山の彼方の幸せ求め・・・

信太のきつね

うどんが食べたくなった。
大阪のうどんは腰がなくて、それはそれで良いもんだ。
長年食べ続けてくると納豆も梅干しもくさやも異人さんには臭くて堪え難いもんだろうが
食べ続けてきた者たちには定期的に食べないと遣り切れない。

猫が赤ちゃんの時にメリケン粉を舐めさせてあげると、それが好物になるそうだ。

ある種の中毒なんだろう。
関東に出張した時、朝食にくさやが出て来て部屋に匂いが充満して閉口したのを覚えている。
大阪うどんも四国の人から云わせれば『あれはうどんと違います、別もんです』と云う。
だが僕達は腰の無いうどんがうどんであって別もんでは無い。
大阪南部に信太と云う地がある、[信太のきつね]と云う昔話しから発祥したとおぼしき[きつねうどん]というのも地では[けつねうろん]と方言でそう呼ぶ。

[けつねうろん]は薄揚げを甘辛く煮込んだものを うどんに乗せて薄く切った蒲鉾を
2枚、刻みネギを入れて出来上がる。

それで今夜は[うろん]が食べたくなって作ってみた。
[けつね]も有ったが卵とじに昆布を入れて仕上げてみた。
b0062927_2227848.jpg


※[信太のきつね]=葛の葉物語で映画にもなった安倍清明のお母ちゃんが狐だったと云う話しで多くの本が出ています。

昔話しならぬ現在も政界の森には狸や狐が住み着いてます。その狐狸(こり)も
にわか痴呆になられたり何かと忙しい世の中でおますなぁ。
好きなもんでも食べて寝る事にしましょ。
[PR]
by kattyan60 | 2005-02-20 22:40 | 食を語る
<< 才能なんだなぁ〜 絆 >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30