山の彼方の幸せ求め・・・

南 秀行君を偲んで

僕が、その救命救急センターを退院したのは2週間後の事。
体重が36Kgにまで落ちたとはいえ、入院前が43kgだったから大した減りようでもない。
救命救急センターの入院費を実費で払うと1日10万円だそうです。
ホテルのスィートの数十万に比べると安いかも知れないと思うのは、専属の医師を占拠し看護師さんの付きっきり24時間ケアを受けれるからです。

かの南君を見舞いに行くと当時の室長医師は面会時間の範囲を広げてくれます。
彼は随分安定してきたと報告を受けました。
そして彼の家の近くへ転院して間もなくこの世を去ったことを医師から聞きました。
何でも食事を喉に詰まらせたのが原因だとか、まだ20代の青年の自由を奪い、命までも
奪ったインフルエンザ菌。

風邪だからと市販の薬で お茶を濁さず病院へ行きキチッっとした治療を受けねばと、シーズンを目前に思いを新たにし、皆様にもいつまでもお元気であらせられますよう、心より
お祈りいたします。 
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-14 15:19 | 親友
<< 星になりたい 南 秀行君を偲んで >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31