山の彼方の幸せ求め・・・

今日も美味しかったなぁ〜

夕食はあれにしようと考えていた。
テレビで観たあれだ、美味しそうに見えた&野菜不足を少々解消できそうだ。

スーパーで安売り? キッチン用品が安いんだと、デッド・ストックだろう商品が格安。
いやさ、そりゃ〜行かざぁなるめぇ〜
電子計量計り、max=2Kgで千円? 欲しい〜
けど考えたら自称、イギリス紳士が鍋や薬缶を下げて帰るなんざ様になんねぇな。

エイリアス『うんにゃ、お前には似合ってる、違和感ないもん』

僕「地下鉄やでぇ、恥ずかしいやんか」



エイリアス『嘘云え、恥ずかしいってのはな、二十歳代の人の言うこっちゃ、二十歳の子の3倍も生きてて恥ずかしいちゅう方が恥ずかしいわ』

mailmamaのメール[かっちゃん、来るんやったら、ちょっと寄るか?]

僕[いいえ、夕食作るの遅くなるから帰るわ]

mailmama[何を作るか知らんけど、うっとこで作ったら?]

僕[はい、それではお言葉に甘えてお借りいたします]

かっちゃんが調理しています。   by mailmama

b0062927_2332990.jpg


Photo by mailmama                       
やりまっせ〜 男かっちゃんは、アスパラを茹でるべく洗っていると、mailamamaが横から裾の固いところをピーラーで削る、僕は包丁で削る。
適当な長さに切り、塩茹で。
その時、mailmamaはですな、僕の料理が不安なのかジャガ芋を茹でだした。
空豆を茹でた後の湯でアスパラを茹でた。
それに飾り用の絹サヤを茹でた。

出来ました、僕の作ったアスパラの豚肉巻き、空豆の塩茹でにmailmamaのポテトサラダ。

b0062927_23413762.jpg


Photo by mailmama
mailmama『かっちゃん、これ何?』

b0062927_23432258.jpg


Photo by mailmama
しまった、豚肉の中に巻くんやった大葉、出来たものに色添えに乗せる絹サヤ。

美味しかったなぁ〜 

mailmamaのお母さん『アンタ、女みたいやね、美味しいわ』 ドテッ

誉めてくれたんは嬉しいけれど、女みたいやねはないと思うんですけど。

mailmamaお母さん、お姉さん、mailmamaと僕でワインを味見し、夕食となった時はお姉さんもお母さんも帰って行った、結局僕とmailmamaで夕食となりました。
僕は少し飲んだワインが効いてる、ポヤ〜〜ン

娘よ、お腹の中の子はまだかいな?
父はそんな訳で今日も無事に夕食にありつけました。
[PR]
by kattyan60 | 2005-05-11 23:52 | 食を語る
<< 娘に贈る言葉 ブランチ >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31