山の彼方の幸せ求め・・・

ハンサムになり損ねた男の悩み

気働き・・

人と出会い、そこから色んな方向へと進展する。
男女が出会ったとき、美形を好むのは仕方のないことだろう。
初めて出会ったときに、観る、つまり観察することから始まるのはそこに目が情報を集める
のに適しているから、ついそれに頼ってしまいがちだ。
では目で情報を集めることを止めてしまうと残るのは言葉だろう。
心の目を見開き言葉に嘘が無いか真実を捜す。
僕のようなチビで美形とは縁の無い男が女性に愛されるためには誠実になり、知を磨くしか
ないのである、つまり長年懸けて知識を貯め込み話題を豊富にし ひたすら努力するしか
ないのである。
新鮮なマグロのトロを見ただけでペロッっと舌なめずりされない、するめの気持ちでしょう。
僕は、マグロのトロではないぞ するめなんだと気づくのが早かったおかげで良い妻に会えたと思っている。
選ぶ権利を有するご婦人方が、ナイス・ボディに大金を賭ける前に目の前の男性を目を瞑り(つぶり)彼を判定してみてください。
彼はきっと貴女に誠実な信号を送っていることでしょう。
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-19 15:12 | 愛を語る
<< 月と命1 亭主の権限は >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30