山の彼方の幸せ求め・・・

仲間

バイクに乗ると、知らない者同士でも会釈する。
車に乗ると自分以外は敵と考える人も多いそうだが、バイクは仲間と云ってもいいだろう。
高速道路のサービス・エリアに駐車すると、話しかけたり、かけられたり。
ハーレーのエンジンを積んだスポーツバイクのBUELLは日本でも そうたくさんは走って
いないから ご存知でない人も多い。
休憩するのに、バイクを停めるとじーっと見つめてから質問される。
『これって何処のバイクです?』
質問にお答えするべく ヘルメットを脱ぐと爺さんが乗ってることにリアクションもさまざまで、お〜と叫んで両手を上げて後ろへ下がる人。
足下から頭迄 順に眺めてホ〜っと声にならない口をする人など。

それが楽しくてフル・フェイスという顔がすっぽり入るヘルメットを冠る。
実は皮の繋ぎジャンパーや、このヘルメットを冠らないとレース場は走れません。
首にヘルメットを乗せて走る人を見かけると危険だと思います。
倒れると重い頭は地面に、振り子状態でぶつけます、確実に重体となるでしょう。

前Blogで書いたけど、峠で転倒した僕のヘルメットには、その痕跡がくっきりと残って
います、上半身は皮ジャンですから打撲だけだったけど、下はジーンズだったから
見るも無惨に破れてました、中身とも。

車でもバイクの仲間意識のようなものが生まれたら諍い(いさかい)が減るのに、
喧嘩も減るのになぁ〜
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-05 22:09 | カテゴリーに入らない話
<< Blog人の多才能が 僕の友人 >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30