山の彼方の幸せ求め・・・

愛を込めて

激動の2001年、変化に富んだ2002年、2003年は第二の人生を予感した年。
そして、2004年は・・・
来年はきっと きっと きっと良い年になる予感。

僕に[泣きのかっちゃん]と云うラベルを貼っていただいた時、僕は思った。
泣き言を口に出したり、文字に出来るようになった事を知りました。
2001年の4ヶ月は外に向かって泣き言を大声では叫べなかったように思う、数人の親友には、実情を、また話さなければならなかった人には云わざるを得ないが それは苦しいものだった。
家族や親友に助けられて3年が過ぎた。僕の親友に20代中盤の主婦が居る。
彼女には全てを話し、時に苦しくて後追いを考えていた頃に、それを察した彼女はメールや電話で僕を叱ったり、宥(なだ)めたりしてくれたものだ、また友人は『かっちゃんは幸せだよ、相思相愛のまま死別したんだから』と言った子は現在22歳の女の子。
男性陣は背中をドンと叩き『頑張れ』とだけ言った。
そんな友人達に囲まれてきた この3年間を年末に感謝を込めて言う、ありがとう

またblogと云う手段を推薦してくれたyoshimac君、そこで出来た友人にもお礼を言いたいと思う、[渡る世間は鬼ばかり]を書かれた方に[渡る世間は良い人ばかり]と反旗を掲げるものです。本当にありがとうございました。
寿命のある限り、大阪人の得意技で泣き言を茶化しながら記事を書いていきます。
年度最後に、彼の人へ心からお礼を申し上げます。
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-31 01:44 | 親友
<< 新年のご挨拶 病んでいる日本 >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30