山の彼方の幸せ求め・・・

今宵は妻を想う

ここのマンションはユニット・バスなんです。
ウォシュレットを持って来たものの設置せずに1年もそのままだった。
今日、思い切って改造に着手した。

b0062927_2321559.jpg



水道を分岐した、一般の水道管は13mmだが此処は20mmを使っている。
電気は、電気屋だから難しくない。
難しかったのはユニットを傷つけないようにしなくてはならない事だ。
b0062927_234453.jpg



何とか様になった、傷も付かなかった(小さな穴は見えないとこだからゴメン)
水漏れが無いか確認のために暫く明けておこう。
洗面器で受けて試運転をしてみた、完璧だ
ビデと書かれた文字が寂しそうに見える。

長い事転がってた自慢のオーディオ・セットも完成した。
仏壇も置いたから位牌も遺骨も落ち着くとこへ落ち着いた。
お陰で体はヘロヘロだわさ。

阪神淡路震災から活動期だと云われて、あっちこっちで大きな地震が起きているじゃないですか、娘の住むところは浜名湖に近い。
これから最有力候補地なんだそうだ。
娘に電話でそのことを伝えたら、70坪の地に杭を15本も打ち込んだそうな。
地下の岩盤に届く程の長さだそうだ。
当時、娘はコンクリート技師として勤めていたので、会社出入りの業者さんにお願いしたら、『もうええちゅうねん』と云う程打ち込んだそうだ。
しかも、地質調査で穴を明けてたら温泉が出てきたそうだ。
これを活用するには大変な金額を支払わなければならなかったんだそうだ。
『知らなかった、無かったことにしよう』とセメントを流し込んだそうな。
素人目には勿体ないと思ったが、住宅地の真ん中でもあり、泉質も良いとは云えないのが埋めた理由だそうな。

wanko様のブログで知ったんだが、お彼岸だったそうですね。
宗教的には来世の事や、成仏せずに迷える条件があるんだそうな。
僕が臨死体験をした時は、まったく何もなかった、オール・ナッシングだった。
蓮の花も無く、三途の川の向こうでお母ちゃんが『来るなっ』とも云わなかった。
だが、心臓に電気ショックを与えられて生き返った。
心臓が動きだしても呼吸が戻らなかったとかで、お姉ちゃん先生がスカートをまくり上げて、僕に跨がり人工呼吸をしていた時に目が開いた。
「オッ あんた何をするねん、僕には妻が居てるんやで」とは云わなかったが、生き返った事を聞かされた。
みっちゃんは見習い看護婦として働いていたから、僕のご臨終は直ぐに判ったそうな。
タクシーで病院へ向かったまでは覚えているが、苦しくなり後は覚えていないが、病院へ着いてからのみっちゃんの行動が僕を植物人間にしなかったとお姉ちゃん先生が教えてくれた。

僕のパソコンにCDを入れて、マッキントッシュのitunesに取り込んでipodへ転送する目的なんです。
戴いたCDに[鈴木重子]さんなる若い人の歌が心に染みる。
[浜辺の歌]
1 あした浜辺を さまよえば 昔のことぞしのばるる
  風のおとよ 雲のさまよ よする波も かいの色も
2 ゆうべ浜辺を もとおれば 昔の人ぞ しのばるる
  寄する波よ かえす波よ 月の色も 星のかげも
今夜は妻を想うことにしよう、遅れ彼岸だから・・・・・
[PR]
by kattyan60 | 2005-03-24 03:11 | 愛を語る
<< 肉ゴボウ 充実した日々 >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30