山の彼方の幸せ求め・・・

小学生並みからやっと大人に

今日は僕の誕生日だってんで、彼の人とのデートですから、朝からソワソワし早朝に目覚めて風呂に入りゴシゴシと いつもより丁寧に洗って彼の人の家に伺いました。

ブランチにと海老フライと鳥の唐揚げを作ってくれました、そりゃ〜不味いはずはなく美味しく頂戴いたしました、当然後片付けはオイラの仕事でして、その間に化粧をし準備が整いまして大阪南の泉北にある映画館へ着いたのは午後1時、そこは駐車場に入る車で渋滞をしています。
午後1時15分開演ですから間に合うわけはない、急遽行き先を換えましてですね、淡路島へのドライブにしたんです。
彼の人『帰りって帰省のUターンになるから渋滞かもね』

彼の人は明石大橋はまだ通ったことがないと聞いてたからそうしたんですが、考えたら僕の誕生日のデートだってのに、悲しいかな普段の習性でつい彼の人の喜ぶ顔が見たくて行っちゃいました。
洲本温泉にでも浸かって普段の疲れをと言ったんですが、着替えを持って来ていないし 温泉に一人で浸かっても楽しくないだってさ。
「それでは僕と入りましょうか? 」
彼の人『バカ』 
夜の帳に赤々と浮き上がった橋を大阪の難波に向かい焼き肉を食べて送って行ったというだけのデートでしたが僕は楽しく過ごさせていただきました。
遠隔地でお住まいの方には珍しいかなと撮ったが携帯電話のカメラなので迫力はないですが、彼の人はいつも夕方になると『かっちゃん、もう帰ろうよ』と云うのに この日は言わなかったのが嬉しい変化でございます。
小学生のデート並みに午後7時には家に送り届けてたのが、今夜は遅くなりました。
コメント欄は明日拝見しますので ご返事もすいませんご無礼させてくださいね。

手足同様長い指の彼の人の手です。
b0062927_024130.jpg
神戸から淡路に向かう明石大橋。
b0062927_0253543.jpg
夜の帳に浮かび上がる明石大橋を神戸に向かう。
b0062927_0265830.jpg
[PR]
by kattyan60 | 2005-01-04 23:48 | 老いても尚
<< 幸運だった? 激動の3年 >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30