山の彼方の幸せ求め・・・

男の子から男性へ

baranomi様からの疑問にお答えできるかどうか。

男の子が生まれ、母の庇護の元成長します。
この頃は男の子と云うには幼くて中性なんです、その子が小学4〜5年生になった頃、
母親の庇護を離れて男として自立しだします。
自立が始ると男の見本としての父親に興味が移ります。
父親の腕の筋肉や、盛り上がった胸の筋肉や胸毛に憧れが出てきます。
成長が遅かった僕は、剃ると濃くなると信じ銭湯で体中の産毛を剃ったもんです。
今なら笑える話しですが当時は真剣でしたね。

例として車をあげると、母親は形が可愛いとか色に関心を示すが、男はそのスペックが重要なのであります。
馬力、トルク、排気量などに注目するようになり、父親の知識に頷くことが増えてきます。
もし、それが無くて母親にべったりだったら、返って心配ですね。
男の子が結婚を考える年頃ともなると、母は庇護してやらねばならないと考えるようになります。
街を歩いていると、母親と娘さんが手を繋ぎ食後のケーキを飾ったウィンドーに顔を寄せている図を見かけます、父親と息子ではあり得ない図でして、東急ハンズで工具の品評をするのがせいぜいでしょう。
僕が中学生になった息子に言った事は『お母ちゃんには行き先を伝えろ、食事は要るか要らないかを報告しろ、無断外泊はするな、お母ちゃんは女なんだからなっ』

女と云う括りの中にお母ちゃん、姉、妹、彼女、恋人、嫁、おばあちゃんと身の周りに居るご婦人達総ては護ってあげないといけないのであります。
baranomi様を初め、息子を持つ世のお母さん方、息子さんが自立されたことをお祝いしてください。



男が女に興味を示しだすと、女の肌や男には無い膨らみにドキドキするようになります。
ご婦人の腰の辺りの肉付きも、男のそれとは異なることも興味の対象となります。
最近のパンツの股上が短くなり、しゃがんだご婦人の下着が見えたりするともういけません。
僕は歳だから目を背けますが、決して悪い気がしませんしドキドキもしなくったことは寂しいことでございます。

本能を理性で押さえることを美徳と云うなかれ、もちろん痴漢は犯罪ですからいけませんが、触れてその柔かさを確認したいと思うのは世界中の男性の願望でしょう。

先日、スカパーのディスカバリーってチャンネルで、老いたご婦人が唇を豊かにするための注射をされていたんです、そのご婦人は最近旦那さんからのKISSが無くなった事を憂いての事だそうです。

男は自分の遺伝子を、より多く、より広くにと本能が突いているんです。
これは理性とは関係なく共通なのであります。
僕がいつになったら男性を卒業できるんだろうかなぁ〜
[PR]
by kattyan60 | 2005-03-22 11:56 | カテゴリーに入らない話
<< デコポン 孫と息子 >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30