山の彼方の幸せ求め・・・

老いても尚盛んなり

僕は男です、きっと紛(まぎ)れもない男だと思うんです。
以前にネイチャー何とかって番組で、雄鳥が自分の巣に雌を迎えるべく羽根を広げてダンスをし、巣を奇麗にして青い物を拾ってきては飾っています。
その飾りやダンスがご婦人に魅力を感じるならば、僕だって一生懸命になれるんです。
残念ながらご婦人は、身長とその顔などに魅力を感じるものなんでしょう、ヨン様にフアンが殺到することに それが現れているように思います。嗚呼切ないなぁ〜

こればっかりは、先祖からの家系の顔ですし身長ですから努力のしようがございません。
中学生頃の親友は学校内でも背が高い部類に入っていたんです、僕は略(ほぼ)真ん中。
その親友とよく読んだものに[冒険王]なる雑誌がありました。
その中に[君も背が高くなる]と云うCMがあったんです、その原理は足を引っ張るんです。
それを読んだ親友は僕の足に紐を結び、引っ張ってくれました『お前もこれでおっきくなるぜ』それはそんなに長続きしません、遊ぶ事に熱心でいつの間にか身長を伸ばすことを忘れてしまってました。
その頃はまだ、子供ですから仄(ほの)かに好きだと思う子もいたんですが、目の前に玩具があると忘れてしまう程度の希薄な愛だったです。嗚呼切ないなぁ〜

親友の体はすっかり大人です『お前って子供やなぁ〜毛も生えてないやんか、剃ったら濃くなるから、剃れよ』そう言われて親友のカミソリを借りて足や手と憧れた胸毛を剃りました。そこには産毛だけです、そして大人の証拠の部分も剃っちゃいましてツルンツルンになり、子供を誇張したようでございます、それを見た親友は涙を流して笑いやがった。
当時中学3年生で136cmでした、嗚呼切ないなぁ〜

文頭の鳥君は周囲に雌が来ていなくてもそのダンスをしています、飽くなきそのダンスは雌が来る迄続くんですよね、それで運良く(そう運なんです)雌が巣に入っても居心地が悪いと飛び立っちゃうんですよね。嗚呼切ないなぁ〜

僕はそんなルックスに努力する事を止めました、だって努力するたってどうすりゃ良いの?
鼻を高くする? それもやりましたよ、洗濯バサミで鼻を摘んで寝てはみたものの息が苦しくて断念、目を大きくする? それもやりました、週刊誌で見た通りセロテープを細く切って目蓋に貼りました、恨みも長続きしないのは僕の自慢です。嗚呼切ないなぁ〜

そんな努力は精々10代まででしょうか、今は努力としては常に清潔でありたいと考えています、いつ交通事故で病院に運ばれるか判りません、運ばれて服を剥ぎ取られた時にですね、黄ばんだシャツ、数日穿いた下着なんて恥ずかしいじゃないですか、家でだって倒れない保証はないんですから清潔でありたいもんです。

ご婦人方がダイエットされたり、胸の谷間を作る下着を捜されたりと努力されるのと同様に老いたりといえども日本男児、日々西進奔走し心を磨きご婦人に奉仕し続けましょうぞ。
嗚呼〜切ないなぁ〜
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-25 10:42 | 老いても尚
<< メリー・クリスマス いつまでも青年でありたい >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30