山の彼方の幸せ求め・・・

豆乳鍋

『かっちゃん、今日は寒いから鍋物なんか良いかもね、豆乳鍋が食べたいわ』
「はい、材料の不足分はブイヨンと菊菜ね/了解」

ピンポーン ガチャ 『いらっしゃ〜い』
早速、腕をまくり、白菜を洗います『かっちゃん、一枚づつ丁寧に、そばかすも取ってよ』もちろん了解しています、何度も聞いて手をとって教わったことです、ムチで叩かれて覚えたんです。(嘘よ〜)
白菜はレシピには載っていなかったんですが、キャベツの代わりに用意したのはmailmamaの好物だからです。
菊菜も1本づつ丁寧に洗います、手が冷てぇな〜
豆乳はパウダー物を以前に買ってあったもんで、これを利用しました。

豆乳300cc(僕はパウダー1袋/180cc)を360ccで。
ブイヨン4g×2個を50ccのお湯で溶かし、お酒50cc、醤油少々を鍋に移して準備完了、白菜の芯と大根を入れて煮えるのを待っていますと『かっちゃ〜ん、まだ〜』
先生はリビングでDVD[ボーン・アイデンティティ]を観ておられます。
僕も免許皆伝でしょうか、任せていただけるようになりました。ニッ
「は〜い先生どうぞ」ご飯もよそいました、お茶もお入れしましたし漬け物も出ています。
b0062927_132762.jpg


入れた物
白菜、菊菜、大根、マロニー、ナメタケ、豚肉、結構旨かったなぁ〜 栗原はるみさんのHPをしっかり読んでったから迷いもなくスムーズに運んだんです。
食べ終わった先生はニッコリされています。
食後のディザートにイチゴを少しとリンゴを剥かせていただきました。ペロリ
(よく入るお腹だなぁ〜お姉さんが付けたニックネーム、ディスポーザーうん納得)
[PR]
by kattyan60 | 2005-02-27 01:16 | 食を語る
<< ♪あれは3年前〜♪ >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31