山の彼方の幸せ求め・・・

小さな男の日記帳より

河豚(ふぐ)を求めた店へ取りに行き、二人の元へ戻ると、いつものように叱られました。
『また〜贅沢をしたらあかんやんか、安いので充分なんやから』
僕は、この人に美味しいものを食べて欲しいと考えています。
家業を守り通してきた人で、殆ど出掛けない、出掛けられない半生を送ってきた人です。
その人に、美味しい物をいっぱい教えてあげたい、楽しい場所へも一緒に行きたい。
一年のいつを切り取っても[掃除をしてた、洗濯をしてた]では生きた甲斐(かい)が無いと思うのは僕だけなんでしょうか?
 
僕は2冊目の日記帳を書いています。
この人と過ごす日々を頭の日記帳にしたためています。
いままでも、これからも書き綴ることでしょう。
贅沢はしませんと誓いながらも、買い求めてしまうのはそうゆう理由からなんです。
大切な彼の人の健康を祈り、床に着きます。
彼の人、おやすみなさいませ。
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-05 02:41 | 愛を語る
<< 動かなくて良い職業。 幸せは美味しかった。 >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31