山の彼方の幸せ求め・・・

良かったねぇ〜見つかって

今日は2軒目のバーゲン会場へ行く日。
お迎えに行く運転手が遅刻してはいけません、だってmailmamaさんとそのお姉さんの
お二人は社長さんですから6時に起きてお風呂に入りパンと野菜ジュースで腹拵えをし
出発したのは8時半。
走っているとメールが届いて[今何処? お姉ちゃんは10時か10時半に行こうか
だって]そうか後1時間は寝れたのかもしれない。

まずは到着した事を伝えて家の前でお二人の出てこられるのを待つ、ランラランラ〜

『おはよう』×2
「おはようございます」ナビはセットしてある、既に2度程行った処だが安心はできない、僕は思い込みが激しくて道に迷い易い種類の人間だから念のためにセットしておいた。

b0062927_16275238.jpg


正面は阪急ホテル、右に見えますのはJR大阪駅でございます。
左には某家電販売の建物があり、最上階はレストラン街になっていて以前このメンバーで飲茶バイキングに行ったことがあります(僕が心配する程よく食べられた所)

現地は大阪の道修町から北にあった繊維街が移転した繊維街なのだ。
駐車場は予めセットしておいたから難なく目的の駐車場へ納まった。
(本当は横入りしてガードマンに叱られた)

目的の見慣れたビルがそのバーゲン会場なんだが、ここだけでなくそこら中で開催されているようで、駐車場も別の会場が借り切っているような雰囲気に少し不安が残る。

会場の5階が紳士物、その上が婦人服、当然婦人服へ直行。


b0062927_19262298.jpg


檻の中は鞄や小物が展示してあるところだけど、流石は外国製品ばかりで派手な
ディザインが多い、大阪人向きかもしれない。

不思議なディザインの上着があって、写真に撮れなかったのは残念でしかたない。
黒が剥げたジーンズの形が紳士物の燕尾服のようで、その縁に色とりどり1〜2cmのビーズがシャンデリアのような飾りが施されている、ホヒャ〜こんなん誰が何処で着るねんや?しかもこれに合う下は何が良い?コーディネートの想像ができないわ。


先日のバーゲン会場のような殺気だったこともなく人数も少ないのは高級だからだろうか、それとも最終日だからなんだろうか?。
特にこちらで目立つのは[デッカイ女]つまり170cmを超える大物がノッシノッシと歩き
小さな僕はガリバー旅行記の巨人の国へ来たようだ、そのデッカイのがそこらを物色しているのだ(mailmamaもお姉さんもデッカイ、アンタ達いったい何を喰ってたんだ?)

20歳代の女の子が二人でフィッティング・ルームと書かれたカーテンの中へ衣服を持ち込んで穿いては出て来る、そして友達であろう二人でキャッキャと騒ぎ、ずり落ちたジーンズを見せ合っている図は可愛いもんだ、僕の年代ではどうもこのずり落ちたパンツは許せない。(そこのアンタ下着が見えてまっせ)

先日の会場と違うのは展示されているのがフランスとアメリカ製で価格もびっくりするような値札が付いている。


「これなんぼなんやろ? え〜っと54万円、それの60%OFFだから21万4千円、旦那は1万円の背広で我慢してもらって奥様は1桁安く云うんやろな〜」
mailmamaが物色している間六甲山を眺めてみたら山の稜線がくっきりと眺望できた。
b0062927_19372277.jpg


展示品の裏側へ行ったのはフィッテング・ルームに入ったmailmamaさんのカーテンを覗いていると思われてはいけない、君子危うきに近寄らず、リンゴの木の下で冠を正さずな〜んちゃって。
無事に今回2ヶ所の会場を回りやっとこ見つかった旅行用の服、絹製のそのワンピースはお幾らなんでしょうかね、スケスケだから別売りの専用のワンピースと2点お買い上げ〜。
b0062927_1939567.jpg


でもご婦人の洋服に対する執着は男の僕には少々難解なのだ。
僕が服を買う時は背広やブレザーの場合は誂えてもらうからサイズは心配ないが、スポーツ・シャツは既製品でサイズはSもしくはM、肩幅が合っても袖丈が長いからアームバンドは必需品なのだ、大は小を兼ねるというからこれで良いのだ。
多分誰も気にしてはいないだろう、当人はアーム・バンドもファッションなのだと納得している。
b0062927_19395782.jpg


お昼に千里中央駅の中にある喫茶店で名物のトンカツサンドを頂戴した、前回も此処でいただいたが中々これが旨い、男3人が厨房に入り一人のおっちゃんが接客している店なのだ、カウンターに座ると製作過程が見えるので盗んでやったぞ。

1にパンを焼いて、その上にバター、洋辛し、マヨネーズにタルタルソース、トンカツを乗せてウスターソース様の物を掛けて薄切りタマネギにトマトに胡椒をパラパラ
そしてもう一枚のパンをギューっと押さえつけて出来上がり『ハイ、お待っち』
今日もかっちゃんは美味しい物にありつき幸せな笑顔の二人を後部座席にお乗せして
家路へと向かったのでありました。
本日もハッピーエンドの1日でありました。
[PR]
by kattyan60 | 2005-02-20 17:25 | カテゴリーに入らない話
<< 絆 僕って変? >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30