山の彼方の幸せ求め・・・

ハーレー・ダビッドソンへの思い

僕がハーレ・ダビッドソンに初めて出会ったのは小学生の頃。
近くにあった進駐軍の兵舎にずら〜っと並べてあったのを覚えています。
大阪の浜寺公園にも広い松林の中にそれらはたくさん並んでいました。
松の木は下を白くペイントされて不思議だが清潔な印象です。
フェンスの傍に枝で土俵を書いて数人で相撲をとるとフェンスの中の小さい子供達が
何事かとフェンスに顔を着けて見に来ています。
頃を見計らって友達に合図をし、二人でフェンスに体当たりするんです。
すると、その子達は飛んで行きます。『ギャ〜』っと英語で叫びます。
申し訳ございません。
顔にフェンスの形を残した異人さんを見つけた方は連絡してください。
日米親善のために是非にも謝りたいと思っています。

大人達の話しで戦争に負けた事、沖縄ではたくさんの人が殺された事などを聞き
子供心に憎しみを持ったのも許してやってください。
それでも、バイクや車には興味があって、特にバイクには銃を掛けるところがあったり
して憧れたものです。(同バイクは現存しています)

当時も市販されてたとハーレーの歴史に残っていますが、家を一軒買える程高価だったそうです。
そんな高価なバイクも今は若者にも乗れる身近なものとなりました。
カントリー・ウェスタンを聞きながらハーレー・ダビッドソンに乗り走る快感は説明不能です。
機会があれば乗ってみてください。(二輪の限定解除が必要です)
バイクと云えどもその排気量は1450ccです、他社では8000ccのモンスターバイクもあります、乗り手を選ぶんですからねぇ〜 

愛すべき奴らばかりのバイク屋

[PR]
by kattyan60 | 2004-12-08 02:03
<< 花を愛する 写真家を志して >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31