山の彼方の幸せ求め・・・

骨折覚悟なら

ハタ・ヨガ・ベーシック・クラス

僕「今日は良い天気だし、朝も爽やかに目覚めたど」

エイリアス『ああ、良い天気やなぁ、こんな日に家に居るのは勿体ないなぁ、何処かへ行こうや』

僕「そやな、誘ってみるは」

エイリアス『出掛ける前に、ちょっと片付けとけや』

僕「うん、掃除もしとかんと気持ち悪いわ」



イテテテェ〜




エイリアス『どないしたんや?』

僕「ちょっと、屈んだだけやのに膝の裏が痛いねん」

エイリアス『軟弱なやっちゃ、アメリカの雅子さんやmikiさん見てみや、ヨガをやってはるねんぞ、身体を捻ったりしてはるんやんか、ちょっとは見習えよ』

僕「あかん、あそこの拓君にブリッジ、僕にヨガや、彼らの寝姿見てや、ブリッジが出来る関節やないやろ? 大体ヨガのポーズったらちゅうもん見てたら、足がくにゃくにゃ、手も壊れた千手観音みたいに変なとこから出てるやんか、あの人らの関節は壊れてるねん、うん、きっとそうに違いない」

エイリアス『結局、お前は無理やちゅうことかいな?』

僕「やるなら、骨折覚悟でせなあかん」

エイリアス『そやな、手足の短いお前では、頭のハエを追うこともままならんもんな』

僕「止めて、そんな言い方は大げさ過ぎるやろ? 頭のハエぐらい簡単なもんや」

エイリアス『お前と話ししてたら疲れるなぁ〜読んでる人に判り易く表現しただけやないか、もう行く用意しいや』

僕「は〜〜〜い」

エイリアス『ほんま、疲れるなぁ〜』
[PR]
by kattyan60 | 2005-05-03 10:22 | カテゴリーに入らない話
<< お出掛けリポート 下手ッピー >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30