山の彼方の幸せ求め・・・

幸せは美味しかった。

今日の昼前に、僕の大切な彼の人からメールがきました。
[夕食を食べにおいで]と短く書いてあったんですよ。
返事に[食材は僕が持って行きます]と書きました。

黒門市場へ行こうと考えていました。
そうだ、誘ってみよう、アメリカ在住のお姉さんには良い見学コースかも知れない。
少しでも、大切な彼の人と一緒に居れると考えたから[黒門へ一緒に行きましょう]
迎えに行き、少しの雨の中3人で黒門市場へ行きました。
魚屋さんには河豚(ふぐ)とか蟹(かに)が多く売られていたんです。

僕は一軒の魚屋で河豚と野菜を買いました。
調理してもらうように頼んでから二人の元へ走り、ブラブラ
スーパーと違ってなぜか新鮮に見えます。
夕食の買い物に訪れる主婦、若いアベック【ペア】は手を繋ぎ歩いている。
大切な彼の人の腕に手を入れた、いつもなら振りほどくのに知らん顔をしてくれたのは
何度も繰り返す僕に振りほどくのも面倒と諦めたのかもしれない、否受け入れてくれた。
どちらでも僕には良い事で、腕を通してくる暖かみは何とも云えない幸せを感じます。

大切な彼の人の家に行き、調理は僕がするから座っててくれと頼んで白菜を刻み、豆腐を切り椎茸を切り、大根を擦ってたら、大切な人は菊菜を洗ってくれています。
お姉さんはドッカと椅子に座り僕達と会話しています、豪傑です。
だんご3兄弟ならぬ3姉妹が揃い、ビールを片手に突くテッチリはご馳走です。
ご馳走は誰と食べるかで旨くも不味くもなるものと思います。
賑やかに食べた後、雑炊にしました、これまた最高〜〜〜
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-05 02:20 | 幸せの定義
<< 小さな男の日記帳より 額の中の人 >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31