山の彼方の幸せ求め・・・

朝早くにピンポーン

ピンポーン



「ハ〜イ、ムニャムニャ 何でしょうか?」

ご婦人『南さん、すいません助けてください』

ドア越しに

僕「はい、どちらさまでしょうムニャムニャ」

ご婦人『管理人です』

[何時なんよ、7時? つい今寝たとこやんか〜]


ドヨ〜ン

管理人さん『排水が詰まって、困ってるんです』

僕「ハ〜イ、ちょっとお待ちください」

ガチャッ

僕「どこですか?」

管理人さん『どうぞ、こちらです』 トントン

住人さん『すいませんね』

僕「いいえ」ムニャムニャ

僕「管理人さん、懐中電灯取ってきますから」ムニャムニャ

懐中電灯、など工具類を持って2階へ トントン

トントン トントン トントン トントン  無音

1階の管理人室へ

僕「管理人さん、ノックしても部屋を開けてもらえないんですよ」

管理人さん『そんなはずはないでしょう? 3階ですよ/』  

エッ

そんなはずは・・・・・


管理人さんと3階へ        トントン

住人さん『どうぞ』       あれっ〜/ そんなぁ〜やだなぁ〜 

キッチンの配水管に箸が落ちて、そこへ長年のヘドロが溜まったもんだった。

それらを掻き出して、無事に貫通。

住人さん『すいませんでした、助かりました』

参った、参った、寝ぼけてはいけません、階数を間違うなんて。


さぁ寝るぞ〜


[PR]
by kattyan60 | 2005-04-05 09:31 | カテゴリーに入らない話
<< 娘と3時間半 夜更かし >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31