山の彼方の幸せ求め・・・

久しぶりに忙しかった一日

夕方、5時過ぎに電話が鳴った。

『かっちゃん、ごめん、ちょっと来てや』

お得意先からの電話、今日は寝るのは諦めた。

車で走っても直ぐだからものの30分もすると、お客さんの工場に居た。

僕「ま〜いど、どうしたん?」

工場長『あんな、製品がひっついて仕事にならへんねん、ここへエアーを吹いて欲しい

ねん、このままやったら不良品の山や』

僕「解った〜」と言って右手を挙げる(金田一耕助の刑事役の真似)

(天井から、ぶらさがった緑のホースが、僕の仕事)

b0062927_1295115.jpg



(緑のホースで製品を吹くことで、ひっついた製品が剥がれまんねん)

試運転を開始。

b0062927_1303582.jpg



(彼はこの機械の機長で無口なのだが、僕の顔を見つけると笑顔で迎えてくれる)


まぁ、ところはこれで仕事ができる、ここの工場長は業界でも1〜2を競う技術者だけ

ど人工透析しているのが泣き所、僕は彼のアイディアを形にするだけの事が多い。

今回もそうだが、少し僕のアイディアを入れて見積りさせてもらえる事と相なった。

お腹がペコペコだ、時間はと? えっ もう11時やがな〜

今夜はこれで我慢しとこ。

[豚まん]は冷凍しておいた。 チーン

b0062927_140921.jpg



今日は朝から忙しかったなぁ〜 (しみじみ) ごちそうさまでした。

今日も生きさせてもらっておおきにね 合掌
[PR]
by kattyan60 | 2005-04-06 01:43 | 仕事の話
<< 桜もバラも 娘と3時間半 >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31