんでございます。





b0062927_22305576.jpg

[PR]
by kattyan60 | 2005-05-13 22:30 | 幸せの定義
<< 皆さまのご多幸と健康をお祈り申... お出掛け、お出掛けワーイワイ >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30