山の彼方の幸せ求め・・・

ふやけちゃったかも

孫から電話がありました『かっちゃん、お風呂へ行こうか』って。
今日は早くに お風呂を済ませてたんですが こりゃ〜いかざ〜なるめぇ
僕の家から銭湯までは徒歩3分、少し南に行ったところにあります。
小さな銭湯だけど住環境のせいなのか結構 多くの人が利用しているらしいのはジュースの空き瓶で判る。

浴槽は深いのが3帖くらいのと浅いのが2帖くらいで泡が出ている。
少し離れて薬草湯があり、電気湯に水風呂、2階にはサウナがあるんだが全体としてはそう広くない。
電気湯の湯を恐々洗面器で汲んで僕に掛けて『かっちゃん、ビリビリきたやろ』と言う孫に電気の事を教えない方が良いだろうか?

親子3代で銭湯で背中の流しっこするってのも悪いもんじゃない。
『アツ〜かっちゃん熱いやん、チンコが火傷する〜』12月に誕生日が来て6歳になったこの孫は今年から小学生になる。
お風呂から上がって飲むのは[みかん水]と決めている、[ポンジュース]のようなものでなくて昔懐かしい、あの[みかん水]なのである。
若い人には判ってもらえないと思う、一時期姿を見かけなかったが最近こうゆう処にはあるらしい、味は少し違うが まぁ〜許そう。
右手を腰に当てて左手で飲むのが正しいのか左手を腰に当てるのかは定かではないがいつもそうしている。

この子が赤ちゃんの時からみっちゃんは可愛がっていたことを彼は覚えていてくれているのは嬉しいことだ。
帰り際に下駄箱から僕の履物を出してくれた孫に「これね下駄って云うもんで おばあちゃんのんやねん、かっちゃんちのおばあちゃん」
孫『知ってるよ、僕覚えてるもん』と言ってくれたがいつまで覚えているんだろうか、僕ですら想い出にモヤがかかってきてるんだから、3歳頃の記憶だからなぁ〜
いつまでも覚えておいてくれよ。
[PR]
by kattyan60 | 2005-01-16 22:10 | 愛を語る
<< 世界中の子供達に幸せを 何でトラックバックでけへんねんやっ >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30