山の彼方の幸せ求め・・・

人に学ぶ

先ほど個室にといっても、独り住まいだから何処もかしこもが個室なんだが、
世間様で云う個室、つまりはレスト・ルームへ入り、本を広げた。

題名は[男はころり、女はごろり]著者田辺聖子さん。
僕はこの手の本を買うことも読むこともなかった。
遺品を整理したおりに娘が読むからと、その大半を持って帰ったが何故かこの1冊が
残っていた。
何かしら因縁がと思いパラパラとめくってみると、[女が愛したがる男・・・・]と題した章が目に入り、軽く読み流すと『キッシンジャーは性的魅力も何もない男である・・・』ときた。
捨て置けなぞと初めから読んでみると、この有名な男は私的には かなりのご乱行だった
らしい。
性的魅力がまったく無いは僕と共通するところだ、彼が公的な場所で話し出すと、その
知識と話術でたちまち、ご婦人を虜にしてしまうらしい。
ここが僕と大きく違うところだろう、故に賞味期限の切れたであろうバイアグラを後生大切
に保存するところの愚を余儀なくしている。

最初の印象が大切だとは、誰しもが認めるところだろう。
だが人には、色んな面を持っていることも ご自身で解っておられるであろう。
時にはコメディアンであったり、時に政治家よろしく言葉遊びをしてみたり、教師、学者の
ようでもあったりとテレビで観るコメディアンも家庭ではシリアスである場合も多いとか。

いつもバカばかりしている人を、軽蔑の目で見るのも止めよう、見下したような態度も
よろしくない。

僕がこの事を教えられたのは診察も済み、駐車場へ行く道すがら、高齢のご婦人が腰を曲げて僕の前を歩き、守衛の方に丁寧に挨拶されている。
それまで大変な人の出入りがあるが守衛さんは前を向いたままだったが このご婦人は守衛さんに頭を下げさせた、歩きながらも道交う人ごとに頭を下げる、相手構わず、相手の反応がどうあろうと挨拶をする。
木蔭に座る野良猫にも、ご挨拶をされていることだろう。
この方に学んだことは[自分の態度で相手も変わる]
キッシンジャー氏にしろ、このご高齢の方にしろ僕は多いに学ばせていただいたが、
果たして自分が替われるか否か、努力だけはしなくてはと思い本を閉じ,個室を出た。
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-16 12:58 | 老いても尚
<< 息子の話し 迷った時のBlog頼み >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31